文学部 人文学科 歴史学コース
西洋史学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択必修科目
対象学年:
対象学部等:
ヨーロッパ史学講義 VI
European History (Lecture VI)
講義題目  西欧における書簡実践と書簡資料
教授 岡崎 敦
科目ナンバリングコード: LET-HUM2446J
講義コード: 18055203
2018 前期
毎週 金曜3限
伊都 202 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要  西欧における書簡実践、書簡資料について、最近の研究動向を整理するとともに、具体例を研究する。
 書簡実践あるいは資料は、一見すると自明に見えるが、歴史的にも現在においても、複雑で、状況や「文化」依存的な現象である。前近代社会における書簡のやりとりは、実際には蝋版を使者がやりとりするものや、端的には一輪の花や枝に和歌を付しただけのものでもありえる。他方、現在伝来する書簡資料の大半は、実は後世別の理由から編纂されたもので、むしろ往復書簡集などのかたちをとった著作物のケースも珍しくない。また、膨大な数作成された書簡作成術、書式集所収の書簡資料の大半は、まったくの創作か、あるいは大きく手が加わったものでしかない。書簡行為としての最大公約数的な理解は、特定の発給者と受給者の間のなんらかのメッセージの伝達であるが、そこで重要なのは、内容ではなく、作法にしたがって書簡行為を行うこと自体ともいえる。社会的拘束のもとでの「自己」の「演出」という意味では、典型的な「エゴ=ドキュメント」ともいえる。
 この授業では、書簡実践および書簡行為について、近年の研究動向を紹介し、問題関心と方法論の主要な論点を整理するとともに、特定の書簡資料、および文章作成術を検討する。

(This course provides an in-depth examination of specific aspects of European History. The course particularly touches on relevant topics on the Epistolary situations, documents and practices.)
キーワード : 西洋史、書簡、実践、史料研究
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 : 授業中に参考文献目録を配布する。
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 序論
2 1.書簡研究の現在
3 2.文芸書簡の諸問題
4 3.文書としての書簡
5 4.書簡集、書簡作成術
6 5.具体例の研究
7 おわりに

授業以外での学習に当たって :
学習相談 : オフィスアワーの他、個別のランデブ(要事前予約)によって対応する。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-a [人文学の視座の理解]
人文学の基礎知識を踏まえて、現代人文学の視座の特質を理解できる。
人文学の基礎知識を踏まえて、現代人文学の視座の特質を理解できる。 人文学の基礎知識を踏まえて、現代人文学の視座の特質をある程度理解できる。 人文学の基礎知識を持つ。 人文学の基礎知識に不足する。
B_B1-g [論理的思考能力]
文献などの収集能力およびフィールドや実験などの研究能力と、それを系統立てて整理する論理的思考能力を、各研究分野と中等高等教育分野のほか、様々な職種へ活用できる。
研究の理論的、実証的聖香に関する論理的思考能力を備えた上で、各研究分野と中等高等教育分野のほか、様々な職種へ活用できる。 研究の理論的、実証的聖香に関する論理的思考能力を備えた上で、各研究分野と中等高等教育分野のほか、様々な職種へある程度活用できる。 研究の理論的、実証的聖香に関する論理的思考能力を備えている。 研究の理論的、実証的聖香に関する論理的思考能力を備えていない。
B_B2-a [総合把握力]
知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付ける。
知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付ける。 知識を総合的かつ有機的に把握する能力をある程度身に付ける。 知識を総合的かつ有機的に把握することの重要性を理解できる。 知識を総合的かつ有機的に把握することの重要性を理解できない。
B_C-d [興味関心の幅広さ]
専門分野のみならず、幅広い知識と教養を身に付けようとする意欲を持つ。
専門分野のみならず、幅広い知識と教養を身に付けようとする意欲を持つ。 専門分野のみならず、幅広い知識と教養を身に付けようとする意欲をある程度持つ。 専門分野のみならず、幅広い知識と教養を身に付けることの重要性を理解する。 専門分野のみならず、幅広い知識と教養を身に付けることの重要性を理解できない
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-a
[人文学の視座の理解]
B_B1-g
[論理的思考能力]
B_B2-a
[総合把握力]
B_C-d
[興味関心の幅広さ]
備考(欠格条件、割合等)
期末試験 100

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 : この科目は、平成27年度以前入学者には、旧課程科目「ヨーロッパ現代史講義」の読み替え授業として開講される。当該の旧課程科目をすでに履修している学生は、この授業は単位を修得することができないので、注意すること。

この科目はEU研究ディプロマプログラム(EU-DPs)開講科目です。同プログラムについて、詳しくは以下のサイトをご参照ください。http://eu.kyushu-u.ac.jp/indexjp.html

教職 : 教職(社会)(地理歴史)
資格 :

更新日 : 2018/3/8 (16:10)