文学部 人文学科 人間科学コース
言語学・応用言語学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等: 専攻学生に限る
言語学・応用言語学講義 IX
Linguistics and Applied Linguistics (Lecture IX)
講義題目  音声学道場(2年向け)/フィールド道場(3年向け)
准教授 下地 理則
科目ナンバリングコード: LET-HUM2719J
講義コード: 18054400
2018 前期
毎週 木曜5限
伊都 104 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 2年向け
IPAと聞いてビールを想像した者は,個人的には好きだが言語学徒としてはまだまだである。この授業は,IPAのもう1つの意味を知る機会にしたい。すなわち,International Phonetic Alphabet(国際音声記号)という意味のIPAを,基礎からじっくり学ぶ。IPAは,たとえ今まで誰も記録したことがない未知の言語であれ,その音声を正確に記録できるよう開発された音声記号のセットである。これを使いこなせるようになって初めて,言語学徒としてのスタートラインに立つことができる。なお,この授業の後半では,みんながおそらく聞いたこともないような言語の話者を実際に招き,今まで身につけた知識を実戦で試す。つまり,稽古を終えて試合に出る感覚である。なお,その後には盛大なる打ち上げが待っていることであろう。押忍。

3年向け
(3年は2年とは別にやります。しかし,第一回目は木5の時間に,104に集合)
IPAをビールと誤解する3年はもういないと思う。万が一,怪しい奴は2年と一緒に音声学道場受けてくれ。
さて,3年向けのこの授業は,身につけた知識を実地で試す場にしたい。理論的仮説に基づいて,3班にわかれ,それぞれが別のフィールドに行って,それぞれの調査項目を設定し,調査を行い,最終的に報告会を行う。理論的仮説を試しに現地に出向くことをフィールドワークと言い,何も考えずに現地に出向くことをピクニックという。世の中,ピクニック言語学者だらけだが,そうならないようにトレーニングするのがこの授業の目標である。調査は1泊2日で行われ,調査旅費は補助される。私のゼミに所属したい学生は必須。なお,強調したいが,フィールドワークに興味がない人は受けないでね(調査旅費もったいないので)。第一回目の講義でも,適性を確認します。

(Globalisation in its true sense is not achieved through English imperialism. )
キーワード :
履修条件 : 少人数による実習を重視するため、言語学専攻のみの受講に制限する。
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : 特になし
参考書 : 斎藤純男著『日本語音声学入門(改訂版)』三省堂、2006年(定価2,100円=税込)
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 音声学の世界について(第1回)
2 IPA(子音)(第2回〜第5回)
3 IPA(母音)(第6回〜第9回)
4 Praatの実習(第10回)
5 未知の言語の聞き取り体験(擬似フィールドワーク)(第11〜15回)

授業以外での学習に当たって :
学習相談 : メールないし対面でアポをとれば随時受け付ける。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-c [言葉の理解]
「言葉」に対する自覚的かつ反省的な関わりを通じて、人間存在への理解を深める。
調音音声学の基礎を理解し,発音も聞き取りも十分にできる 調音音声学の基礎を理解し,発音も聞き取りもある程度できる 調音音声学の基礎を理解している 何も理解していない
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-c
[言葉の理解]
備考(欠格条件、割合等)
期末試験
小テスト
授業への貢献度
出席

成績評価基準に関わる補足事項 : 出席20%
宿題30%
レビュークイズ20%
最終発音・聞き取り試験30%
その他 その他 :

教職 :
資格 :

更新日 : 2018/3/16 (20:16)