本文へスキップ

お知らせ

19/08/05:研究室行事を更新しました
・2019/08/03 オープンキャンパスが開催されました!

 8/3にオープンキャンパスが開催されました!
 大変暑い中、たくさんの高校生、ご家族の方が研究室に足を運んでくださり、研究室としてもとても楽しい時間をすごさせていただきました。
 学生4名による発表も無事に終えることができ、たくさんの温かいお言葉をいただきました!
 少しでもみなさんの今後の進路の参考になりましたら幸いです。
 ぜひ数年後には九大西洋史学研究室へ!お待ちしております。
 




 そしてオープンキャンパス終了後は、研究室で打ち上げを行いました。
 今回の打ち上げは、岡崎先生の誕生日祝いと、今年9月から1年間ドイツ留学をする松口の激励会を兼ねました!
 ケーキの登場にみんなの目が輝いていましたね☆
 




 さて、これから長い夏休みに入ります。
 事故には十分気を付けて、遊びと勉強どっちも頑張りましょう!!
 
・2019/08/03 オープンキャンパスが開催されます!

 今年もオープンキャンパスが開催されます!
 我々も、高校生の皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。
 また、学部3年生による報告も予定しております。
 大学の歴史学とはどのようなものなのか、実際の研究はどのようなものなのか、さらに留学についての発表もあります。
 途中退出も可です。実際に大学の研究室に足を運んでみて、雰囲気を感じてみてください!
 研究室一同、皆さんのお越しを心よりお待ちしております。

 場所やタイムスケジュールを以下に掲載しますので、ご参照ください。

 日時:2019年8月3日(土)  
 場所:九州大学伊都キャンパスイーストゾーン1号館B-610 西洋史学研究室

 タイムスケジュール:
    11:00~11:15 梅田 幸乃「大学での歴史学の学び-高校の『世界史』から大学の『歴史学』へ-」
    11:20~11:35 金林 優太「ヴァイマル共和国の崩壊論-なぜ民主主義はヒトラーに負けたのか-」
    13:00~13:15 松口 優花「九大de留学-留学ってそんなに敷居、高くないんです!-」
    13:20~13:35 岩田 恵一「東欧におけるナチズムと社会主義の歴史-ユーゴスラヴィアを中心に-」
・2019/06/21 卒論構想発表会が開催されました

 今年の4年生にとって最初の卒論構想発表会が行われました。今後の卒論の指標を示す大事な報告であり、2,3年生にとっても大きな刺激になったようです。発表会の終了後は例年通り報告者の慰労会が開かれ、OBも駆けつけ皆で報告者の労をねぎらい、2,3年生は卒論をどのように書けばよいのか先輩たちに話を聞きながら、自分の番が巡ってるくことに戦々恐々としているようでした。








 19/04/19:研究室行事を更新しました
・2019/04/05 進学生ガイダンス

 西洋史学研究室に待ちに待った新2年生がやってきました!!!
 今年も10人入ってくれて嬉しいかぎりです。
 新たな仲間も増えたことなので、気持ちを新たに頑張ろうと思います。





 18/11/26:研究室行事を更新しました
・2019/03/20:卒業式

 先日卒業式が執り行われ、めでたく10名の4年生の先輩方がご卒業されました!!
 いつも明るく優しく頼れる方々ばかりで、研究室を離れてしまうのはとても寂しいです。
 またお会いできる日を楽しみにしています!お疲れ様でした!


















 18/11/26:研究室行事を更新しました
・2019/02/09:卒業論文発表会・研究室追い出しコンパ

 少しだけ寒いような日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 さて、西洋史学研究室では例年通り卒業論文発表会と研究室の追い出しコンパを行います。本年度は10名がめでたく卒業論文を提出しました。
 なお、諸々の事情を考慮し発表会の会場は九州大学の西新プラザとなります。基本的にはオープンな会となりますので参加をご希望の方は下記のメールアドレスにご連絡ください。

 それでは、平成も残りわずかとなりましたが、本年も西洋史学研究室をよろしくお願いします。
 18/11/26:研究室行事を更新しました
・九州史学会が開催されます

 12月8日に、九州史学会全体会が開催されます。
 時間:13:30~
 場所:九州大学伊都キャンパス イーストゾーン 大講義室Ⅰ
    シンポジウム「史的環境としての糸島地域」  

 また、12月9日には、九州史学会西洋史部会が開催されます。
 時間:10:00~
 場所:九州大学伊都キャンパス 西洋史学研究室
 九州大学の岡崎敦先生をはじめ、他の大学から様々な方をお招きし、報告をしていただきます。
 ぜひ、ご参加ください!


・第二回卒論構想発表会が行われました

 11月23日に、第二回卒論構想発表会が行われました。4年生10名による発表でした。積極的な議論も見られ、1日があっという間に過ぎたような気がします。また、先輩方の発表を聞き、下級生も非常によい刺激を受けました。
 4年生はいよいよ執筆となりますが、今回の発表を踏まえ、体調に十分注意して頑張っていきましょう!
 18/10/03:研究室行事を更新しました
・文学部専門分野決定のためのガイダンスが行われました

 9月28日に文学部1年生向けのガイダンスが行われました。多くの1年生が来てくれました!西洋史に興味を持ってくれている1年生が多くて、研究室としてはうれしい限りです。4月に研究室で皆さんにお会いできるのを研究室一同楽しみにしています!
 また、今回のガイダンスで4年生4名が研究発表を行いました。卒業論文の追い込みに向けて、弾みがついたのではないかと思います。頑張っていきましょう!
     



 18/09/17:研究室行事を更新しました
・2018/09/28:文学部専門分野決定のためのガイダンス

 9月28日(金)に1年生向けのガイダンスが行われます。伊都キャンパス移転後初の研究室行事です。進学したい研究室の状況をしっかりと確認し、自分の行きたい研究室を決めましょう。
 また、今回は4年生による研究発表会が企画されています。卒論とは一体どのように書かれるのかを知るための絶好の機会です。テーマも様々ですので自分の興味のある発表には、ぜひともご参加ください‼

   開催内容は以下の通りです

 期日:9月28日(金) 10:00~12:00
 場所:九州大学伊都キャンパス 西洋史学研究室(イーストゾーン1号館 E-B-610)

 プログラム
 10:00~10:50 第1回研究室説明会・学生発表
  (10:00~10:10 研究室全体説明)
  (10:10~10:30 1回目学生発表)
  【平田哲也 「東ドイツと歴史をめぐる問題―地図から消えた国のアイデンティティ―」】
  (10:30~10:50 2回目学生発表)
  【寺本真三郎 「古代ローマという時代―帝国統治研究を中心に―」】

 10:50~11:10 自由訪問

 11:10~12:00 第2回研究室説明会・学生発表
  (11:10~11:20 研究室全体説明)
  (11:20~11:40 3回目学生発表)
  【山﨑理子 「19世紀イギリスにおける男性同性愛の扱われ方」】
  (10:30~10:50 4回目学生発表)
  【坂本隼人 「ドイツに協力したフランス人―第二次世界大戦とヨーロッパ―」】

※途中入退室は可能です
※※聞きたい発表を逃した場合は、本人から直接研究テーマについて聞くことができますので、お気軽にお声がけください。
※※※公式的には12時で終了となりますが、この時間帯以外でも学生が研究室におりますので、ご自由にお越しください

 18/08/24:研究室行事を更新しました
・もうすぐ研究室移転が完了します

 キャンパス移転まで残りわずかとなりました。たくさんの思い出と歴史がつまった箱崎キャンパスに別れを告げるのは大変寂しいものですが、残りの日々を大切に研究室一同活動していきたいと思います。
 また先日は暑い中、オープンキャンパスにお越しいただきありがとうございます!皆様と新しいキャンパスである伊都キャンパスでお会いできることを、研究室一同心待ちにしております。
 18/07/26:研究室行事を更新しました
・8月5日 オープンキャンパスが開催されます

 開催内容は以下の通りです
 期日:8月5日(日) 10:00~16:00
 場所:九州大学箱崎キャンパス 

 プログラム
 10:00~ 研究室訪問開始
 10:15~11:00 1回目研究室説明会・学生発表
 11:00~12:45 自由訪問
 12:45~14:00 2回目研究室説明会・学生発表
 ~16:00 自由訪問

 大学での学びや、大学生の研究に触れることができるチャンスです!
 九大生一同皆さんのご来校を歓迎いたします!

 案内のPDFはこちら
18/07/12:「さよなら箱崎イベント」が開催されました
・「さよなら箱崎イベント」が開催されました

 6月30日、7月1日両日にわたって開催された「九大西洋史 箱崎さよならイベント」は、お陰様で、両日とも盛会のうち、終了することが出来ました。
 突然の企画で、また同窓生の個別の連絡網を利用しての広報でしたが、ご参会の皆さまには、箱崎キャンパス最後の姿をご記憶に留めていただけましたでしょうか。
 二日目は、研究室の記録、記憶保存プロジェクトの報告をお聞きいただくなど、現役学生との交流も含め、研究室の現状にお触れいただいたことは、研究室としても大変幸いに存じました。

 なお、今回のような形式での「お誘いあわせ」同窓会開催のご希望を多く窺いました。伊都キャンパスでの開催となりますが、もし、今回と同様な広報形態(西洋史HPと、同窓生有志の相互連絡)でよろしければ、今後、同窓会を定例化することも考えたいと思います。
 ご意見、ご要望など、お寄せいただければ幸いに存じます。今後とも、九大西洋史をなにとぞよろしくお願いいたします。
18/05/24:研究室行事を更新しました
 ◎情報交換会のお知らせ

 ご存じのように、九州大学文学部は、本年2018年8月をもって、箱崎キャンパスから伊都キャンパスへ移転いたします。この節目の時期にあたり、西洋史学研究室では、九大西洋史の歴史、記録、記憶を保存、再考するプロジェクトを行って参りました。
 今回、キャンパス移転を直前に控えて、研究室ゆかりの皆様にとっては、「さよなら箱崎」となるであろうイベントを開催いたします。下記の時間帯に、研究室を開放いたします。

  2018年6月30日(土)13時〜18時ごろ(出入り自由)

  2018年7月1日(日)10時〜17時ごろ(出入り自由)

 また、7月1日(日)13時より、九大西洋史研究室の記憶、記録保存プロジェクトについてご紹介します(「西洋史学情報交換会」として学外にも開放)。

  日時:2018年7月1日(日)13時30分〜15時頃
  会場:九州大学文学部会議室(箱崎文系キャパス文系研究棟4階)
  報告:坂本隼人・平田哲也「九州大学文学部西洋史学研究室の記憶、記録保存プロジェクト」

 西洋史の学生が主体となって実施している、九大西洋史学研究室の記憶、記憶保存プロジェクトをご紹介いたします。
 研究室に残る卒業論文、勉強資料、アルバム、写真、雑記帳などを体系的に整理することで、学生の研究、生活等の記憶を保存します。 日本の大学における高等研究、教育の場としての西洋史学研究室を、学生の活動、生活という観点から考え直す試みです。同窓生の皆様には、是非、このプロジェクトへのご協力をお願いいたします。
 30分程度の報告ののち、ご出席の皆様とともに質疑、討論を行い、その後は、夕方まで研究室を開放いたします。

 また、7月1日(日)の12時〜13時に、西洋史学研究室内で、簡単な昼食会を準備いたします(実費程度のカンパをお願いいたします。持ち込み等も歓迎いたします)。

 これらの企画、特に、6月30日(土)午後、7月1日(日)午前中から昼食会にかけての企画にご参加の方は、準備の都合がございますので、お手数ですが、事前に、西洋史学研究室までご連絡いただけますよう、お願いいたします。

 最後にお願いがあります。このご連絡は、九大西洋史ゆかりの方々のごく少数にしか差し上げておりません。これは、西洋史学研究室ですべてを管理していないからです。皆様それぞれから、連絡を輪を広げていただけいただければ幸いに存じます。

 この件についてのお問い合わせは、西洋史学研究室、あるいは岡崎(okazaki☆lit.kyushu-u.ac.jp)までお願いいたします。(☆→@に変更をお願いします。)

 多数の皆様のご参加をお待ち申し上げております。

追記(2018/06/01)
 「九大西洋史 箱崎さよならイベント」についてお問い合わせいただき、ありがとうございます。

 今回のイベントは、7月1日(日)の昼食会、および午後の報告会だけが、研究室主催公式イベントです。その他の時間帯は、研究室ゆかりの方々が、お誘いあわせの上、自由に旧懐いただければと存じます。

 他方、今回のイベントへのご参加に際して、他の方々の動静がお気にかかられるものと思います。個人情報保護と情報共有の必要性の双方の観点から、研究室を情報共有の窓口としてお使いください。

 もし一定数お集まりのご予定があれば、よろしければ、前もって研究室に計画をお知らせください。これらの情報は、個別のお問い合わせに応じて、共有させていただきたく存じます(もちろん、クローズな会をご希望であれば、秘密を厳守します)。

18/04/06:教員紹介、研究室行事、同窓会、授業案内を更新しました
18/05/10:学部生・院生紹介を更新しました
 早いもので2018年度の前期授業が始まって1ヶ月ほどが経ちました。新歓コンパなどの行事も一段落し、2年生たちも研究室の雰囲気に徐々に慣れてきたようですが、演習の準備などに追われることも増えてきたようです。
 今年度は伊都キャンパスへの移転を控えており、今後さらに忙しくなりそうです。いずれ研究室の方針を話し合う場を設けなければなりませんが、果たしてどうなるか先行きが全く見えていません。ただ、学生自身が研究室を良くしていくという態度で臨んでいきたいものです。
18/04/06:教員紹介、研究室行事、同窓会、授業案内を更新しました
18/04/04:学部生・院生紹介を更新しました
☆西洋史学研究室進学生10名‼
 今年度の西洋史学研究室は定員いっぱいの10名の進学生を迎えることができました。上級生や先生方も含めて皆が喜んでおります。
 また、今年度から西洋史学研究室ご出身の大浜聖香子さんを助教として迎えることもできました。大浜さんは文学部全体の仕事を担うことになりますが、西洋史のご出身ということで我々にはありがたいことです。
 研究室の体制はますます新たなものとなりつつありますが、これまでの伝統を引き継ぎつつ、新たな文化を生み出せるよう努力していきたいものです。

 4月6日には新入生オリエンテーションがあります。新入生の方々にはぜひとも西洋史学研究室をよろしくお願いいたします。
18/03/23:研究室行事を更新しました
 20日には学位授与式が行われました。
卒業・修了生の皆様、おめでとうございます。今後とも西洋史学研究室をよろしくお願いします。

 ところで話は変わりますが、最近研究室に保管されている資料のデジタル化作業を行っています。西洋史学研究室では日誌がつけられているのですが、これは1974年から続けられておりその巻数は60巻を超えています。大変な作業ですが、読んでいると非常に面白く時代とともに研究室の在り方が大きく変わっていったことを実感します。
 この日誌のほかにもアルバムや写真、西日本史学会という昔の学会の事務資料などが大量に残されているのですが、これらもデジタル化しようと思っています。
 これらの成果はいずれこのホームページにて公開するつもりです。

18/02/22:研究室行事を更新しました
 諸々の発表会もようやく終わり、やっと春休みを迎えられそうなのですが、卒業のシーズンが近づくということでもあり少しばかり寂しい気もするこのごろです。

 さてそんなことより、今一番気になることは、来年度の西洋史学研究室への進学者数です。今年は噂によると、大変人数が多いとのことですが実際のところどうなのか全くわかりません。
1年生はすでに希望先を出してしまっているので今更なのですが、定員一杯入ってほしい‼ というのが正直なところです。
ただ、どの研究室に入ったとしても1年生の皆様がご活躍できることをお祈りしております。

 また、来週は九大の前期入試があります。来年度の新入生は箱崎を全く知らない世代になるわけですから、その点もやっぱり寂しい気がします。
しかし、伊都キャンパスでも住めば都と言います。交通の不便さに目をつぶればいいところです‼伊都キャンパス移転後も西洋史学研究室をよろしくお願いいたします。

 出会いと別れが近づく春ですが、まだまだ寒い日が続いています。くれぐれも体調にお気をつけください。それでは‼
18/01/23:「九州大学人社系研究拠点形成のための記録・保存・展示」プロジェクトについての報告会
文学部講座研究室の史資料整理、および飯嶋プロジェクトの現状報告会のご案内

 文学部歴史編纂室では、この度、講座研究室資料の整理、および「九州大学人社 系研究拠点形成のための記録・保存・展示」についての報告会を開催します。
 文学部の伊都キャンパス移転を来年夏に控え、講座研究室に所蔵されている様々 な史資料の整理、管理、および比較宗教学の飯嶋准教授をリーダーとするプロジェクト(教員インタビュー)について、事業の中間報告を行い、知見を共有しようと いうものです。
 多くの方々のご参集、ご議論をお願いいたします。

 日時:2018年2月21日(水)13時30分〜16時30分(予定)
 会場:文学部会議室

 プログラム
 第1部:講座研究室の史資料整理、管理の状況について
    日本史学講座、西洋史学講座、国語学・国文学講座の3講座研究室からの報告
 第2部:飯嶋プロジェクトの現状報告

 どなたでもご参加いただけます。
 配付資料準備のため、ご出席いただける方は、できれば事前にご連絡いただけれ ば幸いに存じます。
問合せ・連絡先 文学部歴史編纂室 archives☆lit.kyushu-u.ac.jp(☆を@に変えてください)
17/12/12:九州史学会が開催されました
 12月9日に九州史学会大会シンポジウム「九州大学箱崎キャンパスの百年 ―さよなら箱崎キャンパス―」、10日に九州史学会大会西洋史部会が開催されました。
 西洋史部会では、午前中には「箱崎の西洋史学―歴史の中の九州大学文学部西洋史学研究室―」と題する報告が行われ、第一部では岡崎敦先生の「九州大学文学部西洋史学研究室とは何であったか」、第二部では学部3年の坂本と平田が1928年から1992年までの卒業論文題目を分析した「九州大学文学部西洋史学研究室における学生の研究―卒業論文題目の分析と解釈―」と題した報告を行いました。午後からは様々な地域とテーマの報告が行われ、箱崎最後の西洋史部会に相応しいものとなりました。

17/11/03:九州史学会西洋史部会のページを更新しました
17/10/27:研究室行事を更新しました
17/10/25:ホームページの改善を行いました
17/10/18:研究室行事を更新しました
17/09/30:研究室行事を更新しました
9月25日:博士論文公聴会(高津智子さん)
11月22日:4年生第2回卒論構想発表会

また、9月29日には文学部専門分野決定のためのガイダンスが行われ、たくさんの1年生が研究室訪問に来てくれました。聞くところによると西洋史学が人気のようですが、これに臆することなく、研究室希望は自分が本当に行きたい研究室を選びましょう‼

ちなみに、西洋史学研究室はオープンな研究室なので、伊都キャンパスから遠いかもしれませんが気軽に訪ねてきてください!(事前にメールをいただけると助かりますが、なくても大丈夫です)
17/09/01:研究室行事を更新しました
 9月29日:文学部専門分野決定のためのガイダンス
17/08/07:オープンキャンパスが開催されました
 8月5日にオープンキャンパスが開催されました。
暑い中来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。

 西洋史を勉強したいという高校生が多くて、とても感激しました。
九大西洋史に、ぜひ入ってきてくださいね!!

 それでは、高校生の皆さまの活躍と希望が叶う事を心からお祈りしております。
17/08/07:お知らせページを新設しました 
17/07/11:九州西洋史学会若手部会が開催されました
7月1日、福岡大学にて、第12回九州西洋史学会若手部会「グループ交流発表会」が開催されました。九州大学からは、坂本隼人・平田哲也の2名が今井先生のゼミ報告を行いました。(題:「ドイツにおける第一次世界大戦経験―史料としての野戦郵便―」 若手部会の詳細はこちら)反省すべき点は多々ありましたが、他大学との交流や議論も盛り上がり非常に有意義な会でした。
 8月5日には文学部オープンキャンパスが開催されます。
 西洋史学研究室にぜひお越しください!!
17/04/05:教員紹介・学部生紹介・行事予定(新歓など)の更新を行いました
16/09/23:研究室便りの追加、業績更新を行いました
16/08/11:同窓会のページの研究室便りを更新しました
16/08/04:研究室近況、行事予定を更新しました
16/06/03:学生紹介のページに博士論文の題目一覧を追加、行事予定を更新しました

九州大学文学部
西洋史学研究室

〒819-0395
福岡市西区元岡744
イースト1号館6階 B-610
TEL. 092-802-5091