文学部歴史編纂室
HOME > 文学部歴史編纂室とは?

文学部歴史編纂室とは?

 文学部歴史編纂室とは、文学部の現況、活動に関する諸資料、情報を収集するとともに、これらをアーカイブズとして管理し、部局史の編纂を行うため、平成22年4月にあらたに設置された施設です。

 文学部歴史編纂室の目指すものは、文学部の輝かしい歴史と伝統を振り返り、人文学の本質を再認識すると共に、21世紀の現代社会における文学部の存在意義を学内外に示すことです。決して単なる回顧ではなく、教育・研究に関わるすべての面において、過去を踏まえ、現在を見つめ直し、そして未来を切り拓いていく九州大学文学部の姿を世に示すため、以下のような多様な業務に取り組みます。

1.文学部独自の部局史を編纂します。

 文学部では、大学全体の企画に加えて、文学部百年史編纂を目標に掲げ、学術的にも学界の最先端のものを目指します。

2.文学部内資料の収集、保存、管理を行い、文学部アーカイブズを設立します。

 文学部の過去のみならず、現況や日々の活動に関する資料や情報を収集し、これらをアーカイブズとして管理します。この作業は、キャンパス移転を前にしての緊急措置や、部局史編纂の基礎資料構築ともなります。

3.上記の業務を遂行する上で必要なその他の事業を企画します。

 文学部の現況や活動を収集するとともに、これを積極的に公開、発信します。これは、文学部の自己評価活動の一環であるとともに、九州大学文学部、さらには人文学全般の意義を再考するための一助となることを目指すものです。

【連絡先・アクセス】

  • 文学部歴史編纂室
  • 住所:〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1
  • E-MAIL:archives@lit.kyushu-u.ac.jp
  • 九州大学箱崎理系キャンパス 旧工学部本館3階303号室
ページの上部に戻る