仏文学研究室 Q & A


 わたしたちの研究室によく寄せられる質問と,それに対する回答を掲示しています。

Q 1年生のときにフランス語を履修していませんが,仏文学研究室へ進むことはできますか?
A 第2外国語として1年次にフランス語を履修していなくても大丈夫。まったく問題ありません。仏文学研究室ではそのような学生のために普段の演習はもちろん,特別の授業を設けるなど,万全のサポート態勢をととのえています。じっさい毎年のようにフランス語未履修の学部生が進学し,支障なく演習に出席しています。

Q フランスに留学してみたいのですが,むずかしいでしょうか?
A けっしてむずかしくはありません。仏文研究室には,学部生のために短期留学の資料をとりそろえています。パリ,リヨン,ボルドーなど場所の選択肢も豊富で,期間も3週間から1年まで選ぶことができます。近年は九州大学の交換留学プログラムを活用した1年間の留学が増えています。大学院になると大半の院生が,フランス政府やロータリー財団,ルノー財団などの奨学金をえて留学しています。また九大はボルドー大学と学術協定を結んでおり,給費をうけながら同大学へ留学する学生もいます。この制度は学部生,大学院生ともに利用しています。

Q 仏文学研究室の学生は,卒業後どのようなところに就職していますか?
A 卒業後の進路はとてもヴァラエティー豊かです。まず企業のばあい,マスコミ関係,金融関係,IT関係などに就職実績があります。また国家上級や地方上級の試験に合格して公務員になる人もいます。教育関係では,大学院に進学して大学の教員になる人の割合がもっとも多いようです。

Q 教員免許をとることができますか?
A もちろんできます。「フランス語」の高等学校教諭一種免許状だけでなく,「国語」「英語」の高等学校教諭一種免許の免許を取得する学生もいます。じっさい,ここ数年にかぎっても高校の国語や英語の先生になった卒業生が出ています。

  

HOME | 講座案内 | 教員紹介 | NEWS | STELLA | 進学案内 | Q & A
九州大学フランス文学研究室
こうせい内科クリニック(福岡県春日市) こうせい内科クリニック(春日市)