文学部 人文学科 人間科学コース

コース共通科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
社会学概論
Introduction to Sociology
講義題目  現代社会の社会学
教授 安立 清史
科目ナンバリングコード: LET-HUM2706J
講義コード: 18054314
2018 前期
毎週 木曜4限
伊都 202 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 「社会」というもののもつ本質的な謎にアプローチするための方法論や考え方として「社会学」を学ぶ。社会学を概観するだけではつまらないので、社会学の中の社会学とも言うべきエッセンスをいくつか取り上げ、その謎を解き明かす入り口として、テキストとして見田宗介の『社会学入門』(岩波新書)を道案内にしながら、いくつかの映画やドキュメンタリー映像資料なども活用しつつ、講義をすすめていく。

(Introductory lecture on Sociology from a perspective of post-industrial society.)
キーワード : 社会、福祉、現代社会、グローバル化、ナショナリズム、非営利
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-e [現代世界の理解]
現代世界における様々な人文現象や社会問題を、批判的視点から理解し説明できる。
B_B2-b [問題提起力]
新たな視点から問題提起を行い、それを解決するための方法を提示する能力を身に付ける。
B_B2-a [総合把握力]
知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付ける。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-e
[現代世界の理解]
B_B2-b
[問題提起力]
B_B2-a
[総合把握力]
備考(欠格条件、割合等)

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 : 教職(社会)(公民)
資格 :

更新日 : 2018/10/31 (17:25)