鳥山 定嗣 専門研究員 とりやま・ていじ / TORIYAMA Teiji

専門分野
 フランス近現代文学,特にポール・ヴァレリーの詩を中心にした研究

取得学位
 フランス政府給費留学生として高等師範学校 (ENS)・パリ第8大学留学,Master 2 取得
 博士(文学)京都大学


著 書

  • 『ヴァレリーの『旧詩帖』──初期詩篇の改変から詩的自伝へ』水声社,2018年,464頁+別丁68頁.

論 文 → リポジトリ登録分

  • « Valéry et Louÿs : "Narcisse parle" à "Chrysis" », Littera, Société Japonaise de Langue et Littérature Françaises, n° 3, mars 2018.
  • 「ヴァレリーの詩集『旧詩帖』の題名と構成」『ステラ』第36号,九州大学フランス語フランス文学研究会,2017年12月.
  • 「読者としての詩論──ヴァレリー「詩のアマチュア」」『仏文研究』第48号,京都大学フランス語学フランス文学研究会,2017年10月.
  • 「ジッド.ルイス,ヴァレリーの青年期の交流──邦訳『三声書簡 1888−1890』(松田浩則・ 山田広昭・塚本昌則・森本淳生訳,水声社,2016 年)の書評に代えて」『ヴァレリー研究』第7号,日本ヴァレリー研究センター,2017年7月.
  • « Le souvenir d’"un soir" dans la poésie valéryenne des vers anciens à La Jeune Parque »『フランス語フランス文学研究』第110号,日本フランス語フランス文学会,2017年4月.
  • « Valéry entre prose et vers : De "Paradoxe sur l’architecte" à "Orphée" »『ステラ』第35号,九州大学フランス語フランス文学研究会,2016年12月.
  • 「ヴァレリーの「カエサル」──ソネの構造を中心に──」『仏文研究』第47号,京都大学フランス語学フランス文学研究会,2016年10月.
  • 「ヴァレリーの詩「セミラミスのアリア」──女と王のあいだ──」『仏文研究』第47号,京都大学フランス語学フランス文学研究会,2016年10月.
  • 「同一詩篇の変奏──「白」「妖精」「夢幻境」「同じく夢幻境」」『ヴァレリー研究』第6号,日本ヴァレリー研究センター,2016年7月.
  • 「ポール・ヴァレリーの『旧詩帖』」京都大学博士論文,2016年4月.
  • 「ジッドとヴァレリーの「水浴」を読む──うなじの危険──」『EBOK』第28号,神戸大学仏語仏文学研究会,2016年3月.
  • 「ジッドとヴァレリーの詩をめぐる交流──初期の友情を中心に──」『ステラ』第34号,九州大学フランス語フランス文学研究会,2015年12月.
  • 「ジッドとヴァレリーの詩をめぐる交流 (2) ──ヴァレリーの「紡ぐ女」におけるジッドの影響──」『ステラ』第34号,九州大学フランス語フランス文学研究会,2015年12月.
  • 「ヴァレリー「ナルシス語る」の2つの版──『ラ・コンク』誌版(1891)と『旧詩帖』版(1920)」『仏文研究』第46号,京都大学フランス語学フランス文学研究会,2015年10月.
  • 「「ナルシス語る」から「ナルシス断章」へ──変貌のかげに潜む連続性」『仏文研究』第46号,京都大学フランス語学フランス文学研究会,2015年10月.
  • 「ヴァレリーの詩「紡ぐ女」を読む──形式と主題の結びつきをたどって」『EBOK』第27号,神戸大学仏語仏文学研究会,2015年3月.
  • 「ポール・ヴァレリーの若書きの詩について──形式的観点から」『フランス語フランス文学研究』第106号,日本フランス語フランス文学会,2015年3月〔2016年度日本フランス語フランス文学会奨励賞受賞〕
  • 「ヴァレリー『旧詩帖』の一篇「ヴィーナスの誕生」を読む──若書きの詩の改変」『仏文研究』第45号,京都大学フランス語学フランス文学研究会,2014年10月.
  • 「ポール・ヴァレリーの詩における〈眠る女〉の主題」『関西フランス語フランス文学』第20号,日本フランス語フランス文学会関西支部,2014年3月.
  • 「ヴァレリーの『魅惑』における調子の変化──「石榴」と「失われた酒」」『仏文研究』第44号,京都大学フランス語学フランス文学研究会,2013年10月.
  • 「ポール・ヴァレリーの『若きパルク』における「転調」の技法──第 IX 断章を一例に」『フランス語フランス文学研究』第102号,日本フランス語フランス文学会,2013年3月.
  • 「ポール・ヴァレリーにおける虚実の境──『ナルシス断章』をめぐって 」『仏文研究』第38号,京都大学フランス語学フランス文学研究会,2007年10月.
科学研究費
  • 「ポール・ヴァレリーの初期詩篇についての研究」若手研究B(研究代表者)2017〜2020年度.
HOME | 講座案内 | 教員紹介 | NEWS | STELLA | 進学案内 | Q & A
九州大学フランス文学研究室
こうせい内科クリニック(福岡県春日市) こうせい内科クリニック(春日市)