イベント
HOME > 新着情報一覧 > 研究・活動 > 人社系協働研究教育コモンズ第5弾企画「グローバリゼーションの行方とローカリティの再生 ―ポスト・コロナ社会を語る―」

新着情報詳細 【研究・活動】

2020.07.29
人社系協働研究教育コモンズ第5弾企画「グローバリゼーションの行方とローカリティの再生 ―ポスト・コロナ社会を語る―」

 人社系協働研究教育コモンズ第5弾企画として、「グローバリゼーションの行方とローカリティの再生 ―ポスト・コロナ社会を語る―」を下記の要領で開催いたします。

 皆様のご参加をお待ちしております。

 詳細はコモンズホームページにも掲載しておりますので、下記URLからご確認ください。



「グローバリゼーションの行方とローカリティの再生 ―ポスト・コロナ社会を語る―」

日時  :2020年8月24日(月) 13:30~17:00
場所  :オンライン形式(Microsoft Teamsで開催)
パネラー今里悟之(九州大学人文科学研究院)、
     Edward Vickers(九州大学人間環境学研究院)、
     
成原慧(九州大学法学研究院)、
     池下研一郎(九州大学経済学研究院)
司会  :井手誠之輔(九州大学人文科学研究院)
     潮崎智美(九州大学経済学研究院)

シンポジウム概要
 グローバリゼーションの時代は今後も持続するのか否か。持続するとすればどのような在り方が望ましいのか。新型コロナウイルスが文字どおりグローバルに拡大する中、今、私たちが唐突に向き合っている現実は、一時的であるにせよ、人やモノの移動が制限され、国や県などの境界がつよい制度として機能する社会への逆行現象として映じます。日本における自制自粛の呼びかけと実践が、公権力の行使と同等の効果を発揮している点も注目されるところです。一方、教育や経済活動の現場では、遠隔授業や在宅勤務が急速に一般化し、オンライン環境を活用した社会生活が認容され、今後、日常化していく可能性が問われています。情報化の分野ではグローバリゼーションがさらに浸透する契機となっています。
 現在進行中の現実は、私たちの協働研究の観点とも深く関係し、さまざまな分析と議論を喚起しています。ポスト・コロナ社会を見据えるとき、持続可能なグローバリゼーションの時代では、個々人が身を置く場や地域と結びついたローカリティーが保全され、重視される必要が生まれています。
 このシンポジウムでは、ポスト・コロナ社会におけるグローバリゼーションとローカリティーとの関係性を中心に、公権力と社会との関係、新しい社会生活の様態についても、広く参加者で議論します。是非とも、皆さまの積極的な参加をお待ちしています。

コモンズホームページhttp://commons.kyushu-u.ac.jp/collaborative/

問い合わせ先:人社系コモンズ企画運営室 enquiry-commons★cmns.kyushu-u.ac.jp(★を@に変更してください)

ページの先頭にもどる