部局組織・運営
HOME > 部局組織・運営> 日本史学研究室

日本史学研究室

世界史的規模の斬新な構想と堅実な実証

古代・中世・近世・近現代のいずれの時代にも対応できる態勢を整えている。国内史的分野とともに国際交流史研究の伝統が特色の一つであろう。学生は全時代を見通しつつ、各自選択したテーマについて、歴史の「読み手」から「書き手」にまわることが要請される。そのため、講義・演習のほか、所蔵の史・資料操作の実習や、史料収集・整理などのフィールドワークが課され、すでに30年以上続いている熊本大学との自主的な合同ゼミや春秋の構想発表会などを通じて卒論作成のコツを身につける。成績面では卒論が最も重視される。卒業生は会社・官公庁をはじめ、教師・マスコミ・博物館学芸員・研究職など、多彩な分野で活躍している。

大学院生は、少人数で濃密な議論を闘わせる授業や論文指導を通して、高度の専門的知識と洗練された技倆を身につける。博士後期課程に進学した者は、博士(文学)の学位取得を目指して研究に没頭するが、修士課程を終えて高等学校その他に就職する者も多い。学府教育を終えて博物館・文書館や、大学などの高等教育機関に就職し、持てる能力を存分に発揮している卒業生は、100名を下らない。

当研究室に事務局をおく九州史学研究会は創刊50周年を迎えた。機関誌『九州史学』は169号をかぞえ、各部会の活動もさかんである。刊行物には、『境界のアイデンティティ』『境界からみた内と外』(ともに岩田書院,2008年)がある。

研究室ホームページへ

教員

  1. 坂上 康俊 (SAKAUE Yasutoshi) 日本史学講座 / 教授
  2. 専門 奈良平安時代史
  3. 専門分野 律令国家の成立・展開と中世国家への転換過程を、主として制度史的な側面から追っている。より具体的には中国法典の継受と固有法ないし慣習との緊張関係を基軸に据えて、日本古代の官僚制や収取制度の歴史的位置付けを目ざしている。
  4. 主要業績
    『唐令拾遺補』(共編、東京大学出版会、1997年)
    『律令国家の転換と「日本」』(講談社学術文庫、2009年)
    『平城京の時代』(岩波新書、2011年)

教員データベースへ

  1. 佐伯 弘次 (SAEKI Koji) 日本史学講座/教授
  2. 専門 日本中世史
  3. 専門分野 中世の九州地域史と対外関係史に関心を持っている。具体的には、博多の都市的発展と対外関係、対馬宗氏の領国形成と朝鮮・九州との関係などを研究している。特に、中世考古学の成果に注目するなど、隣接の学問分野との共同研究の必要性を感じている。
  4. 主要業績
    『日本の中世9−モンゴル襲来の衝撃』(中央公論新社、2003年)
    『街道の日本史49−壱岐・対馬と松浦半島』(編著、吉川弘文館、2006年)
    『日本史リブレット77−対馬と海峡の中世史』(山川出版社、2008年)

教員データベースへ

  1. 岩崎 義則 (IWASAKI Yoshinori) 日本史学講座/准教授
  2. 専門 日本近世史
  3. 専門分野 大坂銅座の沿革と意義を柱とする近世の銅流通、および秋田・別子等の鉱山、更には貿易都市長崎の研究をすすめている。また、平戸藩の政治と文化について、楽歳堂文庫の書籍類を中心に研究を進めている。
  4. 主要業績
    「享保期長崎会所役人の大坂出役と御用銅代の大坂送銀」(『史淵』136、1999年)
    「元文銅座期の長崎廻銅と長崎貿易」(『住友史料館報』34、2003年)
    「幕末平戸藩における隠居の表助成について」(『史淵』145、2008年)

教員データベースへ

  1. 高野 信治 (NOBUHARU Takano) 比較社会文化研究院/教授
  2. 専門 日本近世史
  3. 専門分野 日本近世政治社会史。思想史・民俗学など隣接諸科学を摂取した近世国家の支配メカニズム、それを担う近世の武士の性格、社会各階層の身分上昇や賤視、権威性志向、さらには「日本」「神国」意識の形成など、総じて権力・ 民衆の諸社会集団の関係性や帰属意識に関心を持つ。
  4. 主要業績
    『近世大名家臣団と領主制』(吉川弘文館、1997年)
    『藩国と藩輔の構図』(名著出版、2002 年)
    『近世領主制と地域社会』(校倉書房、2009年)

教員データベースへ

  1. 福田 千鶴 (CHIZURU Fukuda) 基幹教育院/教授
  2. 専門 日本近世史
  3. 専門分野 織豊期から徳川綱吉期までの政治史研究。人物史を通じて、その時代の特質を浮き彫りにする方法を用い、通説を批判的に検討してきた。近年の重点課題は、大名家文書の成立と構造を解明するうえで必要な奥向構造の分析であり、近世女筆学の構築を検討中。
  4. 主要業績
    『幕藩制的秩序と御家騒動』(校倉書房、1999年)
    『淀殿-われ太閤の妻となりて』(ミネルヴァ書房、2007年)
    『江の生涯-将軍家御台所の役割』(中公新書、2010年)

教員データベースへ

ページの上部に戻る