文学部 人文学科

司書科目 (単位数 1)
必修
対象学年:
対象学部等:
情報サービス実習 II
Practicum of Information Services II
講義題目  情報サービス実習II
附属図書館 井ノ上 俊哉
科目ナンバリングコード: LET-HUM3072J
講義コード:
2018 前期
集中
伊都 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 情報サービスの設計から評価に至る各種の業務、利用者の質問に対するレファレンスサービスと情報検索サービス、積極的な発信型情報サービスの演習を通して、実践的な能力を養成する。

(This course aims to develop practical information service skills for librarians. Students are expected to use and examine various kinds of online searching tools.)
キーワード :
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : テーマに応じた課題を講義中に提示します。
参考書 : 原田智子編著 ; 江草由佳、小山憲司著『情報サービス演習(改訂)』(樹村房、2016)
齋藤泰則、大谷康晴共編著『情報サービス演習』(日本図書館協会、2015)
授業資料 : Moodle上に掲示します。

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 情報サービスにおける情報検索
2 情報検索の基礎 実習
3 所蔵情報の検索 実習
4 論文情報の検索 実習
5 データベースの検索 実習
6 総合演習 実習
7 パスファインダーの作成 実習
8 確認テスト 小テスト

授業以外での学習に当たって :
学習相談 : 授業前後に随時受け付けます。また、図書館のレファレンスカウンターも積極的に活用してください。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_B1-g [論理的思考能力]
検索を効率的に実行するために、適切な検索式を作ることができる。
検索演算子、と欄ケーションや適切なキーワードを駆使し、適切な検索結果を導き出すことができる。 複数の検索演算子またはトランケーションを組み合わせた検索ができる。 検索演算子またはトランケーションを用いた検索ができる。 キーワードを羅列した検索ができる。
B_B2-a [総合把握力]
各検索ツールの特徴や機能を自分で調べて評価できる。
各検索ツールの特徴や機能を自分で調べて評価できる。 各検索ツールの特徴や機能を自分で調べることができる。 各検索ツールの機能を自分で調べることができる。 各検索ツールの提供元を自分で調べることができる。
B_B1-e [専門資料の分析]
資料形態や館種の違いに応じて、検索ツールを使い分けることができる。
調査内容に応じて検索ツールを適切に使い分けることができる。 図書・雑誌および論文情報を自分で検索し、入手方法を調べることができる。さらに、各種データベースを用いた事項調査ができる。 図書・雑誌および論文情報を自分で検索し、入手方法を調べることができる。 図書・雑誌資料について、所蔵館・配架場所を自分で調べることができる。
B_B2-e [コミュニケーション能力]
利用者の情報要求に応じて、適切な検索ツールを選択できる。
利用者の情報要求に応じて、適切な検索ツールを選択できる。さらに、利用者に対し適切な回答ができる。 利用者の情報要求に応じて、適切な検索ツールを選択できる。 利用者の情報要求を正確に理解し、分析解釈できる。 利用者の情報要求を正確に理解できる。
B_B2-f [社会との関わり]
利用者にとって有用な情報を収集し、パスファインダーを作ることができる。
利用者の需要を分析し、有用性の高いパスファインダーを自分で作成できる。 パスファインダーに掲載する適切な情報資源を自分で選択できる。 パスファインダーの機能と意義を理解した上で、パスファインダーを自分で作成できる。 パスファインダーの機能と意義を理解できる。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_B1-g
[論理的思考能力]
B_B2-a
[総合把握力]
B_B1-e
[専門資料の分析]
B_B2-e
[コミュニケーション能力]
B_B2-f
[社会との関わり]
備考(欠格条件、割合等)
出席 50%
小テスト 25%
レポート 25%

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 : 開講時期:9月18日(火)〜9月21日(金)
パソコンを使った実習を行うので、入学時に購入した各自の必携化パソコンを持参すること。

教職 :
資格 :  司書

更新日 : 2018/6/28 (18:38)