部局組織・運営
HOME > 部局組織・運営> 独文学研究室

独文学研究室

詩と化した魂と思索―内面の探求―

〔専門分野〕
 本研究室では、ドイツ語圏(ドイツ・オーストリア・スイス)の文学についての研究活動を行っています。特に近年では、ゲーテ、ロマン派、トーマス・マン、ムージル、カフカの研究が盛んです。ドイツ語学、ドイツ文化論、ドイツ語教授法の指導も受けられます。

〔教育方針〕
 文学研究は何よりも「ことば」を対象とする人間と世界の探求ですから、一言一句にいたるまで作品を味読することが、指導の基本方針です。微細なことばの実証的詮索から深遠な人間精神の営為に迫ることを目指して、論文指導を行っています。実践的なドイツ語運用能力の育成にも力を入れており、交換留学制度(ミュンヘン大学)やドイツ学術交流会を通じて、常に数名の学生がドイツに留学中です。

〔研究環境〕
 本研究室はドイツ文学に関して全国でも有数の蔵書を誇り、中世ドイツ語文献の貴重なコレクション「雪山文庫」、高橋義孝元教授の蔵書からなる「高橋文庫」、今後貴重資料となることが目される「東ドイツ文学文庫」を有します。機関誌『九州ドイツ文学』を有する九州大学独文学会の研究活動も盛んです。

〔就職先(研究職)〕
 平成17年:東北大、愛知教育大、長崎外国語大、平成18年:北九州市立大、拓殖大、福岡経済大、平成21年:松山大、平成22年:東京工業大、平成24年:長崎外国語大、松山大、平成25年:佐賀大、平成27年:駒澤大、平成28年:新居浜高専、平成29年:愛媛大。

研究室ホームページへ

教員

  1. 小黒 康正 (OGURO Yasumasa) 独文学講座/教授
  2. 専門 ドイツ近代文学・現代文学、ドイツ思想
  3. 専門分野 主として①トーマス・マン(黙示録、アレゴリー)、②「水の女」(ロマン派、インゲボルク・バッハマン)、③ルードルフ・カスナー(観相学、エッセイ)を考察の中心に据えながら、近現代ドイツの文学ならびに思想の研究に取り組んでいる。
  4. 主要業績
    『黙示録を夢みるとき—トーマス・マンとアレゴリー』(鳥影社、2001年))
    『トーマス・マン『魔の山』の「内」と「外」—新たな解釈の試み』(編著、日本独文学会研究叢書041、2006年)
    『水の女—トポスへの船路』(九州大学出版会、2012年)
    ヘルタ・ミュラー『心獣』(翻訳、三修社、2014年)

教員データベースへ

  1. 武田 利勝 (TAKEDA Toshikatsu) 独文学講座/准教授
  2. ドイツ古典文学・近代文学、近代芸術理論
  3. 専門分野 ドイツ・ロマン派を代表する論客フリードリヒ・シュレーゲルならびにゲーテの友人カール・フィリップ・モーリッツを考察の中心に据えながら、1800年前後のドイツにおける芸術論・文学論の研究に取り組んでいる。
  4. 主要業績
    「絵画と文学の《境界》、あるいは《輪郭》―アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲルの『挿絵論』」(『ドイツ文学』127、2006年)
    Das Projekt „Universalpoesie“. Zum Begrif f der Organischen Literaturgeschichte bei Friedrich Schlegel(『ドイツ文学』137、2009年)
    「境界の自律性―カール・フィリップ・モーリッツにおける装飾の有機的自己形成について」(『ドイツ文学』146、2013年)

教員データベースへ

  1. マリア・ビュットナー (Maria Büttner) 独文学講座/外国人教師
  2. ドイツ現代文学
  3. 専門分野 詩人エーリヒ・アーレントを中心として、主に1960年代から70年代にかけての東独文学を研究している。
  4. 主要業績
    „Ja, das kränkt uns als Frauen“ – Hilde Domin an Irmtraud Morgner, 15. Juni 1975. In: DDR-Literatur. Eine Archivexpedition. Hrsg. von U. v. Bülow u.a., Berlin 2014.
    Nachwort, Festschrift, Widmung – Erich Arendt und die Mittlere Autorengeneration der DDR in den 1960er und 1970er Jahren. Dresden 2016.
ページの上部に戻る