人文科学府 人文基礎専攻 哲学・倫理学 分野
哲学 専修
専修科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
自然・科学哲学研究 III
Philosophy of Science and Nature (Seminar III)
講義題目  ハイデッガーの後期存在論の研究
教授 菊地 惠善
科目ナンバリングコード:
講義コード:
2018 前期
毎週 月曜5限
伊都 哲学演 教室
M/J科目 (日本語, German)
授業の概要 ハイデッガーの第二の主著と目される『哲学への寄与』(全集第65巻)を読み解く。難解なハイデッガーのテキストの中でも特にまた難解と言われるこのテキストを、もちろん第一にはハイデッガーの著作と思索全体の中に位置付けながら、他方ではしかし第二に、哲学的表現と思考のスタイル一般の一例として、できる限り広い視野からその独自性を読み解くことを試みる。

(This course focuses on one of major works by Heidegger, " Beitraege", in order to provide an overview of the basic perspectives and concepts of human existence in modern European philosophy)
キーワード : ハイデッガー 存在 エルアイクニス
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
一次資料の読解
テキストを理解するとともに、それを批判的に、また発展的に考察できる テキストを他の議論や考察と比較して批判的に理解できる テキストの内容と射程を理解できる テキストを読むことができる
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法

一次資料の読解
備考(欠格条件、割合等)
授業への貢献度

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 : 教職(社会)(公民)
資格 :

更新日 : 2018/10/24 (22:53)