文学部 人文学科 歴史学コース
朝鮮史学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
朝鮮史学講義 IV
Korean History (Lecture IV)
講義題目  高麗後期(12~14世紀)の国家と社会(1)
教授 森平 雅彦
科目ナンバリングコード: LET-HUM3362J
講義コード: 18055105
2018 前期
毎週 金曜2限
伊都 交流@ 教室
M/J科目 (日本語, 古典漢文)
授業の概要 高麗時代(918〜1392)のうち後半期の国家と社会を概観します。
今学期はそのなかでも12〜13世紀の武臣執権期をとりあげます。朝鮮史上まれにみる軍事政権の時代であり、かつ朝鮮半島がモンゴル帝国の膨張というユーラシア規模の大波にまきこまれる時代でもあります。
高麗前期(10〜12世紀)の歴史も冒頭で簡略に紹介します。
高麗王朝は現在の韓国・朝鮮を指すKoreaに名残を留めていることが象徴するように、現代における韓国・朝鮮という民族・境域の原型が出来上がってくる重要な時代です。
しかし相対的に史料が少なく、古代や朝鮮時代と異なり日本との公的関係も希薄なため、日本ではその実像があまり知られておらず、本場韓国でも最も印象の薄い時代です。
この授業では高麗時代の政治・社会・経済・文化の各方面を全体的に見渡していきますが、年表的知識の羅列が目的ではなく、その個性・特質を浮き彫りにすることに主眼をおきます。
ですので、1学期受講するだけでも、「中国や日本とは違うんだな」というところを理解してもらえれば、授業の目的は達成されたことになります。

(This lecture course focuses on history of the late Goryeo period, especially in the 12th and 13th centuries.)
キーワード :
履修条件 : 後期の朝鮮史学講義Tとあわせて受講すると、理解がより深まるでしょう
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 : ・田中俊明編『朝鮮の歴史』昭和堂、2008年(2015年の最新版をみること)
・李成市ほか編『世界歴史大系 朝鮮史1』山川出版社、2017年
・個別のトピックスについては授業のなかで紹介します
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 ガイダンス(初回授業は4月20日)
2 高麗前期史の概説
3 初期の執権武臣:鄭仲夫・慶大升・李義旼
4 崔氏政権の誕生
5 民衆反乱の拡大
6 モンゴル帝国の侵略
7 モンゴルとの講和と武臣政権の崩壊
8 モンゴルの日本侵略と高麗の対応

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_B2-a [総合把握力]
高麗史の流れと特質にういて、十分に理解している。 高麗史の流れと特質にういて、理解している。 高麗史の流れと特質にういて、おおむね理解している。 高麗史の流れと特質にういて、ある程度理解している。
B_A-d [資料の理解]
史資料・文献・作品の分析と解釈、および実地調査などに基づいて、世界における文化・歴史・社会の多様性と共通性を理解し説明できる。
高麗史の史料について、十分に理解している、 高麗史の史料について、理解している。 高麗史の史料について、おおむね理解している。 高麗史の史料について、ある程度理解している。
B_A-b [アプローチの理解]
専門分野の基礎知識に基づいて、人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解できる。
高麗史の史料にもとづく立論について、十分に理解している。 高麗史の史料にもとづく立論について、理解している。 高麗史の史料にもとづく立論について、おおむね理解している。 高麗史の史料にもとづく立論について、ある程度理解している。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_B2-a
[総合把握力]
B_A-d
[資料の理解]
B_A-b
[アプローチの理解]
備考(欠格条件、割合等)
出席 3割
レポート 7割

成績評価基準に関わる補足事項 : 下記のケースは欠席として扱います
・開始約30分後に出席カードを配り終えるまでに入室していない場合
・他の授業、サークル・部活等による欠席(公欠要件は原則的に本学所定の範囲で。教育実習については考慮します。その他就活関係は内容により応相談)

【期末レポート課題】
下記の論題@〜Dから1つを選び、授業をふまえて内容を要約し、これに対する自分の意見・感想を述べてください。

字数:2000字程度。字数以外のフォーマットは自由。
提出方法:PDFファイルを教員にメール送信(morihira*lit.kyushu-u.ac.jp)。*は半角の@に変更してください。
期日:第2期提出日(9月3日)

@武臣権力者による奪権抗争の展開過程と性格
A武臣権力者の政権運営手法とその特色・背景
B武臣執権期における民乱の内容・特徴・意義
C高麗の対モンゴル戦争の内容・特徴
D高麗武臣政権に対する歴史的意義の評価に関する問題性
その他 その他 :

教職 :
資格 :

更新日 : 2018/10/25 (10:22)