学部生・院生紹介

西洋史学研究室では、OD・院生(博士・修士)・学部生が所属し、日夜研鑽を積んでいます。

OD
森 崇浩
MORI Takahiro
スイス近世史
論文
・15世紀バーゼル邦におけるアムト制の展開―アムト・リースタールの事例から―(『西洋史学論集』第40号、2002年、1-20頁)
 法華津 晃
HOKETSU Akira
フランス中世史
 論文
・11世紀のクリュニー修道院におけるカルチュレールの操作―カルチュレールA,Bを中心に―(『西洋史学論集』第53号、2016年、23-36頁)
・10世紀マコネ地方における書記と在地社会(『西洋史学論集』第49号、2011年、21-38頁)
・修道院領主制の展開と俗人領主社会―11世紀クリュニー修道院への譲渡文書付随条項の検討―(『九州歴史科学』第35号、2007年、50-70頁)
書評
・轟木広太郎『戦うことと裁くこと―中世フランスの紛争・権力・真理―』昭和堂、2011年(『西洋史学』第244号、2011年、59-61頁)
学会発表
・10-11世紀クリュニー修道院の所領形成の再検討―贈与、文書化、記憶化の側面から―
*学会名:ワークショップ西洋史・大阪、場所:大阪大学、期日:2015年5月
・10-11世紀クリュニー修道院への贈与と売却の持つ多義性とその選択的な利用
*学会名:2014年度広島史学研究会大会、場所:広島大学、期日:2014年10月
 高津 智子
TAKATSU Tomoko
 欧州統合史
 論文
・欧州統合をめぐるヨーロッパ共通性の議論―初期欧州審議会を中心に―(『西洋史学論集』第48号、2010年、79-97頁)
・Driving Forces of Early European Integrations and Their Implications for East Asia: the Role of Transnational Party Cooperation(Asia-EU Conference, Busan, 2012, pp.545-564)
・欧州政治共同体条約をめぐるトランスアトランティック・ネットワーク:統一ヨーロッパ・アメリカ委員会とヨーロッパ運動(『史林』、第98巻5号、2015年、97-96頁)
学会発表
・Driving Forces of Early European Integrations and Their Implications for East Asia: the Role of Transnational Party Coorperation
*学会名:Asia-EU International Conference、場所:Busan、期日:2012年2月
・欧州統合成立期における米欧間の非公式ネットワーク―統一ヨーロッパ・アメリカ委員会に着目して―
*学会名:2016年度九州西洋史学会春季大会、場所:九州大学、期日:2016年3月

大学院生(修士課程)
1年 坂本 隼人 第二次世界大戦期独仏
平田 哲也 ドイツ現代史


学部生                                                             
4年 窪 みさと アメリカ現代史
中山 美月 ドイツ現代史
廻 康輔 フランス中世史
3年 岩田 恵一 東欧現代史
梅田 幸乃 フランス近世史
大澤 南実 ロシア近世史
大森 翔太 ドイツ中世史
金林 優太 ドイツ近現代史
北崎 海輝 スペイン近世史
高橋 毅 イギリス近世史
増矢 周平 ドイツ現代史
松口 優花 ドイツ現代史
山口 夏帆 スペイン近世史
2年 青山 詩乃
中村 優斗
松本 大輝
中島 朋子
向江 遼太郎
木寺 大祐
平田 成基
田畑 慶太
照本 香奈
田村 文人

九州大学文学部
西洋史学研究室

〒819-0395
福岡市西区元岡744
イースト1号館6階 B-610
TEL. 092-802-5091