部局組織・運営
HOME > 部局組織・運営> 英語学・英文学研究室

英語学・英文学研究室

重厚な伝統と柔軟なパースペクティヴ

英語学・英文学研究室は、現在学部には3名、大学院には4名の専任教員と2名の外国人教師、3〜4名の学内外からの非常勤講師、学部生60名、大学院生30名程を擁する、文学部でも有数の大所帯です。教育・研究はイギリス文学、アメリカ文学、英語学の3分野にわたり、各分野とも充実した内容を持っています。イギリス文学では第一次テキスト重視の重厚な文学研究の伝統が継承され、現在では18世紀以降の小説研究に力点が置かれています。アメリカ文学では19世紀及び20世紀の主要作家を中心に教育・研究が進められています。英語学では事実の理解と理論的考察をともに重視し、統語論、英語構文論、生成文法理論研究、ならびに語用論、意味論、音声学等の講義が行われています。

これら三分野にわたり英文研究室は、九州内外の大学で教育研究に活躍する数多くの人材を輩出しています。大学院の機関誌『九大英文学』はすでに50年を越える実績があり、質量ともに国内有数の研究誌として高い評価を得ています。また近年は学部生・大学院生ともに長期海外留学も盛んであり、言語・文学研究の国際的視野を培っています。

研究室ホームページへ

教員

  1. 西岡 宣明 (NISHIOKA Nobuaki) 英語学・英文学講座/教授
  2. 専門 英語学
  3. 専門分野 統語論、生成文法理論、特に否定現象
  4. 主要業績
    Negative Sensitive Items and the Discourseconfigurational Nature of Japanese(共著、Glossa 1: 33, 2016)
    「問い返し疑問文の節構造」(『言葉のしんそう(深層・真相)』英宝社、2015年)
    『英語否定文の統語論研究』(くろしお出版、2007年)

教員データベースへ

  1. 鵜飼 信光 (UKAI Nobumitsu) 英語学・英文学講座/教授
  2. 専門 イギリス文学、特にイギリス小説
  3. 専門分野 エミリー・ブロンテ、オースティン、ディケンズ、ハーディ、ワイルドなどの19世紀の小説家、ウルフ、E.M.フォースターなどの20世紀の小説家を研究している。
  4. 主要業績
    『一九世紀「英国」小説の展開』(共著、松柏社、2014年)
    『背表紙キャサリン・アーンショー−イギリス小説における自己と外部』(九州大学出版会、2013年)
    『ディケンズ文学における暴力とその変奏』(共著、大阪教育図書、2012年)

教員データベースへ

  1. 高野 泰志 (TAKANO Yasushi) 英語学・英文学講座/准教授
  2. 専門 アメリカ文学
  3. 専門分野 アーネスト・ヘミングウェイをはじめとするアメリカ小説、およびセクシャリティ研究、アメリカ文化研究など。
  4. 主要業績
    『アーネスト・ヘミングウェイ、神との対話』(松籟社、2015年)
    『ヘミングウェイと老い』(編著、松籟社、2013年)
    『引き裂かれた身体―ゆらぎの中のヘミングウェイ文学』(松籟社、2008年)

教員データベースへ

  1. エドムンド・ルーナ (Edmundo LUNA) 英語学・英文学講座/准教授
  2. 専門 英語学
  3. 専門分野 意味論、語用論、機能的談話分析、言語人類学
  4. 主要業績
    “Indonesian money, Balinese people: codeswitching and numerals in Balinese sociopolitical discourse” Proceedings of the 33rd Meeting of the Berkeley Linguistics Society (BLS 33): 474-485, 2013
    “Humans, animals, and the indexing of social status in Balinese folktale narrative: the case of ukud and diri” SEALS XIII: Papers from the 13th Annual Meeting of the Southeast Asian Linguistics Society 2003, 125-138, 2007.
    “’Ajak of all trades’: problems with categorizing Balinese ajak in discourse”. Proceedings of the 30th Meeting of the Berkeley Linguistics Society (BLS 30): 223-231, 2004.
  1. テッド・クロンツ(Ted CLONTZ)英語学・英文学講座/准教授
  2. 専門 アメリカ文学
  3. 専門分野 戦後アメリカ都市小説
  4. 主要業績
    Wilderness City: The Post World War II American Urban Novel from Algren to Wideman. (Routledge, Routledge Studies in Literar y Criticism and Cultural Theor y, 2005)
    Dictionar y of Literar y Biography: Post World War II American Novelists, “Stephen Wright” (2009)
    Dictionar y of Literar y Biography: Post World War II American Novelists, “Donald Antrim” (2009)
  1. 大橋 浩 (OHASHI Hiroshi) 基幹教育院/教授
  2. 専門 英語学
  3. 専門分野 認知言語学的アプローチによる英語・日本語の分析、文法化、(間)主観化、構文化
  4. 主要業績
    『認知言語学の本質』(共著、くろしお出版、2018年)
    『認知言語学−基礎から最前線へ』(共著、くろしお出版、2013年)
    The Development of an English Intensifier Phrase: A Corpus-based Study (English Linguistics 23, 2006)

教員データベースへ

ページの上部に戻る