文学部 人文学科 歴史学コース
考古学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
考古学講義 X
Archaeology (Lecture X)
講義題目  遺跡出土人骨から過去の社会を復元する
比較社会文化研究院 専任講師 舟橋 京子
科目ナンバリングコード: LET-HUM3418J
講義コード:
2018 後期
毎週 火曜4限
伊都 D-107 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 本講義では、遺跡出土人骨を対象とし、人骨そのものや出土状況などの考古学的情報からどのようなことが明らかにしうるかという点に関し、方法論および最新の研究成果に関する知識の習得を目指す。
遺跡出土人骨を用いた研究には、人そのものについて研究する形質人類学と人が作り上げた社会や儀礼について研究する人骨考古学がある。本稿においてはそれぞれの研究成果に関して言及する。

()
キーワード : 古人骨、考古学、形質人類学、遺跡
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 ガイダンス1
2 ガイダンス2:人骨から得られる基礎データ その他
3 形質人類学@日本人起源論
4 形質人類学A日本人起源論における学内研究者の成果
5 形質人類学B人骨の形態からわかること
6 形質人類学C人骨の破壊分析からわかること
7 人骨考古学@人骨の出土状況から何が判るか?
8 人骨考古学A親族関係論
9 人骨考古学B社会集団論
10 人骨考古学C葬送儀礼
11 人骨考古学D断体儀礼
12 人骨考古学E通過儀礼
13 人骨考古学F学融合研究の最前線 その他
14 人骨考古学G学融合研究の最前線2
15 レポート その他

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-a [人文学の視座の理解]
人文学の基礎知識を踏まえて、現代人文学の視座の特質を理解できる。
B_A-d [資料の理解]
史資料・文献・作品の分析と解釈、および実地調査などに基づいて、世界における文化・歴史・社会の多様性と共通性を理解し説明できる。
B_B1-g [論理的思考能力]
文献などの収集能力およびフィールドや実験などの研究能力と、それを系統立てて整理する論理的思考能力を、各研究分野と中等高等教育分野のほか、様々な職種へ活用できる。
B_B2-d [専門的思考方法]
専門分野の内容に関する深い理解と、学問固有の思考方法を獲得する。
B_B2-a [総合把握力]
知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付ける。
B_C-d [興味関心の幅広さ]
専門分野のみならず、幅広い知識と教養を身に付けようとする意欲を持つ。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-a
[人文学の視座の理解]
B_A-d
[資料の理解]
B_B1-g
[論理的思考能力]
B_B2-d
[専門的思考方法]
B_B2-a
[総合把握力]
B_C-d
[興味関心の幅広さ]
備考(欠格条件、割合等)

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 :
資格 :

更新日 : 2018/10/2 (10:36)