ウェブサイトの公開(FileZilla編)

@litのメールアドレスを持っているかたであれば、だれでもウェブサイト(ホームページ)を公開することが可能です。

メールアドレスが user@lit.kyushu-u.ac.jp の場合、

 http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~user/

がウェブサイトのURLとなります。

公開できるウェブデータの上限は300 MB です。CGIやデータベースの利用をご希望の方は litguide@lit.kyushu-u.ac.jp までご相談ください。

ウェブサイトの作成にAdobe社のDreamweaverをご利用の場合はこちらをご覧ください。Dreamweaverをご利用の場合は、Filezillaを使用する必要はありません。

データ(htmlファイル)のアップロード方法

ウェブサイトのデータを作成する方法はいくつかありますが、例えばホームページビルダーを利用する場合、データそのものを作成することはできますが、当該ソフトに付随する転送機能を使ってファイルをアップロードすることができません。(ホスティングサービスでは、scpまたはsftpに対応したソフトしかご利用いただけません)お手数ですが、別途、以下のFilezillaというソフトをご利用ください。

FileZilla(ファイルジラ)は、WindowsでもMacでも利用可能なフリーソフトです。

FileZillaのサイトからソフトをダウンロードします。

以下の図を参考に、お使いのOSに対応したソフトをダウンロードしてください。FileZilla_Client(注 FileZilla Serverではありません!をダウンロードします。Windowsであれば、win32-setup.exe(32ビット版)またはwin64-setup.exe(64ビット版)を、Macであれば、macosx-x86.app.tar.gz2をダウンロードしてください。

filezilla10

ダウンロードしたファイルを開いて、画面の指示に従ってインストールを済ませてください。

インストールが無事に終了したらFileZillaを立ち上げます。

始めにサイトマネージャーの設定をしましょう。

  1. 新しいサイト」をクリック
  2. ホストを「hosting5.cc.kyushu-u.ac.jp
  3. Protocolを「SFTP
  4. ログオンの種類を「通常」に。ユーザー名(部局のメールアドレス)とパスワードを入力
  5. ポートは空欄、もしくは22

filezilla12b

初めて接続すると、次のような画面が表示されるかもしれません。「常にこのホストを信用し・・・」にチェックを入れてOKを押します。

無事にログインすると次のような画面になります。public_htmlのフォルダを開いてその中にウェブデータを保存してください。

2016-12-12