学生生活
HOME > 学生生活 > 障害・疾患のある学生の修学支援について

障害・疾患のある学生の修学支援について

 九州大学文学部では、教職員等が、障害・疾患のある学生から修学上の配慮・支援に関する相談を受けた場合、全学の相談窓口となるキャンパスライフ・健康支援センター(コミュニケーション・バリアフリー支援室、健康相談室、学生相談室、学生支援コーディネーター室)等と連携し、対応する体制を整えています。

文学部・人文科学府における障害・疾患のある学生に対する入学後の修学支援の流れについて

  • 1.相談体制

     障害・疾患のある学生から修学上の配慮・支援の相談を受けた教職員等は、その相談内容に応じ対応を行うが、個別の対応・判断が困難な場合には、相談窓口となるキャンパスライフ・健康支援センター(コミュニケーション・バリアフリー支援室、健康相談室、学生相談室、学生支援コーディネーター室)に相談する。相談を受けた当該相談窓口は、学生と面談を実施する。なお、実際に学生との面談を実施した者を、以下「面接対応者」という。

  • 2.文学部・人文科学府における合理的配慮の協議

     配慮・支援要望書を受理した学生第一係は、文学部・人文科学府学務委員会(以下、学務委員会という)に配慮・支援内容の検討を依頼する。学務委員会は要望の是非と程度とを検討し、学務委員会より検討結果の報告を受けた文学部長・人文科学府長は配慮・支援内容を決定する。

    ○文学部・人文科学府のみでの対応が困難な事案については障害者支援推進担当理事(学生支援課)に相談する。

    ○要望した学生が基幹教育科目を履修している場合は、基幹教育教務係と情報共有に努める。

    ○要望した学生が他学部所属の場合は、学生の所属学部学生係と情報共有に努める。

  • 3.配慮・支援内容の通知

     学生第一係は、学部長・学府長名義で「配慮・支援依頼文」により、配慮・支援の内容を作成し、面接対応者に確認を求める。この「配慮・支援依頼文」を、学生第一係より担当教員へ送付し配慮・支援を依頼する。

  • 4.配慮・支援の実施

     配慮・支援の具体的内容は、各授業科目の教育目標や教育方法等に則して、担当教員の判断によって決定するものとする。
     担当教員は、配慮・支援実施にあたって必要な準備等がある場合は、学生第一係と協議する。
     担当教員は、必要に応じて、配慮・内容について学生と協議する。

※ 適宜、キャンパスライフ・健康支援センターに相談するものとする。

参考:九州大学としての取り組み

ページの上部に戻る