文学部 人文学科 文学コース
仏文学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
専攻必修科目
対象学年: 「2年生 3年生 4年生」
対象学部等:
フランス文学講義 IV
French Literature (Lecture IV)
講義題目  Fonctions du poète et de la poésie dans "Les Châtiments" et "Les Contemplations" de Victor Hugo
外国人教師 Charlene CLONTS
科目ナンバリングコード: LET-HUM2664J
講義コード:
2018 後期
毎週 木曜3限
伊都 仏文演 教室
M科目 (French, French)
授業の概要 Grâce à une sélection de textes du monument littéraire que constitue Victor Hugo, il s’agira d’étudier la poésie lyrique et son évolution depuis les Châtiments jusqu’aux Contemplations. Après une contextualisation historique au travers de l’analyse de caricatures, on évoquera la fonction du poète et de la poésie, tout en s’appuyant sur des comparaisons avec de grandes formes poétiques occidentales (épopée, fable…). On étudiera aussi la place du lyrisme dans les deux recueils. L’évocation de soi en poésie sera enfin mise en perspective au travers des siècles avec des textes de Corneille, Rimbaud, Baudelaire et Roubaud.

(A broad selection of texts from Victor Hugo’s works will allow the students to access the creative mind of the hugely acclaimed poet that is Victor Hugo. We shall focus on the evolution of the lyrical poetry from the publication of Les Châtiments until the publication of the Contemplations. Different caricatures will help to better understand the text in its historical context. We will concentrate on the role the poet has in society, as well as the importance of poetry. Other forms of poetic expression - fables, epic poems - will be taken into account to provide for a wide range of study material. Texts shall be studied from a chronological perspective so as to provide for a broader spectrum in understanding the texts in their time, and also one focus will be on the means of expression – the “I” – and evolution of the subjective poetry in time: Corneille, Rimbaud, Baudelaire and Roubaud.)
キーワード :
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : 授業の際にプリントを配布する。
参考書 : 授業中に指示する。
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1                         演習                 

授業以外での学習に当たって :                         
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_B1-c [外国語運用能力]
外国語の運用能力を高め、自らの専門的知識を世界に向って発信できる。
文法の理解度や語彙の豊富さにおいてかなり優れており,構文の理解力が秀でている。 文法の理解度や語彙の豊富さにおいて優れており,構文の理解力も十分に備えている。 文法の理解度や語彙の豊富さにおいて相応のレベルに達しており,構文の理解力もそれなりに有している。 文法の理解度や語彙の豊富さにおいて未だ十分ではなく,構文の理解力も劣っている。
B_B1-b [専門文献の解釈]
文学テクストを正しく読解できる。
テキストの正確な読み取りにもとづき,他の文献を参照しながら,内容について自らの解釈を述べることができる。 テキストの正確な読み取りにもとづき,内容について自らの解釈を述べることができる。 テキストを正しく読み解くことが出来る。 テクストの読解が充分にできない。
B_A-b [アプローチの理解]
文学テクストの読解における方法論を習得する。
文学作品の考察を何らかの方法論にもとづき,批判的に行うことができる。 文学作品の考察を何らかの方法論にもとづき行うことができる。 文学作品の考察に必要とされる基本的な方法論について理解している。 文学作品を考察するうえでのアプローチが分からない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_B1-c
[外国語運用能力]
B_B1-b
[専門文献の解釈]
B_A-b
[アプローチの理解]
備考(欠格条件、割合等)
授業への貢献度
小テスト

成績評価基準に関わる補足事項 : 欠席4回以上は受講資格を失う。
その他 その他 :

教職 : 教職(フランス語)
資格 :

更新日 : 2018/3/15 (12:54)