NEWS
HOME > 新着情報一覧 > 研究・活動 > 国語教育セミナー「関羽の「義」と曹操の「奸」 ―『三国志演義』を読む―」開催のお知らせ

新着情報詳細 【研究・活動】

2020.02.07
国語教育セミナー「関羽の「義」と曹操の「奸」 ―『三国志演義』を読む―」開催のお知らせ

このたび,言語運用総合研究センターでは下記のとおり社会連携特別セミナーを開催いたします。ぜひ,この機会に,多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

【日時】
 令和2年2月21日(金) 14:30~16:30 (受付開始 14:00から)

【会場】
 天神ビル11階11号会議室 (福岡市中央区天神2-12-1) 交通アクセス 福岡市営地下鉄「天神」駅から徒歩約3分

アクセスマップ
http://www.kyumen.co.jp/rental/tenjin_access.html

【講師・題目・概要】
井口 千雪 講師(九州大学人文科学研究院中国文学講座)

『関羽の「義」と曹操の「奸」―『三国志演義』を読む―』
「仁義礼智信」は、日本でも武士の心得として親しまれてきた言葉ですが、もとは儒教の「五常の徳目」という教えで、人が行うべき道を言います。各々の字を見れば意味も大体わかりますが、「義」については、いざ説明しようと思うとなかなか難しいものです。『三国志演義』で「義絶」(義のずば抜けた人)と称される関羽と、対照的に描かれる「奸絶」(狡賢さのずばぬけた人)曹操を比較しながら、その真意を考えます。

【セミナー詳細ページ】
http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~cslp/1_event_kokugo.html

【お申込みページ】
http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~cslp/contact.html

2月19日(水)までにお申込みいただければ幸いです。

ページの先頭にもどる