人文科学府 歴史空間専攻 広域文明史学 分野
西洋史学 専修
専修科目 (単位数 2)
選択必修科目
対象学年:
対象学部等:
ヨーロッパ史学特論V
Contemporary European History (Specialized Lecture I)
講義題目  西欧中世史料学の諸問題
教授 岡崎 敦
科目ナンバリングコード:
講義コード:
2018 前期
毎週 金曜1限
伊都 演習室 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要  歴史学研究は、近年大きく変貌を遂げつつあるが、その一翼を担っているのが、歴史学的「実証」に関わる一連の議論であろう。「史料」の存在論から、現実と表象との関係に至る様々な論点が呈示されているが、歴史学研究においては、あくまで具体的作業に役立つ次元で考察されねばならない。この授業では、実証的歴史学の誕生の場でもあった西欧中世史研究を対象として、伝統的史料学を体系的に検討する。

(This course provides an in-depth examination of specific aspects of medieval western history. The course also occasionally touches on relevant topics in the methodology of History.)
キーワード :
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 : 授業中に指示する。
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 序論
2 第1部:資料の分類と学界
3 第2部:文書資料論
4 第3部:記述、文芸資料論
5 おわりに

授業以外での学習に当たって :
学習相談 : オフィスアワーのほか、個別の面談(要事前予約)によって対応する。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
MH_A-b [研究史と方法論の体系的理解]
西洋史学を対象として、当該分野における研究史と方法論を体系的に説明できる。
西洋史学研究を対象として、当該分野における研究史と方法論を体系的に説明できる。 西洋史学研究を対象として、当該分野における研究史と方法論をある程度説明できる。 西洋史学研究を対象として、当該分野における研究史と方法論について理解する。 西洋史学研究を対象として、当該分野における研究史と方法論について理解できない。
MH_B1-b [書誌の作成]
高度に専門的な知識を総合的に把握する能力を身につける。
関連する先行研究について網羅的な書誌を作成できる。 関連する先行研究について網羅的な書誌をある程度作成できる。 関連する先行研究についての網羅的な書誌に関して理解する。 関連する先行研究についての網羅的な書誌に関して理解できない。
MH_B2-a [総合把握力]
自ら進んで新しい問題に取り組む積極性を持つ。
高度に専門的な知識を総合的に把握する能力を身につける。 高度に専門的な知識を総合的に把握する能力をある程度身につける。 専門的な知識を総合的に把握することの重要性を理解できる。 専門的な知識を総合的に把握することの重要性を理解できない。
MH_C-c [柔軟性]
問題の解決にあたり様々なアプローチの可能性を柔軟に探る。
問題の解決にあたり様々なアプローチの可能性を柔軟に探る。 問題の解決にあたり様々なアプローチの可能性をある程度柔軟に探る。 問題の解決にあたり様々なアプローチの可能性を理解できる。 問題の解決にあたり様々なアプローチの可能性を理解できない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
MH_A-b
[研究史と方法論の体系的理解]
MH_B1-b
[書誌の作成]
MH_B2-a
[総合把握力]
MH_C-c
[柔軟性]
備考(欠格条件、割合等)
期末試験

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 : 受講希望者は、初回の授業が始まる前に必ず事前に担当教員に相談すること。
この科目はEU研究ディプロマプログラム(EU-DPs)開講科目です。同プログラムについて、詳しくは以下のサイトをご参照ください。http://eu.kyushu-u.ac.jp/indexjp.html

教職 : 教職(社会)(地理歴史)
資格 :

更新日 : 2018/2/21 (18:35)