イベント
HOME > 新着情報一覧 > 研究・活動 > 人社系協働研究・教育コモンズ第二弾企画「仮設の文化について考える」のご案内

新着情報詳細 【研究・活動】

2019.02.19
人社系協働研究・教育コモンズ第二弾企画「仮設の文化について考える」のご案内

九大人社系協働研究・教育コモンズ 第二弾企画として「仮設の文化について考えるをテーマに下記にて、シンポジウムを開催します。皆さんのご参加をお待ちしています。

********************************************************************************************************************************

と き:2019年 3月15日[金]14:30-17:30

ところ:九州大学伊都キャンパス イースト2号館1階 D105講義室

講 演:京谷 啓徳 (きょうたに・よしのり) 九州大学大学院 人文科学研究院准教授


ディスカッサント:
小笠原 弘幸  九州大学大学院 人文科学研究院
堀   賀貴  九州大学大学院 人間環境学研究院
赤坂  幸一  九州大学大学院 法学研究院
小津 稚加子  九州大学大学院 経済学研究院

********************************************************************************************************************************
 先般、第40回サントリー学芸賞を受賞された京谷啓徳先生の著作『凱旋門と活人画の風俗史』 から、凱旋門をめぐる話題を中心にとりあげていただき、その儚くも人々を魅了してやまないスペクタクルの魔力について、縦横無尽に語っていただきます。

 ルネサンスの時代、王侯貴族の祝祭・儀礼を彩った大道具のひとつに、ハリボテの凱旋門があります。忽然と出現し、祝祭が終われば直ちに解体されてしまう仮設凱旋門の伝統は、近代市民社会にも受け継がれ、ひいては明治以降の我が国に移入されるにいたりました。本講演では、仮設建築物や仮設装飾が持つ魅力、見る者の心を掴み取る力、そしてその力を利用するイデオロギーや政治性といったものについて考えてみます。またそれらの仮設物がどのように記録されたのか、その記録がどのように利用されたのかについても検討します。

 また、ディスカッサントの先生方との議論も通じ、仮設の文化全般について射程を広げその意味や機能について考えていきます。

チラシはこちらです                    

※学生さんも、ご遠慮なく参加されてください。

※一般の方の参加も歓迎いたします。

[お問い合わせ]
九州大学人社系協働研究・教育コモンズ
Email:collaborative.platform@cmns.kyushu-u.ac.jp

ページの先頭にもどる