部局組織・運営
HOME > 部局組織・運営> 朝鮮史学研究室

朝鮮史学研究室

史料と現地調査の歴史学―朝鮮学の新たな構築―

朝鮮半島にむきあう九州の地は、大陸と半島のヒトと文物がいきかい、文化遺産が蓄積してきた土地です。本研究室は、このヒトの交流と文化の蓄積の根底にある朝鮮の歴史・文化の探究を課題として、1974年の発足以来、研究・教育の両面で大きな成果をあげてきました。近年、韓国・朝鮮への関心がたかまり、朝鮮半島をめぐる国際情勢も大きく動くなか、さらなる発展が期待されるところです。

これにこたえて本研究室では、国内外で刊行された研究資料をわが国屈指の規模で架蔵し、貴重な原史料の収集にもつとめています。海外からの研究者の訪問や留学生も多く、研究室は国際的な交流の場となっています。教員・院生・学部生の各メンバーも、積極的に朝鮮半島やその他の関連地域におもむき、調査活動や学会参加、あるいは留学をつうじて、歴史の舞台に対する理解をふかめ、感性をみがいています。

また研究室では、九州大学朝鮮学研究会を組織して学術誌『年報朝鮮學』を刊行しているほか、自主的な勉強会も活発におこなわれており、各自のニーズに応じた学習が可能です。

その学問においては、史料を博捜し、これを精密に読解する堅実な文献実証を基礎にすえつつ、"書斎"から飛びだして現地の社会とふれあうことで、朝鮮半島に生きてきた人々の息吹が伝わってくるような、"活きた歴史像"の構築をめざしています。朝鮮史学をこころざす皆さんも、ぜひ"行動派の本の虫"であってください。

研究室ホームページへ

教員

  1. 森平 雅彦 (MORIHIRA Masahiko) 朝鮮史学講座/教授
  2. 専門 朝鮮中近世史、東アジア交渉史
  3. 専門分野 朝鮮中近世の国際関係や政治社会を研究。具体的には、東アジア諸地域との外交、学術・書籍等の文化交流、陸海の交通、およびそのもとで展開した国家の史的特質について、考察をすすめている。また近年は文字文化や生活誌、および環境史にも関心をよせている。
  4. 主要業績
    『朝鮮の歴史─先史から現代』(共著、昭和堂、2008年)
    『モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島』(山川出版社、2011年)
    『中近世の朝鮮半島と海域交流』(編著、汲古書院、2013年)
    『モンゴル覇権下の高麗─帝国秩序と王国の対応』(名古屋大学出版会、2013年)

教員データベースへ

ページの上部に戻る