文学部 人文学科 人間科学コース
地理学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
地理学講義 VI
Geography (Lecture VI)
講義題目  文化地理学の視角から地域をまなざす
明治大学文学部 教授 大城 直樹
科目ナンバリングコード: LET-HUM2746J
講義コード: 16057010
2016 後期
集中
箱崎 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 およそ以下の通りに進めていく予定である(随時変更はありうる。一つのトピックを複数回で扱うことが多いので,このすべてを網羅するものではない)。

1 講義の文脈説明
2 集落立地と生活様式を地誌的に理解する
3 村落景観を読む
4 1980年代後半の人文地理学における文化論的転回
5 場所感覚とは何か?
6 フィールドと原稿の間−writingの政治性について−
7 地理思想における地域的文脈の理解−風水思想を例に−
8 フーコーと「まなざし」
9 ナショナリズムと民俗地理
10 地域表象と言説状況−沖縄の事例−
11 テクストとしての絵図
12 「場所の力」の理解へむけて
13 地理学と社会学―折衝の第二ラウンド?
14 地域アイデンティティと歴史意識の交錯と変容
15 アイデンティティの脱=文脈化と再=文脈化−沖縄系ハワイ移民を例に−

()
キーワード : 場所 景観 アイデンティティ 地域意識 文化地理学
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-a [人文学の視座の理解]
地理学を通じて広い意味での「文化」とは何かを学ぶ
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-a
[人文学の視座の理解]
備考(欠格条件、割合等)

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 :
資格 :

更新日 : 2016/2/16 (11:36)