九州大学哲学会

トップ>過去の哲学論文集
過去の哲学論文集



  
筆者
タイトル
1 山本清幸 無限と世界と個物 ―ニコラウスとライプニッツについての覚え書―
森田良紀 中世思想史におけるパリ大学
本多正昭 道徳行為における finis operantis の役割に関する一考察 ――ラミレの命題を中心として
花田伸久 カント「判断力批判」における趣味判断の普遍的妥当性
伊東斌 プラトン「ソピステス」におけるδυναμι? ―存在の指標としての―
黒積俊夫 純粋理性批判と形而上学の問題
2 副島民雄 アリストテレスにおける『ケノン』の構造
黒田亘 「抽象」について
城戸寛 G・E・ムーアにおける「自然主義的誤謬」
黒積俊夫 カントに於ける「先験的自由」と「実践的自由」
東城国裕 デカルトに於ける「人間学」の試み
3 滝沢克己 ニーチェの仏教観
清水正照 アウグスティーヌスの『ロマ書翰』七、七―廿五の解釈について
末次弘 フォイエルバッハにおける人間学の意図と限界
寺園喜基 カール・バルトの贖罪論における「預言者イエス」の問題
水崎博明 プラトンにおける知識論成立の一断面
 ――名の正しさ(η των ονοματων ορθοτηδ)の問の意味
4 松永雄二 主述関係の成立に関する一考察 ―アリストテレスの場合―
菅豊彦 感覚と言葉 ヴィトゲンシュタインの「哲学研究」二四三節~三一六節を中心に
岩切政和 ハイデッガーにおける「原初的思惟」について
井上義彦 「純粋理性批判」における内感のアポリア ―外感と対比して
上田富美子 実質的実践原理と道徳の問題
森俊洋 プラトンのディアレクティケーについての一考察 ―Rep. VI,VII巻の叙述をめぐって―
5 鬼頭英一 今について
今井直重 プラトンの教育思想
本多正昭 聖アウグスチヌスの神祕主義
渋屋雄一郎 カントの道徳性概念について
佐々木一義 キェルケゴールにおける実存の存在論的基本構造
6 黒田亘 評価と記述
根井康雄 「もの」と「こと」について
伊東斌 プラトン「ゴルギアス」における快楽 ―善考察のための予備的段階―
水崎博明 プラトン『テアイテトス』第一部の問題
 ―156a~157cの奥義(μνστ'ηρια)および158e~160eの感覚=知識論を中心として
杉尾守 ハイデッガー最近の境涯 ―エルアイクニスとその「経験」―
7 森田良紀 力の諸問題 ―ガリレイとベーコンの場合―
津崎幸子 トマス・アクィナスの時間論 ―特に「今を中心に」―
松尾雄二 カントの空間論 ―「絶対空間」から「主観の感性的形式」へ―
井上義彦 カントにおける人格性と自由性に関する一考察 ―自発性の概念を基にして―
岩隈敏 カントにおける理論的領域と実践的領域のパラレリズムについて
瀧澤克己 狭き門 ―ルカ伝一三章二二~三〇節に即して―
8 山本清幸 永遠と永続・永生
武宮諦 「アクラシア」の問題をめぐって ―『ニコマコス倫理学』七巻・三章―
香川豊 カントに於ける「関係的定立」としての可能性と現存在 ―前批判期から批判期へ―
藤井誠 因果律について ―ヒュームとカント
谷口忠顕 ジョン・デューイの探究思考の問題点
岩隈洽子 デカルトの cogito についての一考察
9 稲垣良典 ジェイムスの経験概念
根井康雄 意味と話法行為
伊東斌 『カルミデス』における「知の知」
新名隆明 「感覚」における「判別」と「受動」の問題
 ―アリストテレス『デ・アニマ』巻2章426a~427a14試論
香川豊 カントにおける「叡智的な私の現実存在」について
波多江忠彦 ベルクソンにおける《直接的なもの》―外的知覚の問題をめぐって
10 山崎庸佑 身心問題
根井康雄 固有名の意味
香川豊 カントの第三アンチノミーにおける先験的自由について
甲斐博見 有の真性とハイデガーの思惟 ―「有と時」を読むための準備的な一考察
吉岡修一郎 道徳思想史に見る日本人の科学的創意
11 松永雄二 「知と不知」とをめぐる問題 ―プラトンの初期対話編に則して
水崎博明 プラトンの方法 ―『テアイテトス』143D~151Eの語るもの
山下登 デカルトの『省察』における方法的懐疑について
角隆司 ヘーゲル『精神現象学』における絶対者の問題
清水正照 アイキュロスにおける苦悩と良心 ―『オレステイア』3部作を中心にして
12 増永洋三 義務と目的性 ―道徳における創造の問題
吉田雅章 プラトンに於ける「行為」の問題 ―プラトン前期対話篇の基本的思考を求めて
荒井洋一 アウグスティヌス的な探究の根本構造について ―「それ自体」への追考
荒木正見 ヘーゲル『精神現象学』に於ける「知」の構造
吉岡修一郎 数学的認識と弁証法 ―特に微積分の場合について
13 稲垣良典 習慣の概念について
小林信行 ミメーシスと行為 ―プラトン『国家篇』の場合
荒井洋一 De Magistroにおける真理の内的な光について
村上伸子 パスカル的心情論粗描 ―特に幸福の問題をめぐって
篠原駿一郎 固有名の内に隠されたもの
14 山崎庸佑 ヘーゲルにおける歴史的 ―精神的世界の成立
新名規明 「知の知」と「善悪の知」 ―プラトン『カルミデス』考
上野正二 アウグスティヌスにおける自由意志と予定について
荒木正見 「発生」と「規約」 ―記号類型化の根底
西本恵司 デカルトの道徳説における「内的満足(喜び)」について
田畑博敏 知識と論証体系について ―アリストテレスの「論証知」論とゲーデルの証明に即して
15 松永雄二 「こころ」あるいは「人間の生のかたち」
 ――プラトン『テアイテトス』、『ピレボス』のための一考察――
西本恵司
デカルト『省察』における物体の存在証明
柏田康史
カントの図式論 ――「概念の、対象への関係」の問題
竹元繁
『実践理性批判』における弁証論の意義
佐々木孝洋
ヘーゲル『精神現象学』における「道徳性」について
  ――「共同性」と「自己知」をめぐる問題――
16 細川亮一 弁証法と経験
甲斐博見 「真実を語る」ということ ―『弁明』、「不知の知」の問題性
上野正二 アウグスティヌスにおける罪の形(species)について
金子隆徳 トマスにおける普遍的な認識の問題
相良謙一 ヘーゲル哲学における無限性の概念の考察
本田玄伯 フォイエルバッハにおける我と汝
佐々木, 孝洋 ヘーゲル『精神現象学』における「啓示宗教」について
17 谷隆一郎 「人間で在ること」即ち「アレテーの成立」について ―ニュッサのグレゴリウスの場合
習田達夫 私と存在
伊東斌 分割ということ ―「ソフィステス」を中心
松田健三郎 アウグスティヌスに於ける創造・回心・思惟について
柏田康史 「出来事」の形式と「行為」の形式 ―カント倫理学への一視点
石橋孝明 カントにおける「道徳性の最高原理としての意志の自律」
18 山崎庸佑
超越論的対象と物自体 ――その二――
谷口忠顕
J・デューイの習慣論と道徳的判断の問題
浜渦辰二
フッセルにおける「心身」問題
下村英視
メーヌ・ド・ビラン『思惟の分解論』における能動性の視点
竹内康
カントの空間概念について ――幾何学基礎論――
石橋孝明 カントにおける人格概念
末吉康幸
『精神現象学』における自己吟味の意味について
19 増永洋三 「M・ブロンデルの思惟論(1)」
浜田ひろ子 創作と美 ―プラトンの饗宴篇の構成をめぐる試論
末吉康幸 『精神現象学』に於ける存在への問いの展開
岡本裕一朗 「絶対知」の成立と『精神現象学』の構成
榎津重喜 道徳性と人格 ―シェーラー倫理学の基本構造
20 稲垣良典 観念、スペキエス、ハビトゥス ―スコラ的認識理論の一考察
岩隈敏 概念について・再考 ―『純粋理性批判』の『図式論』を中心にして
下村英視 『方法序説』のコギトと『省察』のコギト
野村邦彦 ソクラテスと、プラトンの『プロタゴラス』における快楽説
新開長英 技術化社会の倫理
相良謙一 『精神現象学』における「意識」に関する試論
21 谷隆一郎 感覚と記憶の問題 ―アウグスティヌスの意志論(その1)
柏田康史 『論理哲学論考』における写像理論と「名」の論理文法
新島龍美 「いつわりの快」について ―プラトン『ピレボス』研究序説
浅田淳一 自我の二重性について
荒木正見 方法への問い ―『円覚経』のコード分析を通じて
22 細川亮一 ハイデガーと形而上学の問題
田中晃 道元禅解釈の一視点 ―「即心是仏」の心について
末吉康幸 真理と自己意識
村田剛一 エピステーメーの問題 ―アリストテレス『分析論後書』を中心に
竹内康 カント『純粋理性批判』原理論における体系表示の問題点
23 松永雄二 内なる正義 ―プラトン『国家』篇の問題
浜渦辰二 他者経験の構造と発生 ―フッサール『デカルト的省察を読み直す』
浅田淳一 内在と超越について ―メーヌ・ド・ビランの実在論に則して
広川明 知覚と因果性
安居誠 明証の構造 ―フッサールの判断論における「自明性」についての考察
24 増永洋三 Le sens de la pratique dans les premiers
榎津重喜 愛の現象学 ―シェーラーにおける道徳と宗教
末吉康幸 道徳法則の認識と意識規定の統一 ―ヘーゲル『国民宗教とキリスト教』の研究
西郷大作 ヘーゲル『大論理学』における無限性の概念
村田剛一 幸福(善)と徳との関わり ―アリストテレス『ニコマコス倫理学』に於ける
天野有 カール・バルトにおける創造論のキリスト論的基礎づけ
 ―《創造と契約》の関係をめぐって
25 九州大学哲学会創立第25周年記念号 「倫理学の基本問題」
稲垣良典
道徳的責務と神
武宮諦
行為と真理
小林信行
美を問うことについて ――あるいは美と倫理のために――
水崎博明
自己のほど ――アリストテレス『ニコマコス倫理学』序論の基礎的理解を求めて――
森俊洋
「人間の善とは何であるか」の問いについて
 ――アリストテレス『ニコマコス倫理学』第一巻の研究――(その一)
甲斐博見
アリストテレスの徳概念について
 ――アリストテレス『ニコマコス倫理学』A巻第13章を中心にして――
谷隆一郎
アレテーの構造をめぐって ――ニュッサのグレゴリオスにおける知と生成の問題――
井上義彦
カント「定言命法」の二重規制的構造
山口意友
カントにおける道徳と宗教
篠原駿一郎
「よい」の論理
荒木正見
行動の動的根拠としての指向性
岡本裕一朗
倫理学のアクチュアリティ ――ポスト・モダン状況における倫理学の可能性――
安居誠
信念と願望の論理 ――ヴィトゲンシュタインの「志向」概念――
竹内康
カントに於ける無限なるものの表象と意識の可変性について
26 山崎庸佑 Selbst und Zeit
水田信 森有正とキルケゴール ―一つの比較論的試み
長友敬一 ヒュポテシス、あるいは想起説の逆照射 ―プラトン『メノン』篇への探究序説
筒井明子 セクストゥス・エムピリコス、『ピュロン主義梗概』I巻1章~14章に於ける<エポケー>に関する一考察  ―「探究」という概念との関わりで
田中磨智 アクラシア(無抑制)と知識 ―『ニコマコス倫理学』第7巻から
井本浩之 プラグマティズムの意味理論とは何か
清水満 シラーの美的観念論
27 稲垣良典 道徳と宗教 ―トマスのレリギオ概念についての一考察
片山寛 ヘーゲルの三位一体論
村田剛一 アリストテレスの「善(幸福)の把握」に関する一考察
 ―『ニコマコス倫理学』1~3巻を手掛かりとして
東谷孝一 「敬虔とは何であるか」の問いをめぐって ―プラトン『エウチュプロン』
矢野太一 トマスにおける神の存在論証と存在の意味
来栖哲明 カント「感性的判断力批判」における英知界と感性界の統一
西郷大作 ヘーゲルとキリスト教
篠原成彦 <規則に従うこと>について ―共同体説の可能性を探る
28 松永雄二 「よく生きること」ということ ―ソクラテス、プラトンの問題
末松壽 『詩学』における悲劇の二重性
奥貞二 アリストテレスの自足性について
清水満 承認論の誕生 ―イエナ期ヘーゲルのフィヒテ受容
又野聡子 アウグスティヌスの初期著作における真理と知 ―いわゆる魂の不死の論証との連関をめぐって
篠原駿一郎 「存在」の論理 ―神は存在するか
29 細川亮一 『存在と時間』における道具的分析の存在論的射程
吉田雅章 『ゴルギアス』篇の「正義」探究
井本浩之 パースにおける普遍の問題
広川明 <行う>ということ ―ヴィトゲンシュタインの意志論
安井誠 心の状態とは何か ―ムーアのパラドックスについて
国越道貴 アリストテレスの定義論における知識と存在 ―『分析論後書』B8~10章
山下尚也 フレーゲと論理主義
30 中畑正志 「ソクラテスのエレンコス」への覚え書き
東谷孝一 徳と知の関わり ―「プロタゴラス」篇試論
長友敬一 徳の一性をめぐる問題 ―『プロタゴラス』篇に則して
大崎晴美 ドゥルーズにおけるスピノザとニ―チェの同一性
 ――哲学における実践と批判の結合の試み
樋口えり子 直接指示論は指標詞を説明するか?
吉田正史 ジェイムズの脳の伝達機能説 ―霊魂の不滅の問題
31 谷隆一郎 自己とペルソナ ―存在の現成のかたちをめぐって
村上学 行為者が見ているものは何か ―アリストテレスにおける行為の三段論法
中本幹生 カントにおける道徳と宗教
竹内康 カント認識論に於ける点と瞬間について
渡部明 The Genesis of Ontology in Early Heidegger
32 円谷裕二 存在と経験 ―カントの超越論的哲学の問題
筒井明子 『メノン』篇に見る「仮説法」適用の意義について ―「徳は知である」を巡って
国越道貴 アリストテレスの目的論における自然と技術の類比について
江本待子 『エミール』考察
浅岡慎一 規則に従うということ
33 納富信留 ものの原初的な現れについて ―プラトン『ティマイオス』篇の現象論
東谷孝一 ロゴスとビオス ―『ソクラテスの弁明』篇研究
吉良ゆかり δια(~のゆえに)とενεκα(~のために)の関わり
 ――プラトン『リュシス』篇におけるφιλειν(愛する)を支えるもの
永嶋哲也 普遍の存在と普遍語の諸特性
 ―Porphyriusの問いへのBoethiusとAbaelardusの解答
徳永有美 J・H・ニューマン『承認の文法』における「承認」の哲学
岡本裕一朗 人間中心主義批判は可能か? ―環境倫理学の哲学的ディスコース
34 細川亮一 歴史としての現象学 ―悟性とプラトン『ソピステス』
玉井良和 超越論的反省と超越論的観念論 ―カント的な「内と外」についての考察
中本幹生 趣味判断の演繹
新名隆志 超人の幸福における永遠回帰の肯定
渡部明 人工妊娠中絶問題の倫理的検討
岩切政和 フランクルの人間観と社会福祉の原理
35 円谷裕二 メルロ=ポンティにおける知覚の弁証法と偶然性の問題
村田貴信 <超越論的>対象の二義性と「批判」 ―「超越論的」と「ア・プリオリな総合」
川谷茂樹 「われわれ」の有限性 ―『純粋理性批判』「感性論」に定位して
西川小百合 趣味判断の根拠
李慶愛 内村鑑三の贖罪論 ―『ロマ書の研究』における「義」と「信仰」
荒木正見 『歎異抄』にける「親」 ―比較論的考察
36 谷隆一郎 時間と生、その現存の場に
浅田淳一 ルソ―の思想体系に於ける『社会契約論』の位置づけについて
国越道貴 目的論と自然選択説 ―アリストテレスの生物学への一視点
浅岡慎一 アスペクト問題と意志の関係 ―『哲学探究』と『心理学の哲学』の異同について
吉田一人 ニーチェの「パースペクティブ主義」について
浜渦辰二 対話の現象学にむけて―現象学の可能性をめぐって
37 奥野満里子 功利主義とカント倫理学との「対立」について
黒積俊夫 「立ち現れ」概念導入の試み―カントの経験理論の完成のために
新島龍美 アクラシアとプロネーシス(1)
高岸明日香 アウグスティヌスにおける悪の問題 ―imago Deiからの頽落
林大悟 規則をめぐるヴィトゲンシュタインのパラドクス
東司昌子 鉛の思想から黄金の思想へ ―錬金術師ツァラトゥストラ
渡辺貴史 『社会契約論』における習俗の役割について
38 菊地惠善 現実性の根拠について
小林信行 プラトン文学論のための覚え書き
東谷孝一 想起と魂 ―プラトン『メノン』篇への一つのアプローチ
西川小百合 カントにおける道徳的判断力について
川谷茂樹 「道徳法則」とはなにか
釜堀幸 ベルクソンの哲学に関する予備的考察 ――認識の方法としての直観
樋渡河 メルロ=ポンティにおける現象の弁証法について
Florian Neumann Zur kokutai―Ideologie nach dem Erstens Weltkrieg
39 根井豊 新情念論序説
宮島麿 『観経疏』(散善義)のける「抑止門」釈をめぐって―善導から親鸞へ
半野智子 『パイロドス』篇における恋の考察 ――「神的な節制」としての恋について
江本待子 『新エロイーズ』における人間と市民 ――その統一の試みの挫折
稲益達郎 ショーペンハウアー ――意志の非実体的解釈
佐藤真紀 音楽における時間性 ――演奏の視点から
久保田実生 ロールズとノージック ――社会正義と自然資産の分配をめぐって
渡辺貴史 La structure dela formation des citoyenes selon Rousseau
40
細川亮一
没落と大いなる午後
森泰男
アウグスティヌス『真の宗教』における「真」と「信」
新名隆史
運動の原理としての力への意志 ――ニーチェの生物主義――
田畑博敏
フレーゲ論理主義の可能性
渡部明
電子ネットワーク時代の「私的」所有 ――「所有」概念の情報倫理的考察――
崔炳一 初期植村正久における弁証法的神学思想
菅豊彦
ヒュームの正義論



41

鏑木政彦 自己省察の多元主義 ――ウィリアム・ジェイムズ『信ずる意志』解釈の試み
林大悟 ウィトゲンシュタインにおける論理空間
山下通 メルロ=ポンティにおける他者問題 ――他者経験の基盤としての共同性――
田中美穂 奥行、色彩、形態 ――メルロ=ポンティの絵画論に関する一考察――
森俊洋 愛することと知ること ――アリストテレスのピリア論読解の試み(その1)――




42
円谷裕二 間接的方法としての内部存在論 ――後期メルロ=ポンティの方法論――
澁村美貴子 愛の成立と自己の成立 ――アウグスティヌスにおける真理と自己の探求
来栖哲明 カント『実践理性批判』における神の現存在の要請について
釜堀幸 「身体」の時間性 ――『物質と記憶』における身体の射程について――
高瀬啓介 ジル・ドゥルーズの個体化について
古賀徹 コンポーネントとしての哲学
長友敬一 理性としての感情 ――プラトン『国家』篇での魂の三区分説に関して――
43
谷隆一郎 「在ること」と「善く在ること」とのダイナミズム――脱自的経験から、その根拠へ――
菅豊彦 アリストテレスのエウダイモニアについて
石橋孝明 カント『教育学』の基本構造
寺田篤史 ベンサム功利主義における権利と幸福
吉田一人 テキスト解釈とパースペクティヴ主義
樋渡河 メルロ=ポンティにおける存在の裂開について
山下通 線と表現 ――メルロ=ポンティにおける幼児のデッサンと表現の意義――
浅田淳一 「孤独な散歩者」とルソーの体系
44
甲斐博見 ソクラテスとプラトンの間柄について
 ――姉妹篇としての『ソクラテスの弁明』と『クリトン』――
筒井明子 二つの「死」とその克服への道 ――ボエティウス『哲学の慰め』を中心に――
重松順二 理念の超越論的演繹とは何か ――『純粋理性批判』における世界と神の関係――
西山法宏 カント倫理学のルソー受容問題
黒積俊夫 経験理論としての大森哲学
片山寛 神学の言葉、神学の場所 ――エーリッヒ・プシュワラとアナロギア・エンティス――
新島龍美 『大道徳学』における「ホルメー」概念 ――脱―述語化の一つの試み――
45
菊地惠善 時間の始まりについて ――死と他者――
渡辺貴史 ルソーの良心論における良心の不可謬性について
脇崇晴 清沢満之における至誠の心
劉晏宏 儒家思想家としての粱啓超
山口誠 行為と記述 ――アンスコムにおける意志行為をめぐって――
樋渡河 メルロ=ポンティの真理論 ――身体性・時間性・合理性――
46
吉原雅子
ストローソンによる自由と責任の両立論について
重松順二
『純粋理性批判』における超越論的誤謬推理について
 ――見せかけの推理と正当な推理の区別をめぐって――
西山法宏
定言命法の自然法則の方式
山下通
メルロ=ポンティ政治哲学における歴史の意味と偶然性の問題
根井豊
状況と行為
47
岩田圭一
アリストテレスのメガラ派批判と「可能性」の概念
菅豊彦
アリストテレスにおける思考と行為 ――アレテーとプロネーシスの関係について――
重松順二
『純粋理性批判』における感性と統覚の両義的関係
 ――超越論的観念論における知覚判断の可能性をめぐって――
朴修範
『純粋理性批判』における触発の概念
廣田智子
『存在と時間』における真理概念について
山下通
非―政治的なものとしての政治哲学
 ――メルロ=ポンティの政治哲学的転回をめぐって――
篠原成彦
クリプケンシュタインのパラドクス再訪 ――自然主義的観点から――
48
根井豊
意味と無意味
筒井明子
『哲学の慰め』における「存在」と「善」への一視点 ―「神への回帰」―
朴修範
『純粋理性批判』における超越論的客観の概念
井上春樹
カントの経験理論における知覚判断の位置づけ
中本幹生
ショーペンハウアーにおける美と有機体論 ―カント『判断力批判』との関わり―
山口誠
意味することと指し示すこと ―発語内行為における確定記述の指示的用法の問題―
渡辺貴史
予防原則の有効性について
 ―環境保護活動において人間の無知をどのように考慮に入れるか―
渡部明
道徳教育と倫理学
49
鏑木政彦
詩人の宗教・教養の国家 ―エマソンのアメリカ―
酒井健太朗
名目的定義と部分的定義 ―アリストテレス『分析論後書』における探求論―
ムフタル・アブドゥラフマン
『幸福を与える智慧』における国家論 ―ウイグル哲学の頂点における理想的国家像―
満井頌城
形象的綜合とは何か:カント理論哲学における概念の描出について
山下通
統一的言説の幻想 ―J=F・リオタールによるメルロ=ポンティ批判―
中本幹生
自然と人間の関係を問う ―機械論的自然観、自然の権利、自然崇拝の三つのモデルに即して―
浜渦辰二
ケアの現象学にむけて ―現象学の可能性をめぐって(二)―
倉田剛
コンティニュアント/オカーレントの形式的存在論とその応用について
永島哲也
中世普遍論争再訪 ―中世唯名論者は何が存在しないと言っているか
50
ムフタル・アブドゥラフマン
ファーラービーにおける理想的国家論―ウイグル哲学におけるギリシア哲学の受容―
廣田智子
現存在の開示性を「真理」といえるか?
ディオゴ・セザール・ポルト・ダ・シルバ
「いき」の外延的構造と風流―ニーチェ哲学を手懸りとして―
古賀徹
哲学と教育について―ヴィーコの「創発力」をめぐって―
藤田尚志
ソフィストの力―大学における哲学教育に関する若干の考察―
創立五十周年記念論文 「今、哲学とは」
岩田圭一
アリストテレスの魂論における自己認識の可能性
川谷茂樹
「徳福一致」という「嘘」
荒井洋一
トマス・アクィナス『神学大全』の残照を受けて
新名隆志
遊戯とユーモア―ニーチェの幸福論と現代心理学―
●記念号に寄せて
稲垣良典
挫折から実りへ
寺園喜基
『カール・バルト 滝沢克己書簡集』について



Copyright (C) The Kyushu-Daigaku Tetsugakukai. All rights reserved.