部局組織・運営
HOME > 部局組織・運営> 哲学・哲学史研究室

哲学・哲学史研究室

人間と存在の本源をどこまでもたずねゆく道…。

哲学することは古来より、驚きや懐疑や不安から始まる。

しかも驚きや不安をその根源から問い直そうとして哲学する。なぜ私がこの世に生きているのだろうか、なぜ物事は存在していてかえって無ではないのだろうか、なぜ人を殺すのは悪いのだろうか、なぜ科学は環境問題を科学によって解決しようとするのであろうか。哲学的な問いかけは、けっして抽象的な現実離れしたものではなく、むしろ根源的かつ全体的に問うことこそが専門的かつ部分的に問うことよりもいっそう切実で具体的な問い方なのである。

研究室は、古代ギリシア哲学、中世哲学、及び近代・現代哲学の三つないし四つに大別されるとはいえ、それらは言わば多様にして一と言うべく、根本においては一つの愛智(ピロソピア)、すなわち智(ソピア)を愛し求める営みである。学部生と大学院生の哲学する一つの共同体として哲学研究室は、自由な雰囲気のもとに、それぞれの関心を尊重しつつ、しかも相互の対話・学的な交わりを大切にしている。

研究室では、哲学することの楽しみと醍醐味を実現するために、次のような仕方で研究や教育を行っている。第一に、哲学の原典を、例えば古代のプラトン、アリストテレス、中世のアウグスティヌス、トマス・アクィナス、近代のデカルト、ヒューム、カント、ヘーゲル、現代のニーチェ、ハイデッガー、ウィトゲンシュタイン、メルロ=ポンティ、レヴィナスなどのテキストを厳密に読み解くこと、第二に、各自の成果を口頭発表や論文の形にまとめて、自由で真剣な討論の場を創っていること、第三に、恒例行事として夏には温泉に浸かりながら二泊三日の九重合宿をしたり、あるいはしばしば深更までシンポジウム(饗宴)をしたりすることである。

研究室ホームページへ

教員

  1. 円谷 裕二(TSUBURAYA Yuji)哲学講座/教授
  2. 専門 近代現代哲学
  3. 専門分野 ドイツやフランスの近現代哲学における世界と自己との関わりを、存在論的および認識論的観点から研究している。またこの基本姿勢は、他者論、言語論、美学芸術論、倫理学、法政治哲学、科学哲学さらには、生命倫理や環境倫理などの現代倫理学にも及んでいる。
  4. 主要業績
    『経験と存在.カントの超越論的哲学の帰趨』(東京大学出版会、2002年)
    『近代哲学の射程−有限と無限のあいだ』(放送大学教育振興会、2003年)
    『知覚・言語・存在−メルロ=ポンティ哲学との対話』(九州大学出版会、2014年)
    『デカルトとカント−人間・自然・神をめぐる争い』(北樹出版、2015年)

教員データベースへ

  1. 菊地 惠善(KIKUCHI Eiyoshi)哲学講座/教授
  2. 専門 哲学基礎論
  3. 専門分野 存在の意味、道徳の基礎、そして技術や芸術の本質への問いといった、哲学の最も基本的な問題の解明に取り組んでいる。現代の議論や研究を踏まえながら、問題を広く歴史的な展望の内に捉え、一から考え直すことを基本姿勢としている。研究対象にしている主な哲学は、近代ではヘーゲル、現代ではハイデッガーの哲学である。
  4. 主要業績
    『始めから考える─ハイデッガーとニーチェ』(九州大学出版会、2014年)
    『ハイデッガー全集第44巻─西洋的思考におけるニーチェの形而上学的な根本の立場』(翻訳、創文社、2007年)
    「道徳の根拠をめぐる問い−カントとヘーゲルの対立を超えて」(『講座ドイツ近・現代哲学Ⅰ−カントとドイツ観念論』、理想社、2004年)

教員データベースへ

  1. 倉田 剛(KURATA Tsuyoshi)哲学講座/准教授
  2. 専門 西洋哲学史
  3. 専門分野 現代英語圏の分析形而上学・形式存在論、および十九世紀後半から二十世紀初頭にかけての「オーストリア哲学」を主な研究領域とする。
  4. 主要業績
    『ワードマップ現代形而上学』(共著、新曜社、2014年)
    「論理と存在」(『哲学への誘いⅣ』、東信堂、2010年)
    「事態の存在論と環境の理論」(『環境のオントロジー』、春秋社、2008年)
    「現代オントロジーの再検討」(『現象学年報』23、2007年)

教員データベースへ

ページの上部に戻る