文学部 人文学科 哲学コース
美学・美術史 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
東洋美術史講義 IV
History of Oriental Fine Arts (Lecture IV)
講義題目  南宋絵画史試論U―杭州の場を基点として―
教授 井手 誠之輔
科目ナンバリングコード: LET-HUM2264J
講義コード: 19055602
2019 後期
毎週 金曜2限
伊都 A-101 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 南宋絵画史では、従来、宮廷画院の存在を前提とする宮廷の画家たちを規範とする語りが中心となってきたが、近年の研究をとおして画院が存在しなかったことが明らかになるについて、より当時の文化的・社会的コンテクストにしたがった絵画史の議論を再構築する必要に迫られている。この講義では、こうした近年の研究動向を見据えた上で、南宋絵画史を都杭州という場の多様な状況に即して再検討する試みを行う。その実践にあたっては、杭州をめぐる南宋絵画を、北宋以来の院体画様式の継承からではなく、杭州という場に即して、時系列にしたがって論じていくのがふさわしい。具体的には、、1)呉越国以来の教学仏教の伝統と仏画制作、2)禅の形象、3)宮廷画人の活躍と院体画様式、4)明州地域に於ける仏画制作という4つのパラメーターを念頭において考えていくことにする。

(This class investigates the history of paintings in the Southern Song period from a new perspective basen on the cultural and social backgrounds of the capital Hanzhou at that time.)
キーワード : 南宋絵画史、杭州、場
履修条件 : 専修学生以外の履修希望がある場合は、事前に問いあわせすること。
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 : 井手誠之輔『日本の宋元仏画』日本の美術418号(至文堂、2001年)
小川裕充・井手誠之輔『故宮博物院A 南宋の絵画』(NHK出版、1998年)
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 10/4 オリエンテーション
概要説明
研究指導
2 10/18 問題提起と前学期の復習 講読と発表
3 10/25 南宋の五山制度と禅・教・律の寺院 講読と発表
4 11/1 関東研修旅行のため休講 講読と発表
5 11/8 霊芝寺と元照 講読と発表
6 11/15 泉涌寺の三祖像 講読と発表
7 11/22 明慶寺と大悲観音の迎講 講読と発表
8 11/29 羅漢図と戒律、清規_1 講読と発表
9 12/6 羅漢図と戒律、清規_2 講読と発表
10 12/13 禅林の水墨画1 罔両画(もうりょうが) 講読と発表
11 12/20 禅林の水墨画2 無準師範とその周辺 講読と発表
12 1/10 禅林の水墨画3 直翁と李堯夫の伝承作品 講読と発表
13 1/15 禅林の水墨画4 胡直夫の伝承作品 講読と発表
14 1/24 禅林の水墨画5 山水画における 罔両画 講読と発表
15 1/31 まとめ

授業以外での学習に当たって :
学習相談 : オフィスアワーにて対応する。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-a [人文学の視座の理解]
人文学の基礎知識を踏まえて、現代人文学の視座の特質を理解できる。
従来の言説を批判的にとらえ、場のもつ文化的・社会的背景に照らして、現存する作品を的確に分析し、絵画史上に位置づけることができる。 従来の言説の問題問題点を理解し、現存する作品を生みだして地域社会の多様性をもとに解釈することができる 場に特有のコンテクストから作品を理解することができる。 作品を生みだした文化的・社会的背景から解釈することの必要性が理解できない。
B_B2-b [問題提起力]
見えない制度となっている従来の見方・考え方を、ローカルな場のもつ多様な世界を活性化させる立場から再検討する。
近代の美術史学が提起してきた一元的なものの見方・考え方の限界を理解し、新たな解釈の方向性が何処にあるのか思考することができる。 近代の美術史学が提起してきた一元的なものの見方・考え方の限界を理解し、新たな解釈の方向性をしめす必要があることも理解している。 近代の美術史学が提起してきた一元的なものの見方・考え方に限界があることを理解できる。 問題の所在が何処にあるのか理解できていない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する理解を示した。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える理解を示した。 授業を通じて、「及第する」に相当する理解を示した。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い理解を示した。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の理解にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-a
[人文学の視座の理解]
B_B2-b
[問題提起力]
備考(欠格条件、割合等)
期末試験
出席 出席しないと回答できない問題を課すことにしている。

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 : 本科目は宗教文化士受験認定科目です(http://www.cerc.jp/)。

教職 :
資格 :

更新日 : 2019/10/18 (14:36)