文学部 人文学科 歴史学コース
考古学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年: 2年生以上
対象学部等:
考古学演習 VII
Archaeology (Seminar VII)
講義題目  考古学研究の基礎
教授 宮本 一夫
科目ナンバリングコード: LET-HUM3415J
講義コード: 18051103
2018 前期
毎週 月曜2限
伊都 209 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 個別の遺物を対象としながら、その考古資料の時期、産地、特色、考古学的な意味などについて受講生が発表することにより、考古資料の特質を学ぶ。また、考古資料はどのように研究されるかを学ぶ。

(In this course students learn the particularity of archeological materials, giving the presentation about the period, product place, quality and the archaeological meaning of the artifacts. And they learn how to study the archaeological materials.)
キーワード :
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 各回、実際の遺物観察に基づいて2名による発表を行い、参加者全員で議論する。
2 轟貝塚出土縄文土器、指宿遺跡出土縄文土器
3 宇木汲田遺跡出土脚付浅鉢、有田遺跡出土刻目突帯文土器深鉢
4 板付遺跡出土石包丁、立岩遺跡出土石戈
5 須玖岡本遺跡出土銅剣、伝甘木出土銅戈
6 東菰田遺跡出土壺、原の辻遺跡出土粘土帯土器
7 岡垣出土銅剣、本松原遺跡出土鉄矛
8 板付遺跡出土袋状口縁壺、免田式土器
9 藤崎遺跡出土方格規矩鏡、山隈窯跡出土須恵器
10 琵琶隈古墳出土鏡、山ノ神古墳出土鉄斧
11 岩戸山出土形象埴輪、箕田丸山古墳出土鉄矛
12 春日市昇町遺跡出土須恵器高坏、花見山古墳出土銅椀
13 鴻臚館出土軒瓦、博多湾出土輸入陶磁器

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_B1-d [専門的研究手法]
専門分野に固有の問題設定や研究手法を正しく身に付けることができる。
専門的研究手法が正しく理解され、それが応用されている。 専門的研究手法が正しく理解されている。 専門的研究手法が一定程度理解されている 専門的研究手法が理解されていない。
B_B1-e [専門資料の分析]
専門分野で必要な史資料や文献を収集、分析して、その内容を自分の言葉で精確に表現できる。
専門資料の分析によって一定の成果が上がっている 専門資料の分析を行っている。 専門資料の分析を試みようとしている。 専門資料の分析を行っていない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_B1-d
[専門的研究手法]
B_B1-e
[専門資料の分析]
備考(欠格条件、割合等)

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 : 教職(社会)(地理歴史)
資格 :

更新日 : 2018/4/5 (15:23)