文学部 人文学科 歴史学コース
西洋史学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択必修科目
対象学年: 2年生
対象学部等: 専攻学生に限る
ヨーロッパ史学講義 VII
European History (Lecture VII)
講義題目  ヨーロッパ史研究入門
教授
専任講師
岡崎 敦
今井 宏昌
科目ナンバリングコード: LET-HUM3445J
講義コード: 19055804
2019 後期
毎週 金曜4限
伊都 演習室 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要  ヨーロッパ史を研究するための基礎を実習する。
 歴史学研究の基盤は、史料の解読と先行研究の理解であるが、これに先立って、概説・概論的知識の獲得および基礎的な技術能力の修得が必要不可欠である。ここでは、卒業論文準備の基礎作業として、以下の二つの課題に取り組む。
 第一に、卒業論文作成を念頭において、それぞれ設定したテーマについて研究発表を行う。第二に、ヨーロッパ史関係の主要テーマ複数について、グループに分かれて研究発表を行う。いずれも、発表の後、相互討論、意見交換を行う。材料の選択や作業の手がかりなどについては、別個に個別指導を行う。

(This course is designed to introduce students to the discipline of history, the basic principle and theories of the historical science. Attention will be paid to examination of materials, historiography and redaction of report.)
キーワード : ヨーロッパ史、研究入門、研究発表の技法
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 ガイダンス
2 出席者による研究発表、ならびに討論 実習
3 グループによる研究発表、ならびに討論 実習

授業以外での学習に当たって : 発表の準備に際しては、個別に指導する。
学習相談 : オフィスアワーのほか、ランデヴを設定して対応する。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-b [アプローチの理解]
歴史学の基礎知識に基づいて、人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解できる。
専門分野の基礎知識に基づいて、人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解できる。 専門分野の基礎知識に基づいて、人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチをある程度理解できる。 人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解できる。 人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解することに問題がある。
B_B1-d [専門的研究手法]
歴史学に固有の問題設定や研究手法を正しく身に付けることができる。
専門分野に固有の問題設定や研究手法を正しく身に付けることができる。 専門分野に固有の問題設定や研究手法をある程度正しく身に付けることができる。 専門分野に固有の問題設定や研究手法について理解することができる。 専門分野に固有の問題設定や研究手法についての理解に問題がある。
B_B2-a [総合把握力]
知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付ける。
専門分野の内容に関する深い理解と、学問固有の思考方法を獲得する。 専門分野の内容に関する深い理解と、学問固有の思考方法をある程度獲得する。 専門分野の内容に関する理解と思考方法を獲得する。 専門分野の内容に関する理解と思考方法を獲得できない。
B_B2-e [コミュニケーション能力]
学問的な討論の場を通して、自分の意見を精確かつ明確に表現する能力と他者の意見を理解するコミュニケーション能力を鍛錬し、広く世界と交流できる力を養う。
学問的な討論の場を通して、自分の意見を精確かつ明確に表現する能力と他者の意見を理解するコミュニケーション能力を鍛錬し、広く世界と交流できる力を獲得する 学問的な討論の場を通して、自分の意見を精確かつ明確に表現する能力と他者の意見を理解するコミュニケーション能力をある程度身につけている。 学問的な討論の場を通して、自分の意見を精確かつ明確に表現する能力と他者の意見を理解するコミュニケーション能力を獲得しようとしている。 学問的な討論の場を通して、自分の意見を精確かつ明確に表現する能力と他者の意見を理解するコミュニケーション能力に問題がある。
B_C-c [発想力]
問題の解決にあたって様々なアプローチの可能性を考えようとする姿勢を持つ。
問題の解決にあたって様々なアプローチの可能性を考えようとする姿勢を持つ。 問題の解決にあたって様々なアプローチの可能性を考えようとする姿勢をある程度持つ。 問題の解決にあたって様々なアプローチの可能性を考えようと努力している。 問題の解決にあたって様々なアプローチの可能性を考えようとする姿勢に欠ける。
B_C-d [興味関心の幅広さ]
専門分野のみならず、幅広い知識と教養を身に付けようとする意欲を持つ。
専門分野のみならず、幅広い知識と教養を身に付けようとする意欲を持つ。 専門分野のみならず、幅広い知識と教養を身に付けようとする意欲をある程度持つ。 幅広い知識と教養を身に付ける重要性について理解している。 幅広い知識と教養を身に付ける重要性について理解できない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-b
[アプローチの理解]
B_B1-d
[専門的研究手法]
B_B2-a
[総合把握力]
B_B2-e
[コミュニケーション能力]
B_C-c
[発想力]
B_C-d
[興味関心の幅広さ]
備考(欠格条件、割合等)
プレゼンテーション 50
レポート 50

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 : 西洋史学専門分野の2年次生は、この授業を必ず受講すること。

教職 :
資格 :

更新日 : 2019/2/21 (08:24)