本文へスキップ

教員紹介

岡崎 敦(OKAZAKI Atsushi)教授

1)経歴
九州大学大学院文学研究科博士後期課程中退。九州大学文学部助手、福岡女子大学文学部助教授、九州大学文学部准教授をへて、現職。

2)専門分野
西欧における大学や知識人の形成についても関心から、司教座教会周辺にたむろする多様な教会人の活動、彼らの存在を制度的に保障する教会制度等の研究を進めてきた。同時に、実証研究を根拠づける資料認識について、文書学やアーカイブズ学などの観点から再検討してきた。

3)主要業績
Pratiques documentaires dans l'église cathédrale de Paris au XIe siècle: les textes et leurs contextes génétiques, (Proceedings of the Fourth International Conference. Studies for the Integrated Text Science: Genesis of Historical Text. Text/Context, 2005).
「西欧中世研究の「文化史的」読解 ーテクスト、言説、主体―」(『思想』1074号、2013年)
「アーカイブズ、アーカイブズ学とは何か」(『九州大学付属図書館研究開発年報』2011/2012、2012年)

4) ひと言
多領域の人たちと建設的な議論ができるような問題関心の広がりと、プロ意識に裏付けされた細かな職人芸の実践の両者を兼ね備えた研究者を目指すとともに、そのような次世代の教育を志している。研究者を目指さずとも、歴史学の実践のなかで身につけたセンスと技術は、人生の様々な場で必ず活用できる大きな財産となるでしょう。ともに歴史学の世界を築いてみませんか。

(リンク)
九州大学教官の研究教育活動等報告書データベース


九州大学大学院人文科学府
西洋史学研究室

〒812-8581
福岡県福岡市東区箱崎6-19-1

TEL 092-642-2386