文学部 人文学科 歴史学コース
考古学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
考古学講義 XI
Archaeology (Lecture XI)
講義題目  社会考古学概論
比較社会文化研究院教授 溝口 孝司
科目ナンバリングコード: LET-HUM3419J
講義コード: 19052305
2019 前期
毎週 火曜4限
伊都 E-110 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 考古学の基本的な定義は「人間の行動とその環境の物質的痕跡を用いて人類過去を研究する」というものであるが、人間が本源的に社会的存在である、という事実を考慮するならば、考古学的研究は、すべてなんらかの形で過去の人類社会、ならびに過去の人類の社会性についての研究ということになる。また、そのような研究をおこなう私たち自身が社会的存在であることを考慮すれば、そのような研究に私たちの社会性が影響を及ぼすことも当然のことといえる。本講義においては、これら考古学をめぐる二つの「与件」を自覚的に研究枠組みにとりくむ考古学的実践を<社会考古学>と定義し、その理論・方法・射程のそれぞれにつき考察する。

(This course concerns the way we study archaeological evidence as the remaining material media and consequences of past social practices. By drawing upon the premise that the most basic and minimum phenomenal unit of social phenomena is human interaction/communication, the course investigates how we can recognize the traces of the operation of past communication systems. and how we can grasp the way they changed and how society was transformed . We will also investigate how the way we are situated in contemporary society and the way we live in it as social beings affect our approaches to the past. The ultimate goal of the course, by synthesizing the outcomes of those endeavors, is to construct the framework of a new 'Social Archaeology'.)
キーワード : 社会考古学、コミュニケーション、システム、変化、社会進化
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-a [人文学の視座の理解]
考古学という学問大系を社会考古学というアプローチから学ぶことにより、人間社会の通時・共時的説明・理解ための理論と方法を習得する
B_A-d [資料の理解]
考古学的資料の性格を、人間行為とそれをとりまく環境の痕跡として定位し、その分析法を学ぶことにより、人間社会の通時・共時的説明・理解のための理論と方法を習得する。
B_B1-d [専門的研究手法]
考古学のサブ分野である社会考古学の理論と方法がいかに有機的に接合され、特定の分析法の採用を必然とするかを学ぶことにより、人間社会の通時・共時的説明・理解のための理論と方法を習得する。
B_B1-e [専門資料の分析]
考古学的資料の性格を、人間行為とそれをとりまく環境の痕跡として定位し、その分析法を学ぶことにより、人間社会の通時・共時的説明・理解のための理論と方法を習得する。
B_B2-f [社会との関わり]
考古学を通じて過去の社会と現代・未来の社会にどのように関与することが可能か、につき考察し、その望ましい形を構想する。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-a
[人文学の視座の理解]
B_A-d
[資料の理解]
B_B1-d
[専門的研究手法]
B_B1-e
[専門資料の分析]
B_B2-f
[社会との関わり]
備考(欠格条件、割合等)
期末試験

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 :
資格 :

更新日 : 2019/4/23 (09:47)