文学部 人文学科 人間科学コース
社会学・地域福祉社会学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
社会学講義 I
Sociology (Lecture I)
講義題目  質的調査法を学ぶ
准教授 山下 亜紀子
科目ナンバリングコード: LET-HUM2851J
講義コード:
2018 後期
毎週 火曜2限
伊都 大講義室T-B 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 社会調査における質的調査について、その意義と方法について体系的に理解をする。また質的調査に基づく研究の解説や質的調査の実践的学習を通して、そのプロセスや技法についても習得する。

(This lecture course focuses on qualitative methods used in social research. Subjects include the foundations of qualitative methods, research design, data collection and data analysis. )
キーワード : 社会調査 質的調査
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : 講義中に指示する。
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 オリエンテーション
 講義概要、学習目標、授業の進め方、成績評価の方法について説明する
2 社会調査における質的調査@
 質的調査の特質について、主に量的調査との対比において理解する
3 社会調査における質的調査A
 質的調査の特質について、方法の概略の解説を通して理解する
4 質的調査の代表的研究の紹介と解説@
 質的調査の代表的研究や質的調査に基づく名著の紹介、解説を通して、質的調査の意義について理解する
5 質的調査の代表的研究の紹介と解説A
 質的調査研究の最近の動向や近年の研究の紹介、解説を通して、質的調査の意義について理解する
6 質的調査のプロセス@
 質的調査のプロセスのうち、課題を設定する段階から技法を選択する段階までのプロセスについて理解する
7 質的調査のプロセスA
質的調査のプロセスのうち、調査を実施する段階から報告書を作成する段階までのプロセスについて理解する
8 質的調査の調査技法@
 質的調査の調査技法のうち、インタビュー調査、参与観察法、フィールドワーク、ワークショップの各技法について理解する。
9 質的調査の調査技法A
 前回の授業に続き、質的調査の調査技法のうち、インタビュー調査、参与観察法、フィールドワーク、ワークショップの各技法について理解する。
10 質的調査の分析技法@
 質的調査の分析技法のうち、ライフヒストリー分析、会話分析、内容分析、グラウンデッド・セオリー・アプローチ、質的データ分析法の各技法について理解する
11 質的調査の分析技法A
 前回の授業に続き、質的調査の分析技法のうち、ライフヒストリー分析、会話分析、内容分析、グラウンデッド・セオリー・アプローチ、質的データ分析法の各技法について理解する
12 質的調査の分析技法B
 質的調査の分析技法について、実際の研究論文の検討を通して理解する
13 質的調査の実践的学習@
 質的調査の調査技法のうち、インタビュー調査の技法について、実践的学習を通して習得する
演習
14 質的調査の実践的学習A
 質的調査の分析技法のうち、質的データ分析法の技法について、実践的学習を通して習得する
演習
15 質的調査の実践的学習B
 前回の授業に続き、質的調査の分析技法のうち、質的データ分析法の技法について、実践的学習を通して習得する
演習

授業以外での学習に当たって : 講義中に提示する文献を用いて適宜復習を行うこと
学習相談 : 随時相談に応じる。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_B1-d [専門的研究手法]
専門分野に固有の問題設定や研究手法を正しく身に付けることができる。
質的調査のプロセス、分析方法、分析結果のまとめ方について、深く理解でき、十分に身についている。 質的調査のプロセス、分析方法、分析結果のまとめ方について、概ね理解でき、ほぼ身についている。 質的調査のプロセス、分析方法、分析結果のまとめ方について、一定程度理解でき、ある程度身についている。 質的調査のプロセス、分析方法、分析結果のまとめ方について、一定程度理解でき、ある程度身についている。
B_B2-d [専門的思考方法]
専門分野の内容に関する深い理解と、学問固有の思考方法を獲得する。
質的調査の意義や方法論、調査倫理に関して深く理解している。 質的調査の意義や方法論、調査倫理に関して概ね理解している。 質的調査の意義や方法論、調査倫理に関して一定程度理解している。 質的調査の意義や方法論、調査倫理に関して一定程度理解していない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_B1-d
[専門的研究手法]
B_B2-d
[専門的思考方法]
備考(欠格条件、割合等)
出席 出席は毎回とることとする。また、欠席4回以上の者は、期末テストを受験する資格を失うものとする。
小テスト
期末試験

成績評価基準に関わる補足事項 : 平常点(出席+受講態度)、小テスト、期末テストにより総合的に評価する。
期末テストでは、社会調査における質的調査の意義と役割についての理解、質的調査のプロセスと技法について知識を問う。
出席は毎回とることとする。また、欠席4回以上の者は、期末テストを受験する資格を失うものとする。
その他 その他 : 社会調査士資格認定科目(F:質的な分析の方法に関する科目)

教職 : 教職(社会)(公民)
資格 :  社会調査士

更新日 : 2018/3/10 (16:53)