文学部 人文学科 歴史学コース
東洋史学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
東洋史学講義 X
East Asian History (Lecture X)
講義題目  陶磁考古学ー近世肥前磁器の生産と流通を中心にー
長崎大学多文化社会学部 教授 野上 建紀
科目ナンバリングコード: LET-HUM3344J
講義コード:
2018 後期
集中
伊都 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 近世の肥前磁器の生産と流通を理解しながら、考古学的な遺物の見方と推察力を養うことをねらいとする。窯跡から大量に発見された失敗品としての陶磁器片、海上交易の痕跡として海底に残された陶磁器片、都市遺跡の地下に生活廃棄物として埋もれた陶磁器片を用いて、近世の「陶磁の道」と「陶磁のライフヒストリー」を考古学的に復元する。

(This course examines production and trade of ceramics from mainly archaeological material excavated from kiln sites, shipwreck sites and urban city sites.)
キーワード : 近世考古学、陶磁器、海上交易、窯、沈没船
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : テキストは指定しない。授業プリントを使用。
参考書 : 『陶磁の道』(三上次男1969、岩波書店)
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 授業のオリエンテーション(講義全体の内容や取り組み方などを説明する。)
2 「陶磁の道」研究概論1(海を介した文化交流の概要を説明する。)
3 「陶磁の道」研究概論2(海を介した文化交流の概要を説明する。)
4 生産地研究(窯跡調査、窯構造からみるアジアの製陶技術交流)
5 水中考古学概論(「陶磁の道」研究において重要な位置にある沈没船研究の方法論を紹介する。)
6 沈没船に見る陶磁器貿易(実際の沈没船資料から当時の陶磁器貿易のあり方を考える。)
7 肥前磁器の生産と流通1(肥前磁器の誕生と発展)
8 肥前磁器の生産と流通2(磁器生産の本格化)
9 肥前磁器の生産と流通3(東アジア情勢と海外輸出)
10 肥前磁器の生産と流通4(展海令と国内市場開拓)
11 肥前磁器の生産と流通5(国内流通)
12 アジア・ヨーロッパに渡った肥前磁器
13 アメリカ大陸に渡った肥前磁器(1)ガレオン貿易と肥前磁器
14 アメリカ大陸に渡った肥前磁器(2)ラテンアメリカに渡った肥前磁器
15 陶磁器からみた文化交流(総括)

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-a [人文学の視座の理解]
人文学の基礎知識を踏まえて、現代人文学の視座の特質を理解できる。
物質資料からみる過去の人間社会の様相を多角的な視座から復元理解することができる。 物質資料からみる過去の人間社会の様相を復元的に理解することができる。 物質資料からみる過去の人間社会の様相を理解することができる。 物質資料からみる人間社会の様相について理解が不十分である。
B_B1-d [専門的研究手法]
専門分野に固有の問題設定や研究手法を正しく身に付けることができる。
陶磁器研究において状況に応じた考古学的研究方法を十分に理解している。 陶磁器における考古学的研究方法を理解している。 陶磁器における考古学的研究方法を知識として有する。 陶磁器における考古学的研究方法について理解が不十分である。
B_B1-e [専門資料の分析]
専門分野で必要な史資料や文献を収集、分析して、その内容を自分の言葉で精確に表現できる。
陶磁考古学で必要な文献や考古資料を収集、分析して、その内容を自分の言葉で精確に表現できる。 陶磁考古学で必要な文献や考古資料を収集、分析することができる。 陶磁考古学で必要な文献や考古資料を説明できる。 陶磁考古学で必要な文献や考古資料に関する知識が不十分である。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-a
[人文学の視座の理解]
B_B1-d
[専門的研究手法]
B_B1-e
[専門資料の分析]
備考(欠格条件、割合等)
期末試験
レポート

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 : 教職(社会)(地理歴史)
資格 :

更新日 : 2018/3/28 (14:49)