文学部 人文学科 歴史学コース
イスラム文明学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年: 2年生 3年生 4年生
対象学部等:
イスラム史学講義 VI
History of Islamic Civilization (Lecture VI)
講義題目  初期イスラーム史通論
教授 清水 和裕
科目ナンバリングコード: LET-HUM3460J
講義コード: 19055604
2019 後期
毎週 金曜2限
伊都 A-105 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 初期イスラーム時代は、イスラームという社会システムを生み出し、またイスラーム世界そのものを形成した非常に重要な時代です。本講義では、この時代の基本的な政治的宗教的事件の推移を追うとともに、その世界史的な重要性についても考えてみたい。
特に、本年度は「ユーラシアにおけるイスラーム帝国の歴史的意義」について、論じていきます。

(This course examines early Islamic history from its origins to the decline of Abbasid Empire. Themes of focus include historical meaning of Islamic Empire as one of the Eurasian Empires.)
キーワード :
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 : イスラム史についての基本的な知識を持っていることが望ましい
授業計画 テキスト :
参考書 : 適宜、授業の中で紹介する
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 地中海・メソポタミア帝国としてのイスラーム帝国
2 古代世界との連関
3 古代文化の継承とイスラーム的再定義
4 イスラームネットワークの意義
5 イスラームからみた東部ユーラシア世界
6 イスラームからみたヨーロッパ世界
7 ユーラシア史におけるイスラーム帝国

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-a [人文学の視座の理解]
人文学の基礎知識を踏まえて、現代人文学の視座の特質を理解できる。
イスラーム史研究を通じて、人文学の基礎知識を踏まえ、現代人文学の視座の特質を十分に理解している。 イスラーム史研究を通じて、人文学の基礎知識を踏まえ、現代人文学の視座の特質をおおむね理解している。 イスラーム史研究を通じて、人文学の基礎知識を踏まえ、現代人文学の視座の特質をある程度理解している。 イスラーム史研究を通じて、人文学の基礎知識を踏まえ、現代人文学の視座の特質を理解する程度が不足している。
B_B2-c [思考能力]
人文学を中心とした人文・社会科学の方法と思考能力を身に付ける。
初期イスラーム史研究の方法と思考能力を十分に理解している。 初期イスラーム史研究の方法と思考能力をおおむね理解している。 初期イスラーム史研究の方法と思考能力をある程度理解している。 初期イスラーム史研究の方法と思考能力が十分に身についていない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-a
[人文学の視座の理解]
B_B2-c
[思考能力]
備考(欠格条件、割合等)
期末試験

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 :
資格 :

更新日 : 2019/4/2 (17:44)