文学部 人文学科 人間科学コース
心理学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年: 2年生 3年生 4年生
対象学部等: 平成26年度入学生は「心理学講義U」に読み替えられます。平成26年度以前の入学生も同様です。
知覚・認知心理学講義 II
Perceptual and Cognitive Psychology II
講義題目  心の情報処理過程
講師 山本 健太郎
科目ナンバリングコード:
講義コード:
2018 後期
毎週 火曜2限
伊都 E-112 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 人の主観的な体験や行動を形成する心の働きについて,主に情報処理の観点から理解を深めることを目指す。具体的には,知覚心理学や認知心理学の分野で示されて来た多様な知見を,日常の出来事と関連づけながら概観し,人の安定的な知覚や論理的な思考がどのような仕組みによって支えられているのかを学んでいく。また,心という主観的な現象に対してどのように科学的にアプローチするのかについて,具体的な方法論を示しながら解説をおこなう。

(The purpose of this course is to introduce students to the basic concepts and methods of perceptual and cognitive psychology. Particularly, the concepts will be explained in terms of human information processing.)
キーワード : 知覚 認知 情報処理
履修条件 : 特になし。
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : なし
参考書 : 授業内で適宜挙げていく。
授業資料 : 配布する予定である。

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 イントロダクション
2 知覚の幻想
3 知覚と補完
4 多様な感覚と相互作用
5 脳とこころ
6 記憶とその変容
7 判断とバイアス
8 印象と評価
9 情動
10 顔の認知
11 時間の認知
12 身体とこころ
13 言語と思考
14 意識と無意識
15 総括

授業以外での学習に当たって :
学習相談 : 授業後以外にも随時受け付ける。メールでの対応も可能。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_B1-d [専門的研究手法]
知覚心理学や認知心理学の分野における実験手法について理解できる。
実験手続きを理解し,その善し悪しの理由を説明できる 実験手続きを理解し,その善し悪しを判断できる 実験手続きを理解できる 実験結果を理解できる
B_B2-c [思考能力]
日常における出来事を心理学的な観点から考察できる。
日常における人の認識や行動の心的過程について深く考察できる 日常における人の認識や行動について考察できる 心理学的な枠組から日常の出来事を捉えることができる 心理学の知見と日常の出来事をつなげられる
専門的知識
知覚心理学や認知心理学の分野におけるこれまでの知見を理解できる。
心理学の知見を背景から理解し,人に説明できる 心理学の知見を理解し,人に説明できる 心理学の知見をおおよそ理解できる 心理学の知見を一部理解できる
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_B1-d
[専門的研究手法]
B_B2-c
[思考能力]

専門的知識
備考(欠格条件、割合等)
レポート 70%ほど。
小テスト 30%ほど。初回の授業内で説明。

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 : 認定心理士申請の対応科目
受講希望者が多い場合は履修制限を行う場合があるため,初回の授業にはなるべく参加すること。

教職 : 教職(公民)
資格 :  認定心理士

更新日 : 2018/10/1 (11:01)