学部受験
HOME > 学部受験 > 先輩からのメッセージ(学部)

先輩からのメッセージ(学部)

「空間」を読み解く

地理学コース
南 源来(地理学 2014年度入学)

写真:南源来(地理学 2014年度入学)

おそらく多くの人にとって「地理」とは、受験科目としてのものが多いかもしれません。ひたすら山脈や気候の名前を覚えるといったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大学の「地理学」と受験科目としての「地理」はほとんど違う!まず、山脈や気候などは「自然地理学で取り扱う対象であり、九大の地理学は「人文地理学」です。人文地理学は、空間、場所、地域を政治・経済・社会・文化・歴史などと関連づけて研究するのです。例えば、福岡県と佐賀県の境界は、筑後川に沿って決められているが、なぜ実際の河川の流れと異なる箇所が多いのかといったこ とや、都市のなかで社会的に排除される人はどのように発生するのかといったことを扱います。また、対象のスケールも様々です。国際的な紛争問題から、市町村より非常に小さく、地元の人が勝手に名づけた地名をもつ地図上にない区域までが対象です。

高校の地理学は多くはアウトプット型であり、大学はインプット型だと思います。大学の地理学は、地理をやってないよーっていう人や地理はちょっと…っていう人も大丈夫!大学でやる地理は、様々な講義や文献から知見を得、自分の好きなことを好きな地域でフィールドワークや分析を行うといったものです。もちろん、高校の地理の知識は「地理学」の諸事象を理解するのに一役買うのですが。

私は、三年時の夏に岡山県の商業について調査しました。一般的に郊外に分布する巨大ショッピングモールが中心市街地にできると、周辺商業施設にはどのような影響が生じるかが私のテーマでした。街頭でのインタビューや過去の住宅地図を用いての分析を行ったが、なかなか聞きたいことが聞けないこともあったし、思うような結論が出ずに大変でした。しかし、見知らぬ街、見知らぬ人々との出会いは、私の心が強く惹かれました。

地理学に一番必要なものは、好奇心です。例えば、あなたが旅行に行き、この街並みはどのように作られたのだろうと感じる。そういったことから地理学は生まれるのです。また、学校に電車や自転車で行き、授業が終わり、家に帰る途中コンビニでお菓子を買う、毎日の動作の中にも地理学は隠れています。あなたならどんな地理学をやりたいですか。

文学部に地理学があることを意外に思った人もいるかもしれません。それには、様々な歴史的背景がありますが、私は勝手にこう思います。空間を分析し、記述する。それが文学部に地理学がある理由だと考えています。

人間科学コースには地理学研究室以外にも、4つの研究室があります。それぞれ、共通する部分もありますが、特色のある研究を行っています。よく考えて研究室を選び、自らの知的好奇心を揺さぶる学びを行ってください。

中国哲学史の魅力

哲学コース
井手 梓(中国哲学史 2012年度入学)

写真:井手梓(中国哲学史 2012年度入学)

「中国哲学史」と聞くと、何だか難しそう、一体何をする研究室だろう、といった印象を抱かれる方が多いかと思います。実際、それほど難しく考える必要はありません。中国哲学史研究室では、古代中国の書物を読み、そこから何が読み取れるかということを学んでいます。とてもシンプルなことなのです。

私は学生時代から『論語』を読むことが好きでした。研究室選択の際には、その『論語』をはじめとする漢文を学びたいと思い、中国哲学史研究室に進みました。研究室では、『論語』や『孟子』など古代中国の書物を読み解き、そこから何が言えるか、何を伝えようとしているのかを考えていきます。遥か2500年も前に書かれた書物が今も読み継がれているのには、やはり理由があります。また中国思想は、江戸時代以降日本でも盛んに学ばれ、日本思想にも大きな影響を与えています。古代中国の書には、我々が生きていくうえで大切なことが書いてあるのです。

私の好きな言葉に「義を見て為ざるは勇なきなり」という孟子の言葉があります。これは、「人として当然行うべきこととわかっていながらそれをしないのは、勇気がないためである」という意味です。この言葉を常に胸にとどめ、目の前にすべきことがあれば、必ず行おうと心がけています。このように昔の言葉は、現在自分自身が生きていくうえでも、活かしていくことができます。先人たちが何を考えていたのかを、文を読み取ることで、たどって行くことは非常におもし ろいです。先人たちの言葉に触れ、それを今の自分にも活かしていけることが、中国哲学史の魅力であると感じています。

哲学コースのなかには、中国哲学史のほかにも西洋哲学、倫理学、インド哲学、美学・美術史学等、幅広い専門分野の研究室があります。学ぶうえでわからないことや不安なことがあっても、周囲の先生方や先輩方が一緒に考え、助けてくださるので心配はいりません。ぜひ哲学コースの研究室をおすすめしたいと思います。自分自身の世界を広げることができます。ぜひ哲学コースに関心をもっていただき、入っていただけると幸いです。

時に及んで当に勉励すべし

中国文学コース
原田 愛(金沢大学 人間社会学域学校教育学類 准教授)

写真:原田愛(金沢大学 人間社会学域学校教育学類 准教授)

六朝の隠逸詩人陶淵明に「時に及んで当に勉励すべし、歳月 人を待たず」(雑詩十二首・その一)という有名な詩句があるが、実はこれは一般にことわざとして使われる「時が来たらしっかり勉学に励むべし、歳月は人を待つことなく過ぎ去るものなのだから」という意味ではない。詩歌全体の文脈から見ると「仲間と共にいる時を存分に楽しもう、歳月は人を待つことなく過ぎ去るものなのだから」という意味になる。ただ、自らの大学院時代を振り返ったとき、私はそのどちらの解釈にも共感を覚えた。

九大文学部卒業の後、私は大学院に進学した。私が院生になって変わったことは、まず物事に対する取り組みの姿勢である。演習ではさまざまなジャンルの文学作品(例:六朝の詩賦、唐宋の詩詞、明清の戯曲小説など)を読むことになる。そこでは担当者による文字一つ一つについての綿密な調査発表と、参加者全員による緊張感漲る討論が行われる。初めての担当では、数々のミスを指摘され、自分の未熟さを痛感した苦い記憶がある。また、演習はもちろん学会の研究発表などにおいても、原文の緻密な解釈をもとに、しっかりと疑問点や問題意識を持ち、作品の文学史的評価や作者の生涯や人格にまで考察を深めてゆくことが常に求められた。時にくじけそうになることもあったが、先生方の厳しくも温かいご指導とご助言、研究室の先輩や同輩、時には後輩たちからの叱咤激励にも支えられ、私の研究者としての姿勢も少しずつ矯正されていったようである。そして博士3年次には上海の復旦大学に留学、翌年夏には博士論文を提出し、博士号を得た。まさに私にとって大学院時代はこつこつと勉学に励むべき苦しい「時」であり、同時にその苦しみを研究室の仲間と共有しあった楽しい「時」であり、過ぎ去った今も私にとってかけがえのない思い出である。

現在私は主に学校の先生を目指す学生たちに国語教材としての漢文を教えている。『論語』などの経書や『史記』などの歴史書、そして陶淵明や杜甫、李白、白居易、蘇軾など文学作品の多種多様な面白さ、奥深さ、また、それらの日本文学への影響を伝え、将来先生となる彼らの学ぶ意欲が少しでも向上するように努めている(写真はその一貫として佐賀の『論語カルタ』を紹介し、実際にやっているところ)。今の自分の基礎は仲間とともに真摯に学ぶことの苦楽を知った大学院時代に作られたものである。皆さんもどうぞ大学院に進んで、ぜひこの二重の意味での「時に及んでの勉励」を味わってみてほしいと思う。

歴史を学ぶ

西洋史学コース
隈部 雄大(西洋史学 2011年度入学)

写真:隈部雄大(西洋史学 2011年度入学)

「歴史」を学ぶというと皆さんはこれまで学校で教わってきた日本史や世界史の授業のことを真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。例えば、「○年に△△戦争が勃発した」「○年に□□という制度がつくられた」というように。

しかし、大学でなされている歴史学はいわゆる暗記科目と言われていたような歴史とは大きく異なります。たしかに、これまで教えられてきたような過去から現在に至るまでの歴史を知ることは現代の様々な社会情勢(テロ、移民…etc.)を理解するうえで重要なことですが、大学では文献やモノといった史料をどのように捉えるのかという問いがとりわけ重要になってきます。また、一言で歴史といってもそのテーマは非常に多岐にわたっており、政治・経済・文化といったものだけでなく、皆さんにとって非常に身近な食べ物やスポーツ、ファッションといったものも研究の対象として挙げられます。大学での歴史学はその方法も対象も際限がなく、そして自由なものだといえます。

高校までの学習と大学での研究との間において、もう一つ大きく異なるのは研究室という環境の存在です。研究室では同学年だけでなく先輩と後輩という縦のつながりもあり、イメージとしては高校までのクラスというより部活に近いものがあるかもしれません。現在、文学部には専門分野によって21の研究室がありますが、研究室ごとの雰囲気はかなり多様であるかと思います。皆さんが専門分野を決定する際には何を学ぶのかという研究テーマはもちろんのこと、少なくとも3年間は過ごす環境になるわけですから、研究室の雰囲気というものも判断材料の一つにするとよいでしょう。

私が所属している西洋史学研究室では、授業のなかで英語やフランス語、ドイツ語といった言語による様々なテーマに関するテクストを購読し、その内容や歴史的背景といったものを学んでいます。時代や地域といったものが異なれば、現代の私たちの常識では考えもつかない状況がしばしば起こりますが、当時の政治、文化、社会といったものをふまえながら、それを一つ一つ紐解いていくところに歴史を学ぶことの一つの醍醐味があるのではないかと私は感じています。

これまで、大学の研究室で歴史を学ぶということについて述べてきましたが、結局のところ、大学での学問は自分で実際に触れてみなければ分からないことばかりです。先入観にとらわれず、自分の進みたい方向性を模索しながら、充実した大学生活を過ごして下さい。

ページの上部に戻る