人文科学府 言語・文学専攻 言語学 分野
言語学 専修
専修科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
実験言語学研究 III
Experimental Linguistics (Seminar III)
講義題目  生物言語学
講師 太田 真理
科目ナンバリングコード:
講義コード:
2018 前期
毎週 木曜3限
伊都 105 教室
E/J科目 (日本語, English)
授業の概要 言語の生物学的基盤は言語学や脳科学において最も重要な研究テーマの一つである。この授業では、分野の第一人者らによる論文集を題材に、「生物言語学」について最新の知見を得ることを目指す。

(The biological basis of human language is one of the most important research topics both in linguistics and neuroscience. Reading Berwick and Chomsky (2016), students will acquire up-to-date knowledge of "biolinguistics.")
キーワード : 統語論 心理言語学 脳科学
履修条件 : 特になし
履修に必要な知識・能力 : 特になし
授業計画 テキスト : 初回にいくつか候補を提示した上で決定する。
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 ガイダンス
2 学生による発表 プレゼンテーション

授業以外での学習に当たって : 担当個所を事前にレジュメにまとめた上で発表に臨むこと。
学習相談 : メールにて適宜相談に応じる。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
ML_A-b [先行研究の読解]
文学を対象とする領域では、過去に蓄積された重要な文献、とりわけ古典を厳密かつ精確に読解し、先行研究を踏まえつつその内実を深く掘り下げて説明できる。
教科書の内容を批判的に吟味し、自らの意見を交えて発表できる。 教科書の内容を踏まえて、自らの意見を発表できる。 教科書の内容を理解し、まとめることができる。 教科書を読んでいる。
ML_B1-c [成果発表]
文学的あるいは言語的表象について実証的に考察し、かつ理論的な分析をくわえて、その成果を国内外の学会における口頭発表や学術論文によって公表できる。
教科書の内容に、関連分野の知識を補足し、自らの意見を交えて発表できる。 教科書の内容に、関連分野の知識を補足して発表できる。 教科書の内容をまとめ、発表できる。 教科書の内容の概略を発表できる。
ML_C-a [積極性]
自ら進んで新しい問題に取り組む積極性を持つ。
授業で自らの意見を述べるとともに、著者の意見を批判的に検討している。 授業で自らの意見を積極的に述べている。 ほとんどすべての授業に出席している。 授業に半分程度出席している。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
ML_A-b
[先行研究の読解]
ML_B1-c
[成果発表]
ML_C-a
[積極性]
備考(欠格条件、割合等)
プレゼンテーション 70%
授業への貢献度 20%
出席 10%

成績評価基準に関わる補足事項 : 各学生は教科書の担当部分をレジュメにまとめ発表する。教科書の内容で不明な点については、1週間前までにメールにて質問すること。
その他 その他 :

教職 :
資格 :

更新日 : 2018/3/9 (21:21)