九州大学哲学研究室
CONTENTS

研究室案内



 哲学することは古来より、驚きや懐疑や不安から始まる。

 しかも驚きや不安をその根源から問い直そうとして哲学する。なぜ私がこの世に生きているのだろうか、なぜ物事は存在していてかえって無ではないのだろうか、なぜ人を殺すのは悪いのだろうか、なぜ科学は環境問題を科学によって解決しようとするのであろうか。哲学的な問いかけは、けっして抽象的な現実離れしたものではなく、むしろ根源的かつ全体的に問うことこそが専門的かつ部分的に問うことよりもいっそう切実で具体的な問い方なのである。
 研究室は、古代ギリシア哲学、中世哲学、及び近代・現代哲学の三つないし四つに大別されるとはいえ、それらは言わば多様にして一と言うべく、根本においては一つの愛智(ピロソピア)、すなわち智(ソピア)を愛し求める営みである。学部生と大学院生の哲学する一つの共同体として哲学研究室は、自由な雰囲気のもとに、それぞれの関心を尊重しつつ、しかも相互の対話・学的な交わりを大切にしている。
 研究室では、哲学することの楽しみと醍醐味を実現するために、次のような仕方で研究や教育を行っている。第一に、哲学の原典を、例えば古代のプラトン、アリストテレス、中世のアウグスティヌス、トマス・アクィナス、近代のデカルト、ヒューム、カント、ヘーゲル、現代のニーチェ、ハイデッガー、ウィトゲンシュタイン、メルロ=ポンティ、レヴィナスなどのテキストを厳密に読み解くこと、第二に、各自の成果を口頭発表や論文の形にまとめて、自由で真剣な討論の場を創っていること、第三に、恒例行事として夏には温泉に浸かりながら二泊三日の九重合宿をしたり、あるいはしばしば深更までシンポジウム(饗宴)をしたりすることである。


研究室紹介

 当研究室では、その名の通り哲学が学ばれています。現在は近現代ドイツ哲学やフランス哲学が盛んではありますが、伝統的なヨーロッパ大陸哲学にとどまらず、英米哲学や分析哲学、論理学や倫理学、美学や政治哲学など、多岐にわたった分野が学ばれています。
 また、当研究室では学部生・大学院生・研究生・聴講生の垣根を設けず、タテとヨコのつながりを重んじた自由で活発な意見交換や議論が行われています。授業以外でも、お茶をお供にした閑話や、食事会・勉強会・宴会・合宿・パーティなど多くの交流の場が設けられ、楽しむ傍ら活発に議論を行い切磋琢磨しながら哲学を学び研究しています。


文学部専攻未決定生(学部1年生)の皆様へ

 「哲学」と耳にして、まず「難しそうだな」と思われることでしょう。哲学書といえば、『純粋理性批判』や『論理哲学論考』だとか、いかにも気難しそうな人が眉間にシワを寄せてウンウン唸りながら読んでいそうなものがよく例に挙がります。確かに哲学書というものは難解なものも多いのですが、哲学において大切なことは書物を繙くことだけに留まりません。古代ギリシアの哲学者が何より「対話」や「問答」を重視していたように、自らの考えを発表したり、質問をしたり、議論したりすることが重要なのです。また加えて、最も有名な思想家の一人であるカントが、「我々は哲学を学びえない、ただ哲学することphilosophierenを学びうるのだ」と語ったように、「哲学」において重要なことは「哲学すること」、即ち、問題を発見し、それについて深く思索することなのです。

 哲学的なテーマは身近なところに意外と多く潜んでいるものです。たとえば、目の前にあるコップはなぜそこに「在る」といえるのだろうか。この「世界」は「自分」という存在無しに説明できるのだろうか。そもそも「自分」という存在は何なのだろうか。では「他者」とは何なのだろうか。そもそも「知る」とはどういうことなのだろうか……。このような「問い」を発見し、それに真摯に向き合っていくことが「哲学すること」の第一歩なのです。

 このような疑問をただ一度でも抱いたことのある方、抱いたことがなくとも物事を深く考えることが好きな方、どの専門分野にも自分のやりたいことを見出だせない方は是非、哲学・哲学史研究室へお越しください。


哲学研究室の学部授業

他専攻には「実習」や「概論」等様々な授業がありますが、哲学・哲学史専攻は「講義」と「演習」の二種類のみで授業が行われています。特に履修制限を設けておらず、他専攻生・他学部生にも開かれた授業が行われています(過去には倫理学専攻、応用言語学専攻、21世紀プログラム、理学部生物学科からの参加者もいらっしゃいました)。詳細な授業内容は、九州大学文学部ホームページ内のシラバスをご覧ください。

講義
一般的な講義スタイルの授業ですが、双方向的なやり取りも行われます。他専攻生や他学部生も多く受講するので、入門的・概論的な内容となります。一般に、成績評価には期末レポートが課されます。

演習
少人数でのゼミ形式・文献購読の授業です。他専攻生や他学部生も受講できます。講義より専門的な内容を扱っています。一般に、テクスト読解の担当箇所が参加者それぞれに割り当てられ、その回の担当者がレジュメ等の原稿を用意して発表し、質疑応答や議論を展開するというスタイルです。成績評価は一般に発表等の平常点で行われます。
特に、金曜日5限目に開講されている演習「アポリア論」は特色ある科目で、研究発表形式で授業が展開されています。各回に割り当てられた担当者が発表を行い、質問者が司会進行と質問を行うというスタイルとなっています。他専攻・他学部・他学府生でも聴講や発表、質問担当が可能ですので、興味をお持ちになった方はお気軽にお問い合わせください。



Copyright (C) 九州大学 哲学・哲学史研究室. All rights reserved.