人文科学府 言語・文学専攻 西洋文学 分野
英語学・英文学 専修
専修科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
イギリス文学特論 VIII
English Literature (Specialized Lecture VIII)
講義題目  イギリス・ロマン派の詩を読む
東京大学総合文化研究科 教授 アルヴィ なほ子
科目ナンバリングコード:
講義コード:
2018 前期
集中
伊都 教室
E/J科目 (日本語, English)
授業の概要 18世紀後半から19世紀前半のイギリス・ロマン主義の時代のイギリスの文学を詩作品を中心に考察します。 文学を生み出す土壌である文化・社会的な枠組みと「想像力」の関係に焦点をあてて、文学テクストを丁寧に読むやり方と批評の方法を考察します。毎回、短めの詩を1,2篇、あるいは小説の抜粋を丁寧に読みながら、芸術と文化・社会・政治的な枠組みとの関係を考えます。授業は、講義と演習(とディスカッション)を組み合わせます。毎回、予習用の問題(予習シート)を出すので、それに基づいた小さな発表をディスカッションをする時間を授業に組み入れます。授業の最後に、授業での活動を踏まえた問題を解いて予習シートを提出してもらいます。

(This course provides an in-depth examination of specific aspects of British Romanticism. We will place a particular focus on poems, and consider how literary works are rooted in the political, historical and cultural contexts of the age. Each class will consist of three parts. The first part is a brief lecture that will introduce the topic of the class. The second part will be a short presentation by one of the students, who will raise some points for discussion based on his/her reading of the work(s) to be discussed. The last part of the class will consist of a classroom discussion. Preparation sheets are required to be submitted at the end of the class.)
キーワード : イギリス・ロマン派、ブレイク、ワーズワス、コウルリッジ、シェリー、キーツ、バイロン、へマンズ
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : Representative Poetry Online. Ed., Marc R. Plamondon. https://rpo.library.utoronto.ca/
Mary Shelley _Frankenstein_ (プリントを配布)
夏目漱石 『草枕』(どの版でもよい) | The Romantics and Their Contemporaries volume 2A of The Longman Anthology of British Literature. 5th ed. Ed. Susan Wolfson and Peter Manning. Pearson, 2012.
由良君美『椿説泰西浪漫派文学談義』(平凡社ライブラリー、2012)
テリー・イーグルトン(川本皓嗣訳)『詩をどう読むか』(岩波書店、2011)
参考書 : その他は授業の際に指示。
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 全体のイントロダクション(文学のジャンルの説明、英詩、特にイギリス・ロマン主義時代の文学テクストの読み方、作品の鑑賞と解釈について)
2 William Blakeについて “Introduction" to Songs of Innocence 脚韻、詩と絵画、聖書と英文学の関係 プレゼンテーション 予習シート
3 William Blake(続き) "The Lamb" "The Tyger" "The Little Black Boy":脚韻、子供と無垢、人種問題 プレゼンテーション 予習シート
4 Blakeのまとめ、William Wordsworthについて  "I wandered lonely as a cloud" Dorothy Wordsworth "Journals" プレゼンテーション 予習シート
5 Wordsworth(続き)"The Solitary Reaper" 想像力、ハイランド地方 プレゼンテーション 予習シート
6 Wordsworthのまとめ、Samuel Taylor Coleridgeについて "Kubla Khan" オリエンタリズム(中国) プレゼンテーション 予習シート
7 Samuel Taylor Coleridgeのまとめ 様々なオリエンタリズム 予習シート
8 Percy Bysshe Shelleyについて Percy Bysshe Shelley "Ozymandias" Horace Smith "Ozymandias" ソネット プレゼンテーション 予習シート
9 George Gordon, Lord Byronについて Extracts from Childe Harold's Pilgrimage アルプス、グランド・ツアー、崇高 プレゼンテーション 予習シート
10 1816年の夏 Mary ShelleyのFrankensteinのアルプスの描写との比較 プレゼンテーション 予習シート
11 John Keatsについて "On First Looking into Chapman's Homer" ソネット プレゼンテーション 予習シート
12 Felicia Hemansについて  "Casabianca" 戦争、子供、崇高 プレゼンテーション 予習シート
13 Percy Bysshe Shelley "To a Skylark" (1) オード、鳥のメタファー、人称 プレゼンテーション 予習シート
14 Percy Bysshe Shelley "To a Skylark" (2) 漱石『草枕』 プレゼンテーション 予習シート
15 最終テスト

授業以外での学習に当たって : 授業で扱う作品を十分理解してから授業に臨むために、理解を深めるヒントになるような問題をつけた予習シートを毎回やってください。作品を読む時には様々な辞書、註のついた学術的なエディションなどを参照してください。
学習相談 : 集中講義期間中
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
ML_A-b [先行研究の読解]
英文学において、過去に蓄積された重要な文献、とりわけ古典を厳密かつ精確に読解し、先行研究を踏まえつつその内実を深く掘り下げて説明できる。
過去に蓄積された重要な文献、とりわけ古典を厳密かつ精確に読解し、先行研究を踏まえつつその内実を十分に深く掘り下げて説明できる。 過去に蓄積された重要な文献、とりわけ古典を厳密かつ精確に読解し、先行研究を踏まえつつその内実を深く掘り下げて説明できる。 過去に蓄積された重要な文献、とりわけ古典を厳密に読解し、先行研究を踏まえて説明できる。 過去に蓄積された重要な文献、とりわけ古典を厳密に読解し、先行研究を踏まえて説明することを試みる。
ML_B2-a [総合把握力]
高度に専門的な知識を総合的に把握する能力を身につける。
高度に専門的な知識を総合的に把握する能力を十分に身につける。 高度に専門的な知識を総合的に把握する能力を身につける。 専門的な知識を総合的に把握する能力を身につける。 専門的な知識を総合的に把握する能力を身につけることを試みる。
ML_B2-c [コミュニケーション能力]
口頭発表などの場での表現能力と討論におけるコミュニケーション能力を鍛え、他の領域と交流する視点を養う。
口頭発表などの場での表現能力と討論におけるコミュニケーション能力を鍛え、他の領域と交流する視点を十分に養う。 口頭発表などの場での表現能力と討論におけるコミュニケーション能力を鍛え、他の領域と交流する視点を養う。 口頭発表などの場での表現能力と討論におけるコミュニケーション能力を鍛える。 口頭発表などの場での表現能力と討論におけるコミュニケーション能力を鍛えることを試みる。
DL_B1-a [自立した研究活動]
人文基礎の領域において、新たな方法論や知見を提起しうる研究者として自立した研究活動ができる。
英文学の領域において、新たな方法論や知見を提起しうる研究者として十分に自立した研究活動ができる。 英文学の領域において、新たな方法論や知見を提起しうる研究者として自立した研究活動ができる。 英文学の領域において、新たな方法論や知見を提起しうる研究者として研究活動ができる。 英文学の領域において、新たな方法論や知見を提起することを試みる。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
ML_A-b
[先行研究の読解]
ML_B2-a
[総合把握力]
ML_B2-c
[コミュニケーション能力]
DL_B1-a
[自立した研究活動]
備考(欠格条件、割合等)
期末試験 40%
プレゼンテーション 30%
出席 30% 予習シートを含む

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 : 5月28日(月)〜6月1日(金)

教職 : 教職(英語)
資格 :

更新日 : 2018/2/21 (15:54)