人文科学府 歴史空間専攻 日本史学 分野
日本史学 専修
専修科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
日本近世史特論 II
Early Modern Japanese History (Specialized Lecture II)
講義題目  近世藩文化論
准教授 岩崎 義則
科目ナンバリングコード:
講義コード:
2018 後期
毎週 火曜3限
伊都 教員室 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 日本近世における藩文化の展開とその様相について,具体的に平戸藩を事例とした講義を行う。
今期は,幕末期の平戸藩儒・楠本端山と楠本碩水に関する書簡資料の調査研究を行う予定。毎回の詳細シラバスは,授業の第1回目に配布する予定。

(Deployment and its aspects of Han culture in Japan the early modern period, give a lecture that was the case specifically to Hirado clan. The current fiscal year, plans to carry out a research study of the letter material on Hirado Hanju 楠本端山 and 楠本 碩水 of the late Edo period.)
キーワード : 楠本端山 楠本碩水
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : 楠本家資料
参考書 : 岡田武彦編『楠本端山・碩水全集』(1980年・葦書房)
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 ガイダンス
2 楠本家文書の概要
3 書簡史料の概要
4 漢籍史料の概要
5 端山の書簡1
6 端山の書簡2
7 端山の書簡3
8 端山の書簡4
9 端山の書簡5
10 碩水の書簡1
11 碩水の書簡2
12 碩水の書簡2
13 碩水の書簡3
14 碩水の書簡4
15 まとめ

授業以外での学習に当たって : 『楠本端山・碩水全集』(葦書房)を適宜読み進める。
学習相談 : 授業終了後、適宜
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
DH_A-a [史資料の分析]
収集した史資料・データを文献史学・考古学・地理学的な方法論にもとづいて的確に分析し、実証的な歴史像および歴史・地域認識を提示することができる。
史料にもとづいて、先行研究を乗り越えるような的確な分析ができる。 史料にもとづいた的確な分析ができる。 史料にもとづいた分析ができる。 史料にもとづいた分析ができない。
MH_B1-a [資料体の構築]
歴史空間論の領域に関する文献史料や一次資料、調査データを分析し、その結果を他の研究者にも幅広く活用可能な資料体として構築できる。
誤字脱字が一切ないほぼ完璧な史料の翻刻ができる。 一部の誤字・脱字はあるが、史料の翻刻がほぼ完璧にできる。 誤記・誤植・誤読が少ない史料の翻刻ができる。 史料の翻刻に際して、誤記・誤植・誤読が多い。
MH_B2-a [総合把握力]
高度に専門的な知識を総合的に把握する能力を身につける。
近世の儒学・儒者に対する高度で専門的かつ総合的な知識を獲得する。 近世の儒学・儒者に対する総合的な知識を獲得する。 近世の儒学・儒者について、一般的な知識を獲得する。 近世の儒学・儒者について、部分的な知識しか獲得できない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
DH_A-a
[史資料の分析]
MH_B1-a
[資料体の構築]
MH_B2-a
[総合把握力]
備考(欠格条件、割合等)
授業への貢献度 50%
レポート 30%
出席 20%

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 : 教職(社会)(地理歴史)
資格 :

更新日 : 2018/3/9 (22:04)