人文科学府 言語・文学専攻 日本・東洋文学 分野
国語学・国文学 専修
専修科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
日本近世文学作品研究 II
Early Modern Japanese Literature (Seminar II)
講義題目  都の錦『元禄大平記』訳注
准教授 川平 敏文
科目ナンバリングコード:
講義コード:
2018 後期
毎週 火曜4限
伊都 国文演 教室
M/J科目 (日本語, 古典日本語)
授業の概要  都の錦の浮世草子『元禄大平記』(元禄15年刊)を、注釈を施しながら精読する。
 都の錦は、西鶴より少し後の浮世草子作者として知られているが、その経歴は不明な点が多い。
本作は元禄当時における学界の趨勢、書籍の品評、出版の裏事情などが書かれており、都の錦の学問観や当時の出版を考えるうえで示唆に富む内容である。しかしこれまで、略注が備わるだけで、詳細な語注や通釈は行われていない。
 本講義では、演習形式で本作品を精読する。

(This seminar is interpreting and notation about Japanese early modern literature("Genroku Taiheiki").)
キーワード : 都の錦 西鶴 出版
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 : 『都の錦集』(叢書江戸文庫6)
『浮世草子名作集』(評釈江戸文学叢書)
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 ガイダンス 
 都の錦『元禄大平記』について、演習の方法など
2 『元禄大平記』訳注
(以下15回まで同じ)

授業以外での学習に当たって :
学習相談 : 随時(メールまたは口頭で予約)
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
DL_A-b [テクストの校訂]
文学を対象とする領域では、過去に蓄積された重要な文献、とりわけ古典を厳密かつ精確に読解し、先行研究を踏まえたテクストの解釈あるいは本文の校訂・注釈ができる。
古典文献を正確に校訂・注釈・解釈できる。 古典文献を正確に校訂・注釈できる。 古典文献を正確に校訂できる。 古典文献を正確に翻字できる。
ML_B1-c [成果発表]
文学的あるいは言語的表象について実証的に考察し、かつ理論的な分析をくわえて、その成果を国内外の学会における口頭発表や学術論文によって公表できる。
適切な資料を準備して、明解にプレゼンテーションができる。また、質疑に的確に応えることができる。 適切な資料を準備して、明解にプレゼンテーションができる。 適切な資料を準備できる。 資料の準備ができる。
DL_B2-b [理論的思考力]
人文学の実証的な方法と理論的な思考力を身につける。
適切な論証過程を経て、極めて蓋然性の高い結論を導き出せる。 適切な論証過程を経て、蓋然性の高い結論を導き出せる。 適切な論証過程を経て、結論を導き出している。 印象批評的な結論を導き出している。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
DL_A-b
[テクストの校訂]
ML_B1-c
[成果発表]
DL_B2-b
[理論的思考力]
備考(欠格条件、割合等)
プレゼンテーション 40%
レポート 40%
授業への貢献度 20%

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 : 教職(国語)
資格 :

更新日 : 2018/3/12 (11:10)