パソコンで作成したファイルをiPadで開く。

パソコンで作成したファイルをiPadで開く(パソコンとiPadでデータのやり取りをする)方法はいくつかありますが、最も簡単な方法はメールに添付して自分自身に送信することです。

iPad上でメールを受信できない場合は、こちらをご覧ください。

以下の例では、パワーポイントのファイルをメールに添付して自分自身に送信しています。

メールアプリ内で、添付ファイルが以下のように表示されます。添付ファイルを選択すると、ファイルが開きます。

ppt1

 

このままでもファイルの内容を確認することはできますが、パワーポイントのアプリでこのファイルを開いてみましょう。(アプリで開くことでスライドショーでの提示が可能になります。アプリのインストールについてはこちらをご覧ください)

メールアプリから開いた添付ファイルを1回触ると、右上に矢印のついたアイコンが表示されます。

ppt2

右上のアイコンから、他のアプリで開くことが可能です。ここではパワーポイントのアプリを選択します。

ppt3

パワーポイントのアプリで開いたあとは、編集したり、スライドショーで提示することが可能です。