文学部 人文学科 歴史学コース
朝鮮史学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
朝鮮史学講義 II
Korean History (Lecture II)
講義題目  移動・交通でみる朝鮮中・近世の国際関係(1)
教授 森平 雅彦
科目ナンバリングコード: LET-HUM2362J
講義コード: 19055102
2019 前期
毎週 金曜2限
伊都 B-101 教室
M/J科目 (日本語, 古典漢文)
授業の概要 前近代東アジアの国際交流については,国家間の外交や文化の伝播などが注目されがちですが,それらはいわば,交流の「結果」です。これに劣らず重要なのが,交流の「過程」,すなわち隔絶された地域の間をヒトやモノ・情報が移動する様相と,それを支える人間の活動です。
交流の「結果」は,実はこの「移動」の在り方に左右されます。一例をあげると,中近世の日本には中国から様々な文物がもたらされましたが,広大な中国の各地から満遍なくもたらされたのではなく,最大の比重はそのうち江南の浙江地方にありました。なぜなら,当時日本と中国をむすぶ幹線航路の一方の窓口が,浙江地方の港町だったからです。このように交通のありかたは,それを通じて実現される交流の中身を決定するのであり,朝鮮の国際交流史についても,こうした問題を考えていく必要があります。
前期授業の(1)では,朝鮮前近代史上,海を通じた大陸との交流が最も活発だった高麗時代をとりあげ,その主軸をなす宋との関係を中心に,航路のありかたと,これを支えた貿易商人・船乗りたちをみていきます。
その際,1123年に高麗を訪れた宋の使節がのこした『宣和奉使高麗図経』の航海記録を重点的にとりあげ,フィールド調査にもとづく航路の復元作業をビジュアルに提示します。
なお後期授業の(2)では,大陸との陸路を利用した往還の様相,ならびに対馬海峡を舞台とする日本との往来の様相をとりあげるので,あわせて受講すると理解が深まるでしょう。

(This course provides an in-depth examination of the maritme exchange between the Goryeo Korea and China, especially focusing on the marine traffic.)
キーワード :
履修条件 : 後期の朝鮮史学講義Vとあわせて受講すると、理解がより深まるでしょう
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : 使用しません
参考書 : ・森平雅彦編『中近世の朝鮮半島と海域交流』汲古書院、2013年
・羽田正編『東アジア海域に漕ぎだす1 海から見た歴史』東京大学出版会,2013年
授業資料 : 授業時に配布します

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 ガイダンス
2 高麗時代の対中関係
3 朝鮮半島の海洋環境と中近世の船舶
4 『高麗図経』にもとづく高麗ー宋間航路の復元
5 高麗ー宋間航路の変遷背景を探る
6 モンゴル時代の朝中間海上交通
(付論)高麗・朝鮮と明・清の海上交通

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_B2-a [総合把握力]
高麗時代の大陸との海上交流の様相と特質を十分に理解している。 高麗時代の大陸との海上交流の様相と特質をおおむね理解している。 高麗時代の大陸との海上交流の様相と特質をある程度理解している。 高麗時代の大陸との海上交流の様相と特質を理解できない。
B_A-d [資料の理解]
史資料・文献・作品の分析と解釈、および実地調査などに基づいて、世界における文化・歴史・社会の多様性と共通性を理解し説明できる。
関係史料の内容と性格について、十分に理解している、 関係史料の内容と性格について、おおむね理解している。 関係史料の内容と性格について、ある程度理解している。 関係史料の内容と性格について理解できない。
B_A-b [アプローチの理解]
専門分野の基礎知識に基づいて、人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解できる。
史料にもとづく立論について、十分に理解している。 史料にもとづく立論について、おおむね理解している。 史料にもとづく立論について、ある程度理解している。 史料にもとづく立論について理解できない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_B2-a
[総合把握力]
B_A-d
[資料の理解]
B_A-b
[アプローチの理解]
備考(欠格条件、割合等)
出席 3割
レポート 7割

成績評価基準に関わる補足事項 : 下記のケースは欠席として扱います
・開始約30分後に出席カードを配り終えるまでに入室していない場合
・他の授業、サークル・部活等による欠席(公欠要件は原則として本学所定の事由に限りますが,教育実習については考慮します。その他就活関係は内容により応相談)
レポートの課題は学期末に授業中に提示します。
その他 その他 :

教職 : 教職(社会)(地理歴史)
資格 :

更新日 : 2019/3/19 (11:54)