九州大学文学部・人文科学府・人文科学研究院

九州大学文学部と朝日カルチャーセンター福岡との提携講座について

九州大学文学部は、これまで「言語と文芸 -和漢古典の世界」シリーズや「東アジアの歴史と文化」などの市民向け公開講座を10年近く開いてきました。九大法文学部85周年・文学部60周年に当たる平成21年度からは、朝日カルチャーセンターとの提携講座として装い新たに新開講いたします。

今年度上半期は、文学部の〈知〉の多様性の一端に触れていただく試みとして、『古今東西 あの世とこの世』と題し、6名の教員がそれぞれの専門から、生と死をめぐる話題を取り上げてみます。生まれ、そして死ぬことは、すべての人間に共通のことのように思えますが、人間はいかにして生まれ、また、死してのちどうなるか、というような疑問への答えは、決して一様ではありません。「世界旅行」と「時間旅行」を同時に行うような気分で、生と死をめぐる〈知〉的冒険をお楽しみ下さい。

  1. 4月18日「日本古典文学に見る輪廻転生」辛島正雄教授(国文学)
  2. 5月16日「インド仏教のあの世とこの世」岡野潔教授(インド哲学史)
  3. 6月20日「バリ・ヒンドゥーの世界」飯嶋秀治准教授(比較宗教学)
  4. 7月18日「イスラムにおけるあの世とこの世」清水和裕准教授(イスラム文明学)
  5. 8月29日「フランス近代文学に見るオカルティズム」高木信宏准教授(仏文学)
  6. 9月26日「中国古代の死生観−『論語』と『荘子』を通して」柴田篤教授(中国哲学史)
  • 講座日:月1回土曜 13:30〜15:00
  • 受講料:4〜9月・6回 14,400円

お申し込み・お問い合わせは、「朝日カルチャーセンター福岡」までお願いいたします。

  • Tel.: 092-431-7751; Fax: 092-412-8571
    (月〜土曜 午前9時20分〜午後7時(祝日を除く) 日曜 午前9時20分〜午後3時)
  • ウェブページ
(公開日 2009年3月3日)