文学部 人文学科 人間科学コース
地理学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年: 2年生 3年生 4年生
対象学部等:
地理学講義 V
Geography (Lecture V)
講義題目  社会地理学研究の歩み
教授 遠城 明雄
科目ナンバリングコード: LET-HUM2745J
講義コード: 16055107
2016 前期
毎週 金曜2限
箱崎 305 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要  この授業では、第二次世界大戦以降の「社会地理学」と呼ばれる分野の研究の展開を考えてみたいと思います。社会地理学は大雑把に言えば、「社会」と「空間」、「場所」、「自然」との関係という視点から、さまざまな社会現象や社会問題を分析する研究分野と言えます。この授業では特にフランス語圏の社会地理学研究を対象として、どのような視点から社会が分析、理解されてきたのか、を検討していきたいと思います。

( This course provides an overview of basic perspectives and concepts of social geography in France. Attention will be paid to the relationships between the social and the spatial,and ths spatial dimension of societies. )
キーワード : 社会、空間、領域
履修条件 : 特になし
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : なし
参考書 : 授業中に指示します。
授業資料 : 毎回、プリントを配付する予定です。

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 授業全体の概要
2 フランス地理学の基本的枠組
3 1960年代後半までの「社会地理学」の展開
4 1968年の影響
5 1980年代以降の新たな展開
6 社会的・空間的不均等をめぐって

授業以外での学習に当たって :
学習相談 : 適宜、受け付けます。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-e [現代世界の理解]
近現代世界の社会問題を分析する視点を獲得することができる。
社会地理学の基本的視点や概念を用いて、近現代世界の形成過程や諸問題を批判的に分析することができる。 社会地理学の基本的視点や概念を用いて、近現代世界の諸問題を批判的に指摘することができる。 社会地理学の基本的視点や概念を用いて、近現代世界の諸問題を理解することができる。 社会地理学の基本的視点を用いて、近現代世界の諸問題を理解することができる。
B_B1-d [専門的研究手法]
専門分野に固有の問題構制や研究手法を身に付けることができる。
社会地理学の基本的視点や概念の展開について、その社会的背景を踏まえて、批判的に評価することができる。 社会地理学の基本的視点や概念の展開について、批判的に評価することができる。 社会地理学の基本的視点や概念の展開について理解することができる。 社会地理学の基本的視点について理解することができる。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-e
[現代世界の理解]
B_B1-d
[専門的研究手法]
備考(欠格条件、割合等)
レポート 90%ほど。
出席 10%ほど。

成績評価基準に関わる補足事項 : 授業期間中に基本的事項の理解を試すレポート(複数回)を、また学期末に全体の事項に関わるまとめのレポートを、それぞれ提出してもらいます。
その他 その他 :

教職 : 教職(社会)(地理歴史)
資格 :

更新日 : 2016/2/29 (14:59)