ヘミングウェイについて

このページでは、ヘミングウェイの簡単な伝記や著作の一覧など、作家ヘミングウェイを紹介しています。

ヘミングウェイの生涯


ヘミングウェイは1899年に、シカゴ郊外のオークパークという町に生まれました。

戦争

ヘミングウェイの人生から、戦争は切っても切り離せません。19歳の時に傷病兵運搬車の運転手としてヨーロッパ戦線に向かったときには前線で兵士たちにお菓子を配っている最中に爆撃に遭い、全身に200以上の爆弾の破片が刺さる大けがを負います。この事件は後の作品『武器よさらば』などに生かされます。

またスペイン市民戦争ではファシストに対抗する人民戦線を助けるために、映画監督ヨリス・イヴェンスと協力して、戦場でドキュメンタリー映画『スペインの大地』を制作します。

第2次世界大戦の時にはキューバでファシストのスパイをあぶり出すための対敵スパイ組織クルック・ファクトリーを作り、自ら指揮を執ったり、愛艇ピラール号を改造してバズーカ砲を積み込み、カリブ海をパトロールしてドイツのUボートを攻撃しようとしたりしました。その後には新聞記者としてノルマンディ上陸を取材し、軍に帯同してパリの解放などを目撃しました。

第2次世界大戦中のヨーロッパでは新聞記者であるにもかかわらず勝手に軍事行動をとって軍法会議にかけられたり、勇ましいエピソードには事欠きませんが、生前多くの人が誤解していたようにヘミングウェイが軍隊に所属したことは一度もありません。自分の勇敢さを誇示しようと必要以上に荒々しいところを人に見せようとしていたきらいがあります。


結婚生活

ヘミングウェイは3度離婚して4度結婚した人です。そういう意味では女性との関係はあまりうまくいっていなかったと言えるでしょう。最初の奥さんは無名時代のヘミングウェイを陰で支えたハドリー・リチャードソン。ふたりめがハドリーより若くて魅力的なポーリーン・ファイファー。3人目はジャーナリストとしてはヘミングウェイより優秀であったといわれてるマーサ・ゲルホーン。4人目も元ジャーナリストのメアリ・ウェルシュ。

メアリは晩年、躁鬱気質のヘミングウェイにずいぶん悩まされますが、最後まで夫婦生活を継続させた我慢強い女性でした。一説によれば、子宮外妊娠で死にかけたときにヘミングウェイに命を救われたことがあったため、ヘミングウェイが何をしても許す決意をしたからだということです。ヘミングウェイはそのとき、若いインターンが経験不足でメアリの命を救うのを諦めてしまってからも、戦場で得た知識で輸血処置を行い、メアリを救ったのです。


自殺

ヘミングウェイは最後は自殺することでその生涯を閉じた人です。自殺の前夜、メアリは自分の寝室で鼻歌を歌うと、隣の部屋でヘミングウェイが続きのフレーズを歌い始めました。それを聞いたメアリは「お休み」と声をかけて眠りにつきます。翌日、引き出しが強く閉まるような物音を聞いてメアリは目を覚まします。階下へ降りていくと、ヘミングウェイがショットガンで自分の頭を吹き飛ばして死んでいたそうです。この自殺の生々しい話は、メアリの書いた自伝に書かれています。

ヘミングウェイ家は自殺の多い家系でした。ヘミングウェイ本人ももちろんのこと、お父さんのクラレンス、妹のアーシュラ、弟のレスター。姉のマーセリンも自殺が疑われています。またヘミングウェイの孫娘で女優でもあったマーゴも自殺しています。原因は躁鬱気質の遺伝のせいではないかといわれています。


著作リスト

1923年『三つの短編と十の詩』(短編集)Three Stories and Ten Poems
1924年『ワレラノ時代』(スケッチ)in our time
1925年『われらの時代』(短編集)In Our Time
1926年『春の奔流』The Torrents of Spring
1926年『日はまた昇る』The Sun Also Rises
1927年『女のいない男たち』(短編集)Men Without Women
1929年『武器よさらば』A Farewell to Arms
1932年『午後の死』(エッセイ)Death in the Afternoon
1933年『勝者には何も残らない』(短編集)Winner Take Nothing
1935年『アフリカの緑の丘』(エッセイ)Green Hills of Africa
1937年『持つと持たぬと』To Have and Have Not
1938年『第五列』(戯曲)/『第五列と最初の49の短編』(短編集)Fifth Column and the First Forty-Nine Stories
1940年『誰がために鐘は鳴る』For Whom the Bell Tolls
1950年『河を渡って木立の中へ』Across the River and into the Trees
1952年『老人と海』The Old Man and the Sea

[死後出版]
1964年『移動祝祭日』(エッセイ、4番目の妻メアリが編集)A Moveable Feast
1967年『バイライン―アーネスト・ヘミングウェイ』(新聞記事)By-line: Ernest Hemingway
1969年『第五列と四つのスペイン市民戦争物語』(戯曲と短編)Fifth Column and the Four Spanish Civil War Stories
1970年『海流の中の島々』Islands in the Stream
1971年『ヘミングウェイの習作時代―オークパーク、1916-1917年』(短編集)Ernest Hemingway's Apprenticeship: Oak Park, 1916-1917
1972年『ニック・アダムズ物語』(短編集)The Nick Adams Stories
1979年(1992年に第2版)『全詩集』Complete Poems
1985年『危険な夏』(エッセイ)The Dangerous Summer
1985年『デイトライン、トロント』(新聞記事)Ernest Hemingway: Dateline: Toronto: The Complete Dispatches. 1920-1924
1986年『エデンの園』The Garden of Eden
1987年『アーネスト・ヘミングウェイ全短編
フィンカ・ビヒア版』
(短編集)
The Complete Short Stories of Ernest Hemingway:
Finca Vigia Edition
1994年『ヘミングウェイ トロント時代』(新聞記事)Hemingway: The Toronto Years
1999年『夜明けの真実』(エッセイ、日本語訳のタイトル『ケニヤ』)True at First Light
2005年『キリマンジャロの麓で』(エッセイ、『夜明けの真実』の完全版)Under Kilimanjaro
2009年『移動祝祭日 修復版』(エッセイ、2番目の妻の息子ショーンが編集)A Moveable Feast: The Restored Edition

短編リスト

『老人と海』が非常に有名ですが、初めてヘミングウェイに触れる方は、初期短編集の『われらの時代』から読まれることをおすすめします。これを読めば、ヘミングウェイが一般に言われているようなマッチョで男性的な作家ではなかったことが分かるでしょう。実は非常に繊細でほんのわずかの感情の機微に敏感な人だったのです。
また、『われらの時代』のいくつかの作品はヘミングウェイの作品群の中で最初期に書かれたものですが、多くの研究者にヘミングウェイ文学の最高傑作であると評価されています。
後は時代順に読んでいくのがいいのではないでしょうか。ちなみに『老人と海』は日本では非常に高く評価されていますが、本国アメリカでは日本ほどには評価されていません。皆さんはどう思いますか?


ヘミングウェイ関連の書籍 新刊チェック