文学部 人文学科 歴史学コース
朝鮮史学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
朝鮮史学講義 VIII
Korean History (Lecture VIII)
講義題目  朝鮮独立運動の歴史
准教授 小野 容照
科目ナンバリングコード: LET-HUM3364J
講義コード: 19052803
2019 後期
毎週 火曜4限
伊都 D-107 教室
M/J科目 (日本語, 韓国語)
授業の概要 1910年から1945年まで日本の統治下にあった朝鮮では、様々な形で独立運動が展開された。現在、韓国政府は独立運動の功労者の発掘や顕彰を行っており、とくに本年は1919年の3・1独立運動の100周年記念事業が華々しく展開されるなど、植民地時代の独立運動に関する記憶は、韓国の民族アイデンティティを示すものとして重要視されている。しかしその一方で、朝鮮独立運動と国際社会との関係については、充分に明らかになっていない。また近年、韓国では独立運動を重視しない歴史観も登場している。この講義では、朝鮮独立運動と同時代の国際社会との関係について考察する。とりわけ、人類史上初の総力戦として世界規模で影響を及ぼした第一次世界大戦に着目しながら、大戦を契機として朝鮮独立運動が他国・他地域・他民族の運動とつながっていく過程について考え、グローバルな視野で朝鮮独立運動史を捉え直していきたい。

(This course provides an in-depth examination of specific aspects of Modern Korean History, especially Korean nationalist movement.)
キーワード : 朝鮮史 近代史 植民地 民族運動
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : なし。
参考書 : 授業中に紹介する。
授業資料 : 授業中に紹介する。

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 イントロダクション
2 韓国併合以前の抗日運動
3 ウラジオストクにおける朝鮮独立運動:帝政ロシアと日露再戦への期待
4 第一次世界大戦の勃発と朝鮮独立運動:中国、ドイツとの提携の摸索
5 日本における朝鮮独立運動:中国人革命家、台湾人と日本在留朝鮮人
6 民族自決と朝鮮人:ロシア2月革命、10月革命、ウィルソンの14か条
7 パリ講和会議と3・1独立運動
8 現代韓国における独立運動の記憶

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-e [現代世界の理解]
現代世界における様々な人文現象や社会問題を、批判的視点から理解し説明できる。
朝鮮半島や植民地の視点から、現代世界における様々な人文現象や社会問題を、批判的視点から十分に理解し説明できる。 朝鮮半島や植民地の視点から、現代世界における様々な人文現象や社会問題を、批判的視点から理解し説明できる。 朝鮮半島や植民地の視点から、現代世界における様々な人文現象や社会問題をある程度理解し説明できる。 朝鮮半島や植民地の視点から、現代世界における様々な人文現象や社会問題を、不十分ながら理解し説明できる。
B_A-b [アプローチの理解]
専門分野の基礎知識に基づいて、人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解できる。
朝鮮近代史の基礎知識に基づいて、植民地の人と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを十分に理解している。 朝鮮近代史の基礎知識に基づいて、植民地の人と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解している。 朝鮮近代史の基礎知識に基づいて、植民地の人と社会のあり方とそれへの多様なアプローチをある程度理解している。 朝鮮近代史の基礎知識に基づいて、植民地の人と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを不十分ながら理解している。
B_B2-a [総合把握力]
知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付ける。
知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付ける。 知識を総合的かつ有機的に把握する能力を、ある程度身に付ける。 知識を総合的かつ有機的に把握する能力を、不十分ながら身に付ける。 知識を総合的かつ有機的に把握する能力が不足している。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-e
[現代世界の理解]
B_A-b
[アプローチの理解]
B_B2-a
[総合把握力]
備考(欠格条件、割合等)
レポート 70
出席 30

成績評価基準に関わる補足事項 : 毎回とは限らないが、出席カードに感想・質問を書いてもらい、出席点とします。
その他 その他 :

教職 :
資格 :

更新日 : 2019/4/5 (16:38)