部局組織・運営
HOME > 部局組織・運営> 地理学研究室

地理学研究室

生活の場と世界をつなぐ想像力

地理学の出発点には、身近な日常生活の場に対する関心と同時に、山の稜線や大海原の彼方に、いったいどんな世界があるのかを知りたいと思う好奇心があったといえるでしょう。人間の豊かな想像力と旺盛な行動力は、世界を多様な地図に描き出し、またその仕組みを大きく変えてきました。現在の私たちの経済活動や政治、社会生活や文化は、ローカルな場所での日常的な相互関係とともに、世界的規模に広がった空間関係によって営まれており、この多様なつながりは今後ますます拡大、深化するでしょう。ただしそれは、グローバル化する環境問題や地域紛争など我々の生活を根本から脅かす事態を伴っています。地理学とはこうした諸問題を、社会とその基盤である場所、空間、環境の複雑な関わりから研究する学問であり、現在を生きる私たちの「位置」をよりよく知るための「知」であるといえます。

私たちの研究室では、こうした近現代社会の諸問題を、理論と実証の両面から探究することを目指しています。特に重視している点は、地理学の枠に閉じこもるのではなく、広く人文・社会科学との関連で地理学の認識論や方法論を検討することと、それを抽象的な議論に終わらせることなく、具体的なフィールドワークを通じて実証研究と有機的に結びつけることです。そのため授業では、英独仏のテキストの読解や地理情報システムなどを利用した情報解析の作業に加えて、フィールド調査が必修となっています。これまで九州各地の山村、漁村、都市、離島をフィールドとして学部生と院生が共同で調査を行い、その成果を「地域調査報告」として刊行してきました。また、研究の基盤となる書籍や雑誌類も豊富で、特にフランス語圏の文献は国内でも有数の蔵書を備えています。新たな問題意識を開拓し、自らのフィールドで得た知見を、日本にとどまらず世界に向けて発信していくことが私たちの目標です。

研究室ホームページへ

教員

  1. 高木 彰彦 (TAKAGI Akihiko) 地理学講座/教授
  2. 専門 人文地理学
  3. 専門分野
    国際政治を地理学的視点から研究する地政学、選挙結果や選挙制度に関する地理学的研究、市町村合併や国境地域の問題、などグローバルからローカルまでさまざまな空間スケールで展開する現代社会の政治・社会現象や問題を地理的視点から考察しています。
  4. 主要業績
    『現代地政学−グローバル時代の新しいアプローチ』(翻訳、原書房、2014年)
    『東アジア世界の交流と変容』(共著、九州大学出版会、2011年)
    Reemerging Political Geography in Japan (共著,Japanese Journal of Human Geography 64-6, 2012)

教員データベースへ

  1. 遠城 明雄 (ONJO Akio) 地理学講座/教授
  2. 専門 人文地理学、都市研究
  3. 専門分野
    近代および現代の日本や第三世界の都市を対象として、人々の社会生活がどのような論理によって営まれているのか、またそれが国家や資本の動きとどのような関係にあるのかを、特に創り出された景観、空間、場所の分析を通して研究しています。また都市や空間をめぐる理論研究の学説史的検討も行っています。
  4. 主要業績
    『身体と生存の文化生態』(共著、海青社、2014年)
    『新修福岡市史特別編 福岡城−築城から現代まで』(共著、福岡市、2013年)
    『近代日本の企業家と政治』(共著、吉川弘文館、2009年)

教員データベースへ

  1. 今里 悟之 (IMAZATO Satoshi) 地理学講座/准教授
  2. 専門 文化地理学、村落地理学
  3. 専門分野
    日本の農山漁村を対象として、そこに住む人々が空間や環境あるいは社会を、どのように分類し意味づけ秩序立てているかを、主にフィールドワークにもとづいて明らかにしようとしています。あわせて、民俗的な空間認知に関する理論的・学史的検討を進めています。
  4. 主要業績
    『農山漁村の<空間分類>―景観の秩序を読む』(京都 大学学術出版会、2006年)
    Rethinking the Humanistic Approach in Geography: Misunderstood Essences and Japanese Challenges (Japanese Journal of Human Geography 59-6, 2007)
    「長崎県平戸島における筆名の命名原理と空間単位−認知言語学との接点」(『地理学評論』85-2,2012年)

教員データベースへ

ページの上部に戻る