文学部 人文学科 哲学コース
美学・美術史 専門分野
専門分野科目 (単位数 1)
選択科目
対象学年: 2年生 3年生 4年生
対象学部等: 専攻学生に限る
美学美術史実習 I
Aesthetics & Art History (Practice I)
講義題目  美術史調査入門
教授 後小路雅弘
井手誠之輔
科目ナンバリングコード: LET-HUM2259J
講義コード: 19054203
2019 前期
毎週 木曜3限・木曜4限
伊都 美学演習室 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 美術作品の調査など美術史におけるフィールドワークの基本的な方法を実践的に学ぶ。

(The aims of this fieldwork-focused course are to introduce students to research and data analysis in order to develop an understanding of art works. Basic skills in art history will be developed through field works.)
キーワード : 調査 フィールドワーク
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 : 美術品を取り扱う態度
授業計画 テキスト : とくになし
参考書 : 授業の中で適宜指示する
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 1回〜5回 フィールド・ワークの基本を学ぶ 実習
2 6回〜10回 実践的に習得した技術を運用する 実習
3 11回〜15回 フィールド・ワークのまとめ、報告 実習

授業以外での学習に当たって : できるだけ展覧会など美術作品を見ること
学習相談 : 授業の中で。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_B1-d [専門的研究手法]
専門分野に固有の問題設定や研究手法を正しく身に付けることができる。
専門分野に固有の問題設定や研究手法を十分に身に付けている。 専門分野に固有の問題設定や研究手法をかなり身に付けている。 専門分野に固有の問題設定や研究手法を身に付けている。 専門分野に固有の問題設定や研究手法を十分に身に付けていない。
B_B1-e [専門資料の分析]
専門分野で必要な史資料や文献を収集、分析して、その内容を自分の言葉で精確に表現できる。
専門分野で必要な史資料や文献を収集、分析して、その内容を自分の言葉で精確に表現できている。 専門分野で必要な史資料や文献を収集、分析して、その内容を自分の言葉で表現できている 専門分野で必要な史資料や文献を収集、分析して、その内容を自分の言葉である程度は表現できている 専門分野で必要な史資料や文献を収集、分析して、その内容を自分の言葉で精確に表現できていない。
B_B2-a [総合把握力]
知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付ける。
知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付けている。 知識を総合的かつ有機的に把握する能力をある程度身に付けている。 知識を把握する能力を身に付けている。 知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付けていない。
B_C-f [社会貢献の意欲]
人文学の視点から人類や世界、地域社会への貢献を考える志向を持つ。
美術館博物館や展覧会を通して人類や世界、地域社会への貢献を考える志向をかなり持っている。 美術館博物館や展覧会を通して人類や世界、地域社会への貢献を考える志向をある程度持っている。 美術館博物館や展覧会を通して社会への貢献を考える志向を持っている。 美術館博物館や展覧会を通して人類や世界、地域社会への貢献を考える志向を持っていない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_B1-d
[専門的研究手法]
B_B1-e
[専門資料の分析]
B_B2-a
[総合把握力]
B_C-f
[社会貢献の意欲]
備考(欠格条件、割合等)
授業への貢献度
出席

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 :
資格 : 学芸員

更新日 : 2019/3/29 (14:00)