文学部 人文学科 人間科学コース
比較宗教学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年: 2年生 3年生
対象学部等:
文化人類学演習 II
Cultural Anthropology (Seminar II)
講義題目  文化人類学的調査法入門
准教授 飯嶋 秀治
科目ナンバリングコード: LET-HUM2842J
講義コード: 18054313
2018 前期
毎週 木曜4限
伊都 宗教研 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 本演習では文化人類学的調査法であるフィールドワーク、参与観察について教えます。

(The aims of this fieldwork-focused course are to introduce students to research and data analysis in order to develop an understanding of human environmental life histories. Skills will be developed through field surveys of vegetation communities in their own field sites.)
キーワード : フィールドワーク、参与観察、聞き書き、エスノグラフィー
履修条件 : 文化人類学演習W・X・Yと一連の演習です
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : 特になし
参考書 : 山中速人ほか編2002『マルチメディアでフィールドワーク』有斐閣
佐藤郁哉2006(1992)『フィールドワーク 増補版』新曜社

授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 演習の方針説明:文化人類学的方法の全体像
2 3年生先行研究発表1.、2.、3. 演習
3 3年生先行研究発表4.、5.、6. 演習
4 3・4年生先行研究発表7.、8. 演習
5 2年生先行研究発表1.、2.、3. 演習
6 2年生先行研究発表4.、5.、6. 演習
7 2年生先行研究発表7.、8.、9. 演習
8 2年生先行研究発表10. 演習
9 フィールドワークの原則と多様性
10 観察
11 観察発表
12 聞き書き
13 聞き書き発表
14 まとめ
15 文化人類学演習Vに向けて

授業以外での学習に当たって :
学習相談 : shuujiiijima@gmail.comまで事前に連絡をください。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-c [言葉の理解]
「言葉」に対する自覚的かつ反省的な関わりを通じて、人間存在への理解を深める。
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
B_A-d [資料の理解]
史資料・文献・作品の分析と解釈、および実地調査などに基づいて、世界における文化・歴史・社会の多様性と共通性を理解し説明できる。
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
B_B1-d [専門的研究手法]
専門分野に固有の問題設定や研究手法を正しく身に付けることができる。
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
B_C-a [積極性]
自ら進んで新しい問題に取り組む積極性を持つ。
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-c
[言葉の理解]
B_A-d
[資料の理解]
B_B1-d
[専門的研究手法]
B_C-a
[積極性]
備考(欠格条件、割合等)
出席
プレゼンテーション
授業への貢献度
レポート

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 : この科目では調査から報告書返還までを一貫して学習してもらいたいので、留学等の特別な事情が無い限りはその1科目だけを履修するようなことは避けていただきたいと思います。

教職 : 教職(社会)(公民)
資格 :

更新日 : 2018/2/24 (14:44)